15231515











工藤監督が今キャンプ注目選手の一人に育成枠の伊藤大を挙げた。育成ドラフト3位で2011年に入団。過去4年間は支配下登録がない“無印”投手だが、第1クールのB組(2軍)ブルペンで投球練習を見て気にかかる存在となった。

 「(投手として)おもしろいと思う。球もストライクゾーンに集まるようになってきている。(右の)横投げだし、結構おもしろいかな」。B組首脳陣との調整がつけば、第2クール中にA組(1軍)で打撃投手をやらせる方針も示した。


 今キャンプ初の休日となった4日は、佐藤投手コーチらとゴルフでリフレッシュ。「今年初めて行った。(スコアは)ぼちぼちかな」と苦笑いを浮かべていた。

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/143703

bb-yg150205kudo-ns-big

休日をゴルフで楽しんだ工藤監督。


その工藤監督が春季キャンプ第1クールで目をつけたのが
育成5年目の伊藤大投手。



ちなみにホークスにはもう一人伊藤投手がいますが

jpz
伊藤祐介投手


今回、注目されたのは伊藤大智郎投手です。

282e6b00

伊藤大投手は右投げのサイドスローで昨季から二軍で投げ始めました。

14試合に登板し1勝0敗、防御率4.40。

フレッシュオールスターゲームにも選ばれました。


それまでの伊藤大投手は3軍で投げておりましたが、制球難に苦しんでいました。

2013年の3軍成績は35試合に登板し 55.1イニングで被安打59、与四死球62。

投げる球は良いもののコントロールが改善されない限り、

もう後が無いんじゃないかとファンも心配。


それでも昨季は2軍に上がり、まあまあ活躍。

制球難も一時期よりは改善しました。




ソフトB伊藤大 自作工藤チューブで練習

ソフトバンク育成5年目の伊藤大智郎投手(22)が、工藤チューブを自作してトレーニング中だ。   

昨秋、工藤監督から腰にチューブを巻き投球時の体重移動を矯正する練習を指導された。このオフ、地元岐阜の自転車店で中古のチューブを10本無償で提供してもらい、つなぎ合わせた。「夜、柱にくくって投球練習していると、近所の人から怪しまれました。でも投げ方がよくなりましたよ」。工藤トレを続けキャンプで支配下へアピールする。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20150106-1418102.html


秋季キャンプで工藤監督に教わった「工藤チューブトレーニング」。

今オフから、さらに制球難を改善しているという伊藤大投手。


育成ながらこの春季キャンプでA組に加わる可能性も。

今季、支配化登録されるか楽しみです。





このキャンプで「面白いと思った選手はどんどん見て使っていく」。

20150203-OHT1I50026-S

と、話す工藤監督。

その他、アピールして欲しい選手に「B組の帆足、寺原、柳瀬投手」ら。

野手陣では「牧原、高田、塚田、川島、江川選手らは紅白戦、オープン戦の中でアピールして欲しい」とのことでした。

















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG