若鷹は名無し 2014年11月16日
無題




















無題

無題



時差ボケ、長すぎた休暇、侍ジャパンの先発投手陣の素晴らしい投球など、打線の不振について様々な要因が考えられる中、ベン・ゾブリスト内野手(レイ ズ)は「簡単に答えられるようなものではない」とコメント。そして、16日の第4戦に向けては「とにかくバットを振っていくしかない」と語った。

 また、MLBオールスターを率いるジョン・ファレル監督(レッドソックス)は、第4戦先発予定の藤浪晋太郎投手(阪神)について、「藤浪と対戦できるラ インナップを用意するつもりだ。彼も他と同様、手強い投手だということは理解している」と、20歳の右腕を警戒。また、打線については「調整が必要かどうかはわからないが、我々はどの打席でも真剣に臨んでいる」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141116-00000210-mlbjp-base

稲葉氏は日米野球で侍ジャパンの打撃コーチを務めている。

 13日の移動日では、打撃練習を終えた楽天・銀次から「打つ際に体重がかかとに乗り過ぎる」と相談を受け「しっかり(右脚を)強く踏み込めばもっといい 打球が打てる」と助言。この日も弟分の日本ハム・中田や巨人・坂本らに精力的に声を掛けるなど身ぶり手ぶりで自らの技術を伝えていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141116-00000078-spnannex-base

1番柳田は第2戦で3安打4打点の大当たりから一転、4タコ3三振と小休止だった。大きく変化するカーブを振らされるなど、2回2死一、二塁の第2打席か ら3連続三振。「ストライクからボールになる球を振ってしまった」と渋い顔だ。ただ全打席でフルスイングは健在。「こういうときもあります。また頑張りま す」とスパッと気持ちを切り替えた。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/127347



2014 SUZUKI 日米野球 第2戦で、王貞治さんが始球式

2014 SUZUKI 日米野球 第2戦(東京ドーム)で、キャロライン・ケネディ駐日米大使と、第1回ワールド・ベースボール・クラシック・日本代表監督の王貞治さんが始球式を行うことが決まりましたので、お知らせ致します。
http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20141111_3.html



放送予定


18:00~20:54 
テレビ朝日系列にて全国生中継 

18:00~ 侍ジャパンインターネットライブ


 


今日は工藤監督解説です。本日もよろしくお願いします。

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。













おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG