201411190003_000_m











MVPにはソフトバンクの柳田が選ばれた。全5試合に出場し、第2戦と第4戦で3安打を放ち計4打点。「びっくりした。(3安打した)2試合以外は三振ばかりだったが少しは貢献できたかな」と控えめに喜んだ。

 「目指しているのはメジャーの打撃」と言うように、豪快に振り切る打撃が持ち味だ。第2戦では本塁打が出ればサイクルヒットという活躍。ソフトバンクの日本一に貢献したシーズンの勢いそのまま、初代表でもリードオフマンとして存在感を見せた。

 目標とする大リーグの強打者たちを目の当たりにし、刺激を受けた。「メジャーの選手はでかくてスイングが速い。凄いと思ったし(自分は)まだまだ」と言い、一層のレベルアップへ意欲をのぞかせた。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/11/19/kiji/K20141119009309790.html

日米野球のMVPを受賞した柳田選手!


おめでとうございます。

すっかり全国区になってしまいました。


ちな日米野球成績。

12日 京セドーム 4打数0安打 

14日 東京ドーム 4打数3安打4打点 中3 右安 四球 中2

15日 東京ドーム 4打数0安打 

16日 東京ドーム 4打数3安打 中安 右2 左安 

18日 札幌ドーム 4打数0安打 

5試合 打率.300 20打数6安打4打点



ムラがありますが印象に残る活躍でした。






日本選手のMVPは、幼少期からあこがれだった野村謙二郎(前広島監督)が92年に獲得して以来で球団初。次回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開かれる3年後は、充実期にさしかかる28歳。世界一奪回を目指す日本にとって、希望の星となった。

 期待が膨らむ周囲をよそに、柳田には充実感より未熟さが残ったという。「本塁打が出なかったので、その程度。メジャー選手は体幹が強いから、あんなに強いスイングができる。一から鍛え直します」。持ち味のパワーもスピードも、さらなるレベルアップの必要性を感じている。


  控えめな発言が多かった柳田も欲が出てきた。「一流ばかりで高いレベルの中でやらせてもらい、楽しかった。まだまだここ(代表)でプレーしたい。WBCま で期間があるけど、まずは来年も代表に選ばれたい」。常設となった侍ジャパンでの定着を目標に掲げた。昨年まで全国的に無名に近かった男が、球宴第2戦に 続くMVPで一気にステップアップした2014年。だが、サクセスストーリーは序章に過ぎない。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/127944




MVP賞として見事車をゲットした柳田選手。
無題






侍ジャパンのチームメートに爆笑されながらのMVPのヒーローインタビュー。
IMGP5339 (800x453)
IMGP5343 (800x455)



侍ジャパンのベンチのムードを聞かれると




IMGP5353 (800x462)
IMGP5355 (800x472)





明日の沖縄での親善試合での抱負は

IMGP5358 (800x449)













IMGP5367 (800x430)





そしてMVPで車をもらった柳田選手に対して・・・



IMGP5373 (800x439)



車に乗るように促すホークスの先輩方。

IMGP5379 (800x443)





そして車に乗ったギータは・・・・






「プッ」
IMGP5384 (800x448)







糸井「アホや」
IMGP5391 (800x440)






さらに帰ろうとするチームメートにもう一発。







「プッ」IMGP5397 (800x441)












なお柳田選手を車に残し、みんな去っていった模様。


IMGP5400 (800x437)







糸井選手も認めるアホになってもうた。













おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG