若鷹は名無し 2015年2月25日
無題
















Broadcast live streaming video on Ustream







ソフトB新打線内川4番で機動力布陣

 ソフトバンク工藤公康監督(51)がロッテとの練習試合で、新たな打順をテストした。4番に内川聖一外野手(32)を置き、柳田と李大浩で脇を固める機動力重視の布陣。   

2回に先頭の内川が右中間二塁打で出塁し、李大浩が二遊間を破る同点適時打を放った。この日は攻撃で連動しなかったが、3番柳田は3回にポテンヒットで俊足を生かして二塁打とした。内川は「監督が打撃を変えなくていいと、説明してくれたので、やりやすさを感じる」と話した。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1438784.html

バンデンハーク、左内転筋痛で25日先発回避

右脚ふくらはぎの張りのため、別メニューでの調整を続けているソフトバンク・五十嵐が主力の本多、松田を相手に初めて打撃投手を務めた。制球がばらついたものの51球のうちヒット性は4本で「今の良くないポイントを確認した。寒い割に体は動いた」とまずまずの表情だった。

 また先発候補の新戦力で25日の練習試合に登板予定だったバンデンハークが左内転筋の痛みのため回避することになった。投球再開も「いつ投げるか分からない」と言葉少なだった。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/24/kiji/K20150224009867620.html

武田 4回2安打1失点 サバイバル生き残った 

「四球がもったいなかったんですが、今日は良い投球ができたと思います」と胸をなでおろした。手応えの源は、威力を取り戻した"真っスラ"だ。特に4回はわずか7球で終わらせた。

細川からのヒントや佐藤コーチの提案で投球フォームを見直し、プレートの立ち位置を変えたことで威力が増した。佐藤コーチは「本人もだいぶいい、と言っていた。試していたことが出来たね」とご満悦だ。





ド平日の昼間ですが野球の時間です。

今日は韓国の斗山ベアーズとの練習試合。




※試合中はコメント欄をご自由にお使いください。

他人が不愉快になるコメント、煽り、暴言は禁止。規制対象です。














おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG