promo









1 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:26:14 ID:hqJt51p76
接点は?





http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1415161574/より

2 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:27:00 ID:FXUv0NMNw
わいらが多田野を愛してるのと一緒やろ



4 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:29:07 ID:UqAh0yzXG
とぼけちゃって~



5 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:30:17 ID:5JhV41IkB
アイデンティティーの確立のため自分に無理してやっているという風潮



6 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:30:43 ID:RI7aMKic6
>>5
あの目はマジ




7 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:30:45 ID:JMfhA7625
wbcのときイチロー本人の前でイチロートリビアクイズで対決したのは川崎と青木だっけ?



9 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:50:25 ID:OmRdeUCes
>>7
確か今江




8 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:36:19 ID:JMfhA7625
司会「では、この三人の中で今年のMLBで一番活躍したのは誰か決めましょうか!」
岩隈「この三人の中で一番ですか…」
青木「どうやって決めるんすか?」
司会「そうですね…じゃあとりあえずせーので言ってみましょうか」
青木「えー、誰かな…」
司会「行きますよ!せー…」
川崎「イチローさん!イチローさん!」




10 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:54:00 ID:viX4EnQIN
小さいころからのヒーローやろ



11 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)13:54:01 ID:Wxct8nQLd
なんかの記事に中学時代に知って調べたり参考にしているうちに尊敬するようになったとか書いてた



12 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)14:02:14 ID:MUt0d2LpL
好きなタイプと好きな人って違うよな



13 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)15:39:13 ID:OVkgibuRg
今は昔ほどって感じじゃないような気がする
何となくだけど




14 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)22:11:48 ID:ovmmwLhzg
今は逸将くんおるしな



15 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)22:15:28 ID:flC0PEvG0
確か小さい時でもなかったような

元々イチローすげーと思ってたが、中学2年の時にたまたま生観戦した試合で
イチローが日本人、NPBでは不可能とされてた200本安打達成してそれが切っ掛けとかやなかったっけ?




17 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)22:21:28 ID:flC0PEvG0

200本安打ではなく普通の試合だったが、中学時代に劇的出会いやった
中学2年、川崎がイチローを知った日。「大体おかしいじゃん、カタカナだし - Number Web - ナンバー
http://number.bunshun.jp/articles/-/805642

>4割を打つかもしれないすごい選手がいるって。イチローっていうんだって。
>正直、誰だ、と思った。だって、知らないよ、鹿児島の田舎もんだから。おれは巨人戦しか見なかったし、
>ニュースの時間は寝てたから。だいたい、おかしいじゃん、イチローってカタカナだし。

>イチロー選手のことが気になって、気になって、初めて自分のお小遣いで本を買った。
>それが『イチローのすべて』という本だった。夢中になって読んだ。中学2年生のときのことだった。

>そんなとき、鹿児島にイチロー選手が来た。あれは中学3年生のとき。
>1996年4月16日、鹿児島の鴨池球場。ロッテ対オリックスの試合があると聞いて、お母ちゃんにチケットを買ってもらって、友だちと3人で行った。


>イチロー選手はおれにとっての宇宙じゃなかった。

>もっと、もっと近くに見えた、光だった。




18 :名無しさん@おーぷん 2014/11/05(水)22:26:08 ID:NrpL0Ek21
恋に理由はないんやで








イチロー&ムネリン ほっと神戸で恒例自主トレ

ヤンキースからFAとなっているイチローが、同じくブルージェイズからFAとなっている弟分の川崎を伴い、ほっと神戸を訪れた。

 グラウンドでダッシュなどで汗を流した後は、室内練習場で打撃練習に励んだ。古巣での自主トレは毎オフ恒例ながら、同球場に姿を見せるのは今オフ初めて。2人とも今後の去就が注目されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141107-00000036-spnannex-base
20141107-00000036-spnannex-000-0-view


























おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG