20141205-00000097-nksports-000-2-view










1 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)19:36:25 ID:iNQ
ソフトバンクの飯田優也投手(24)が5日、1200万円増の1800万円で契約を更改した。

 5月に育成から支配下登録となり、12試合に登板。2勝5敗、防御率3・24の成績を収めた。
「非常に高い評価をしていただいたと思う」と予想以上の増額に驚きの様子。
「これで大学時代の奨学金が一括で返せます」と喜んでいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000097-nksports-base
1bc350ea


http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1417775785/より

2 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)19:40:13 ID:5XI
よかおめ
奨学金貰いながら大学行ってプロになれるってドラマみたいやね




3 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)19:42:02 ID:jMh
活躍して前倒しで返済か
偉いな




4 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)19:45:29 ID:1fQ
飯田君は大学時代はホタテ漁やパン工場でアルバイトしながら遠征費稼いでいたからなぁ…


神戸弘陵では控え投手。大学は北海道・網走市にある東農大北海道オホーツクに進んだ。へき地からの遠征費は年間数十万円に上るため、練習の合間にオ ホーツク海で「ホタテ漁」のアルバイトをし、費用を稼いだ。稚貝を籠から出し、海へ放流する作業は深夜から明け方に及んだ。「ホタテだけでなく、パン工場 のバイトもしんどかった」。ただ、野球のためと思えば苦にならなかった。

 ソフトバンクの選手で飯田姓は1人だけだが、ユニホームには「Y・IIDA」と記されている。Yが付く理由は、球団内に兄・一弥さん(28)がい るからだ。一弥さんもソフトバンクの育成選手だったが、昨オフに戦力外通告を受け、現在は2軍のブルペン捕手。「1軍で兄弟バッテリー」の夢はかなわな かったが、飯田は兄にブルペンで球を受けてもらい、育成からはい上がることを誓った。そして、今年5月に支配下登録され、プロ初勝利をつかんだ。

http://mainichi.jp/sponichi/news/20140731spn00m050006000c.html



5 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)19:52:52 ID:7tz
出世払いイイネ・



6 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)19:54:09 ID:Gyr
よかおめ
お兄ちゃんにもいいもん食わしてやってや




7 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)20:18:29 ID:EFj
何だか微笑ましい
もっと貰えるように頑張れ




8 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)20:19:43 ID:9Ti
終盤キッチリローテ守ってくれたしな
来年は勝ち越し頼むで




9 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)20:35:10 ID:i86
鷹ハムでの活躍が印象的だった
好きになったわ




10 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)20:42:25 ID:7L1
良かったなぁ…
来年もがんばりやー




11 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)21:02:40 ID:XjK
すげえな



12 :名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)21:15:11 ID:cm8
ええ話やなあ











そして岩嵜投手は400万増の4400万円でサイン。

ソフトバンクの岩崎翔投手(25)が5日、契約を更改し、400万円増の4400万円でサインした。

 「今年は年間を通して投げられていない中で評価していただいた」と納得の表情。来季はプロ8年目。球団からは「補強しなくてもいいように活躍してほしい」と期待を掛けられたといい「先発ローテ争いに入っていきたい」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000096-nksports-base
20141205-00000096-nksports-000-2-view

岩嵜投手は先発での活躍が目標。

中継ぎとしての評価も高いと思いますが、

先発ローテを目指すならば自らの手でその枠を掴まなければいけません。

球団の期待もファンの期待も大きいと思います。頑張れ。






















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG