若鷹は名無し 2015年3月24日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2015032401/
















雁の巣打線を振り返るお時間です。






打撃成績
2

13安打8得点で大勝の雁の巣ホークス 

これは昨季まで見た雁の巣打線ですね。





開幕1軍濃厚な斐紹選手が2番捕手で3安打の活躍。

maxresdefault

2打席目はオリックスの佐藤達投手相手に6球ファウルで粘ってライト前を打ちました。

「いいファウルがあった中で、甘い球を逃さなかった。相手の球をしっかり見られて、打てたので良かった」。

細川選手骨折、高谷選手インフルである意味チャンスの斐紹選手。

拓也選手よりは1つ上を行っる感じなので第2捕手でしょう。

昨季より1軍での出場機会も増えそうです。


また6番サードに入った白根選手がホームランを含む2安打。

早くもウエスタン2号目。

現在育成契約ですが、打撃に関しては2軍レベルも問題ない感じでしょうか。

となると、あとは守備。そこが問題ないレベルになれば支配下も見えてきそう。



投手成績

3


開幕2カード目
オリ戦の頭で先発予定の大隣さんが先発。
33283

開幕前最後の調整登板で7回3失点。

「思い通りの球は多かったし、ある程度納得行く投球はできた。最後の2点が余計だった」と7回2死から若月選手に打たれた2ランを反省。



オリックス打撃成績
無題

初回に連打から失点するなど、最初と最後に失点し「意識してやっていかないといけない」。

試合中はかなりの寒さだったそうですが、死球1でも四球はゼロ。

球数も7回109球という内容で、凡打を多く集めたのはさすがです。


その後の巽、星野投手は四死球こそあったものの無失点に抑えました。

星野投手は1軍でも良い投球を見せていたので、頑張って欲C。




そして試合とは関係ないですが川原投手が手術を受けました。

ソフトバンクは24日、川原弘之投手(23)が横浜市内の病院で左肩鏡視下による関節唇デブリードマンおよび後方関節包解離術を受けたと発表した。

4月1日に退院する。復帰までは約6カ月かかる見込み。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1451435.html

sb-120211-01-ns300

工藤監督も気にかけていた川原投手。

残念ですがしゃーない・・・。

復帰まで半年ですが、本格的に投げ始めることが出来るまではもうちょっとかかりそう。

育成になりそうですかね。


今年の川原選手はキャンプ中、同室だった長谷川選手が夜中にいきなり素振りを始めて飛び起きたり、インフルエンザに罹ってしまったり、そして手術したりと何か大変です。























おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG