sb-120211-01-ns300









かわいがってくれた新監督の下で殻を破ってみせる。かつてキャンプ視察※訂正に訪れた工藤新監督から熱血指導を受けた。恩返しのプロ初勝利を捧げる。

川原と工藤監督の出会いは2年前。春季キャンプで秋山前監督が「見てやってくれ」と橋渡し。カーブの投げ方を伝授され、フォームに関しても教えてくれた。その後、視察の度に声を掛けてもらい熱い指導を受けた。「ずっと気にかけてもらっていた。チャンスだと思うし、アピールして使ってもらえるように頑張りたい」今季は3軍で発進。2軍戦での登板はわずか3試合のみ。「2軍で投げるのが目標ではない。1試合も上で投げられず、危機感を持っている」。

一方で秋山前監督への感謝の思いもある。「キャンプではマンツーマンで指導してもらったこともあった。結果を出せずに残念だし、申し訳ない」と詫びた。-西スポfarm通信より


鷹ファンの間では有名な工藤監督と川原投手の関係。


os-bb120203kudo-ns300
06686251
bb-nt-140205-kawahara-ns-big


当時工藤氏がキャンプ視察の度に川原投手に熱血指導のニュースがありました。

また、秋山前監督や王会長も川原投手に熱視線を送るなどかなり期待されております。


左腕で158キロを出すまさにロマンの塊ですが、

今季の与死球は3軍で47個とチーム2位。ちな1位は吉本投手の48個。

しかし奪三振数は62個でチーム3位とやれば出来る子なのです。たぶん。


工藤監督が記者会見で言っていた「まだまだ能力を発揮できていない人もたくさんいると思います」

a


の、まだまだ能力を発揮できていない人は川原じゃないかと思った人もたくさんいるはず。


報道の通りのコーチ陣になるならば、投手育成にはもってこいの環境。

ロマン枠から主力級への飛躍をお待ちしております。


もちろん、川原投手以外にもどんどん出てきて欲C。







なお左のエース大隣さんも工藤監督に弟子入り宣言。

ソフトバンクの大隣憲司投手(29)が2日、工藤公康新監督(51)への弟子入りを志願した。通算224勝の指揮官に、左腕の心得を伝授してもらうつもりだ。

 ヤフオクDで軽めに汗を流した大隣は、早くも対面を心待ちにした。「秋山さんとはまた見え方が違うと思う」。常に気にかけ、さまざまなアドバイスをくれ た秋山前監督に恩義を感じているが、新監督は投手出身。「左腕には左腕の体の使い方がある」と「体重移動」や「カーブの使い方や緩急」などを貪欲に吸収す るつもりだ。

 今季は黄色靱帯(じんたい)骨化症から7月に復帰し、9試合で3勝1敗。CS、日本シリーズでは計2勝0敗と活躍したが、「1年間、ローテを守って活躍する」ことが最終的な目標。“工藤塾”でさらなる飛躍を遂げる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141102-00000222-sph-base


投手王国再建や!




※今日報ステに工藤監督出るそうですよ







おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG