若鷹は名無し 2015年8月23日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/result/2015082301/





2

無題



武田 初の2桁勝利 チームは70勝両リーグ一番乗り

先発ローテーションの核になりつつある。ソフトバンク・武田が8回1失点で自身初、チーム今季第1号の10勝目をマーク。プロ入り初の楽天戦勝利のおまけ付きだった。

 「勉強になりました。(一歩間違えれば)大量失点になっていたかもしれない試合でした」

 2桁勝利に到達しても、最初に反省が口をついた。8イニング中、5度も先頭打者を出塁させた。だが、いつものようにカーブで空振りを取るのではなく、打 たせる省エネ投法で3併殺を奪った。「要所でしっかり投げられた」。7回こそ20球を要したものの、6回までわずか74球。結局8回を116球でまとめ た。

 10勝を目前にしながら、8日のロッテ戦(QVCマリン)で3回6失点、15日の西武戦(ヤフオクドーム)は6回途中5失点を喫した。ここ2試合は体の 重心が高くなり、球にしっかり力が伝わっていなかった。この日はフォームを修正して臨んだが、制球力が格段にアップした。4年目にしてパ・リーグで唯一、 未勝利だった楽天戦に勝利し「2桁勝ったことよりうれしいかも」と喜んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150823-00000072-spnannex-base


ソフトバンク内川聖一外野手(33)が10日ぶりにスタメン復帰を果たした。

 張りを訴えていた左脇腹が回復したため、「4番指名打者」で出場。4打数無安打に終わったが、打線は本来の形に戻った。「バットが振れるようになっただけで、何も変わっていない」。結果が出なかったため、試合後は厳しい表情だった。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1527205.html


スタンリッジ 誕生の第3子ハーロウちゃんに白星贈る 

「僕にとって家族は何よりも大事。一緒にいる時間を頂いたことに、監督やチームメートなど、多くの方に感謝している。次は自分の仕事に集中する」。


2年目の上林はほろ苦いプロ初スタメンとなった。今夏の甲子園で準優勝した母校・仙台育英高にも近いコボスタ宮城で「8番左翼」のフル出場。2回の第1打 席で逆方向へ放ったライナーは遊撃西田にジャンプ一番で好捕され、「何で捕られるんですかね…。捉えていたんですけど」と苦笑い。戻ったベンチでは「いい 感じや~!」と励まされたが、7回のバットを折られての二ゴロなど4打数無安打。プロ初安打はまたお預けとなったが「内容は悪くなかった。冷静だったし、 雰囲気にも慣れてきた」と前を向いた。抜てきした工藤監督は「経験して、大きくなってほしい」と今後の成長に期待を寄せた。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/190377



マジックは自力で減らしましょう。今日も勝つ。





放送予定


17:00~20:00 BS朝日

16:45~試合終了 J SPORTS 2

16:55~試合終了 RKBラジオ

16:55~試合終了 KBCラジオ 
   

パ・リーグTV

パ・リーグLIVE(対象者のみ)



※楽天戦は生放送




※試合中はコメント欄をご自由にお使いください。


※スマホ用コメント欄に昇順と降順を付けました。降順は最新のコメントから表示されます。


※他人が不愉快になるコメント、煽り、暴言、応援しないで批判ばかりは禁止。規制対象です。

※また、それらに構うのも辞めましょう。





















なんJアンテナBASEBALLMAG