若鷹は名無し 2014年11月18日
無題





















無題






大谷 遅球で江夏超え20歳4カ月勝利だ 日米野球最終戦初先発へ

最強の緩急を生かして江夏超えだ。侍ジャパンの日本ハム・大谷翔平投手(20)が18日、最終戦となる日米野球第5戦(札幌ドーム)に先発する。この日は 東京から札幌に移動。同市内の室内練習場で最終調整し、最速162キロの直球を生かすために、最も球速の遅いカーブを駆使してメジャーリーガーに挑む。全 日本選抜として勝利投手となれば、20歳4カ月で68年江夏豊(阪神、20歳5カ月)を抜き、史上最年少勝利となる。

侍ジャパンの初練習となった9日。大谷は縦に大きく割れるカーブを武器にするソフトバンク・武田に頼み込み、握り方と投げ方を伝授された。日米野球で使用するメジャー球は縫い目のヤマが低 く、指先で切るスライダーの制球には苦しんでいるが「抜く球(カーブ)は影響しない」と自信を見せ、小久保監督も大リーグ選抜の打線対策として「速い球に は強い印象。緩急をつければ、目先を狂わせることができる」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141118-00000022-spnannex-base

柳田 第5戦は再び1番 小久保監督「足の速さがあるから」   

侍ジャパンはチャーター機で札幌入りした。   

初黒星を喫した前日の第4戦では2番に置いた柳田を、小久保監督は再び1番に戻す考え。第3戦までリードオフマンを任せており「シーズン30本打ったら4番も考えてもいいけど、あいつには盗塁できる足の速さがあるから」と説明した。   

侍ジャパンでは、相手チームに恐怖を与える長打力ある1番打者としてマルチな活躍に期待した。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/11/18/kiji/K20141118009302840.html


内川-カノ日米バットマン居酒屋極秘会談

侍バットマンがメジャー屈指の強打者と「極秘会談」していた。日米野球に参加中の内川が自らの人脈を使い、カノと会食をセッティング。14日夜、なんと都内の居酒屋で同僚の松田、ヤクルト山田も同席し、野球談議で盛り上がったという。ちなみにカノはチキンを食べていたという。   

「僕は自分から、いろいろと聞きたいタイプ。こっちから動かないと、向こうも動きませんしね」   内川は7年連続で打率3割を記録し、球界最高の右打者に位置づけられている。それでも向上心は衰えない。陸上女子短距離の第一人者の福島千里とも合同自主トレした過去もある。積極的な行動で、居酒屋トークを実現させた。   

カノは名門ヤンキースで9年間プレー。昨年オフに10年2億4000万ドル(約276億円)の超大型契約でマリナーズに移った。メジャー有数の二塁手だ。内川が大いに刺激を受けた。   「ドミニカ共和国、米国、日本の野球の違い。使っているバットの話。チャンスで打席に立つ時の心構え。いろいろ話しましたよ。詳しくは言えませんが…」   

ニヤリとして、詳細は秘密とした。しかし充実の表情が収穫の多さを物語っていた。144試合目でのリーグ制覇に激闘CS、そして日本シリーズ制覇。3年ぶりの日本一を達成し、疲労困憊(こんぱい)のはずだが、日米野球で得た交流の機会を無駄にしなかった。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141118-1397547.html




放送予定


19:00~21:54 
TBS系列にて全国生中継

18:00~ 侍ジャパンインターネットライブ


 


本日もよろしくお願いします。

※コメント欄で試合実況!試合中はコメント欄をご自由にお使いください。













おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG