1










156キロ右腕がゆる~く変身する。右肩不調からの復活を目指す千賀滉大投手(21)が15日、実戦でのカーブ解禁を掲げた。腕の振りが緩くなるため試合 では封印していたが、先発再転向を目指す今季は緩急を重視。110キロ前後のカーブも駆使して新スタイルを模索する方針だ。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/139535



千賀投手が先発転向に向けて、カーブを解禁!




新指揮官に“キャラ変更”を訴えた。工藤監督が見つめる西戸崎室内練習場のブルペン。中腰の球団スタッフに対して38球中、カーブを5球程度織り交ぜた。「真っすぐだけでなく、緩い球があればいい。実戦で使わないという手はない」。復活を期する千賀が“ゆるキャラ”にシフトチェンジする考えを明かした。

 これまでも投球練習でスローカーブを投げることはあったが「腕の振りが緩くなるので、実戦で使えなかった」と封印してきた。ブレーク した2013年は救援で51試合に登板。150キロ超の剛速球とフォークボールで三振の山を築いたが、飛躍が期待された昨年は6月に右肩の違和感を訴えて 離脱した。並々ならぬ決意で臨む今年、新たなスタイルを模索する。

201501160003_000


既にブルペンでの投球練習を開始している千賀投手。


正直、投げ始めるまでにはもうちょっと時間が掛かるのかと思っていましたが、意外と早かった。



そしてそのブルペンでカーブを実戦向けに使えるように調整中。



簡単に新変化球獲得と言っても、すぐ使えるようになるわけでもないので

実際に実戦で投げ始めてみなければどうなるか分からないところでは有ります。



しかし、今季のホークス首脳陣には工藤監督を始め、佐藤コーチが在籍。

現役通算224勝の工藤監督は大きく曲がるカーブが代名詞。佐藤投手コーチも楽天時代に田中将大(現ヤンキース)のカーブを改良させた実績がある。 千賀はリハビリのため昨秋の宮崎キャンプは不参加で2人の指導を受けられなかった。その分「話を聞いてみたい気持ちは強い」と春季キャンプでアドバイスを求める姿勢を強調した。


こういう書かれ方をすると自ずと期待せざるを得ません。

先発転向、新変化球取得するには絶好の環境ではなかろうか。



伸びのあるストレート、消えるフォーク、そして緩やかなカーブを使いこなすことが出来れば

負けないエース斉藤和巳のような先発投手になる可能性が・・・?


あと2週間で春季キャンプ。

本格的にブルペンでの投球などが始まります。



シーズン始まってからもまずは2軍で先発ローテに入って調整になると思いますが、


今季、先発千賀投手に期待です。

















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG