若鷹は名無し 2014年11月15日
無題




















無題





東京ドームに場所を移し行われた2014 SUZUKI 日米野球の第2戦。投手戦だった12日の第1戦とは打って変わってこの日は点を取り合う試合展開となったが、計14安打8得点と打線が繋がりを見せた侍ジャパンが、8対4でMLBオールスターチームに勝利した。

 MLBオールスターの先発は、凱旋登板となった岩隈久志。1イニング当たりの投球数がMLBの中でも3位の少なさという、勝負の早いタイプの岩隈 に対し、侍ジャパンは積極的な打撃で活路を見出した。0対0で迎えた2回、二死走者無しの場面から、7番・松田宣浩(福岡ソフトバンク)が初球をレフト前 に弾き返すと、続く銀次(東北楽天)も同じく初球を捉えて一、三塁のチャンス。ここで、この日初スタメンの9番・伊藤光(オリックス)が2ボールから、し ぶとく二遊間を抜けるタイムリーを放ち、1点を先制。さらに、続く1番・柳田悠岐(福岡ソフトバンク)が、こちらも初球を捉えて、センター・ファウラーの 頭上を越すタイムリー三塁打。いずれも早いカウントからの甘いボールを狙い打ちし、3点を先制した。


 第1戦で当たりのなかった1番・柳田は、4回、8回にもタイムリーを放ち、計3安打4打点の大活躍。ファーストストライクのスイング率が60.7%(NPB4番目)という“超”積極的な柳田に引っ張られるように、チームは今大会初めての二桁安打をマークした。


MLB選抜にダメ押ししたのは、松田だった。3点リードの8回先頭で、ホークス時代の元先輩・和田から左翼席に今大会チーム1号となるソロ。「スライダーをうまく打てました。気持ちだけで打ちましたよ」と喜んだ。

 前回、2013年WBCに選出され、その直前、松中から日本代表としての心得を教わった。「代表はアピールの場だと思っていたけど、日本のため、チームのためにやると教えてもらった」。この日は3安打し、いずれもホームを踏んだ。

 9回2死二塁では何と敬遠された。日本人選手が日米野球で敬遠されたのは、1996年の巨人・松井秀喜以来。全米相手では4人目だ。「敬遠にはビックリしました」と笑ったが、MLB選抜に勝負強さをインプットさせた証しだった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000024-sph-base


今季ブルージェイズで活躍し、その底抜けに明るいキャラクターで米国でも人気者となった川崎宗則内野手(33)が日米野球全5試合でスポニチ本紙に特別寄稿。川崎だけが知っているメジャーリーガーのマル秘情報や交友録を、ムネリン流に楽しく紹介します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000076-spnannex-base
20141115-00000076-spnannex-000-0-view



放送予定

17:30~21:45 
日テレG+ HD(CS)2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 第1部 

18:00~20:54 
日本テレビ系列にて全国生中継 ※最大延長60分

18:00~ 侍ジャパンインターネットライブ


 


本日もよろしくお願いします。

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。













おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG