若鷹は名無し 2015年5月10日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2015051001/















雁の巣ホークスを振り返るお時間です。




打撃成績
2

13安打10得点の雁の巣打線。10-1のスコアは1軍と一緒でした。




再調整で2軍に降格した牧原選手が1番センターで出場。
4

3安打3盗塁と大活躍。これはさすが昨年ウエスタン首位打者。

初回第1打席はショートへの内野安打。すかさず二盗。5回はセンター前、6回はライト前へ。

今季は1軍で出場機会もありましたが、打率は.194と結果を出せず。

「状態は悪くない。色々考えることはあるが、必死にやるしか無い」




同じく、2軍で再調整の塚田選手
4


2安打4打点の活躍。2戦連発となる本塁打も打ちました。
1
「まだまだです。ボールの来たコースが良かっただけ。昨日と一緒でたまたまですよ。また昇格できるように頑張ります」。

相変わらず塚田選手は謙虚です。



打撃好調の塚田選手ですが、1軍帯同中に工藤監督から「捕手目線になってみろ」と助言されたそうで…

「どこをどう攻めたら、俺を打ち取れるんだろう」と考えることで冷静に対応でき、相手の配球を読める確率が高くなったそうです。


「1軍は甘い球は来ない。大雑把にコースを絞れないから配球をどう読めるかが結果に大きく繋がる。それを勉強中」。

工藤監督 有能。




その他白根選手が3安打2得点。張本選手が2安打2打点。

古澤選手は1安打(三塁打)2打点と活躍しました。

今年、支配化される選手が居るか分かりませんが、結果を出している選手も多いので楽しみ。



投手成績
3


先発は嘉弥真投手
4

今季初先発となりましたが、6回を被安打6、1失点と好投!球数82球。


初回以外は毎回走者を出しましたが、最速143キロの直球とフォークで要所を締めるピッチング。

今は先発、ロングリリーフも出来るように調整中。

「もっと多く投げることも出来た、1軍にまた呼ばれるため2軍では結果にこだわる」


2番手巽投手は前日一発を浴びて負け投手に、リベンジ登板は1回2奪三振で無失点。

そして3番手東浜投手は2回を無失点に抑えました。









おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG