若鷹は名無し 2016年3月22日
無題
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/result/2016032201/












筑後※訂正ホークスを振り返るお時間です。

神戸でのオリックス3連戦。初戦。




打撃成績
1

12安打4得点の筑後ホークス。

オリ先発の東明投手からは8安打3得点。


5回、塚田選手が二塁打でチャンスを作ると金子選手が先制タイムリー。


6回、真砂選手がヒットで出塁から盗塁してチャンス拡大すると

再び塚田選手がレフトオーバーのタイムリー二塁打。
さらに細川選手もライト前タイムリーで2点を追加。



8回は塚田選手が四球でこの日4度目の出塁。

細川選手ヒットから金子選手犠牲フライで1点を追加しました。


前の試合で2度のチャンスで凡退するなど不調気味だった塚田選手ですが、

この日2安打2四球1打点3得点と活躍。


6b2c3c812c30cdde4e651f791341dc79


細川選手、金子選手のベテラン2人もタイムリー含む2安打でした。



なおこの日3番でスタメン出場の上林選手は第1打席で死球を受けて交代。

開幕1軍を逃した3年目の上林がアクシデントに見舞われた。初回、東明の137キロの直球が右膝付近を直撃。そのまま途中交代して試合中に病院へと向かっ た。水上2軍監督は「本人は歩けていたし、よけながら当たっていたので、たぶん大丈夫。病院には念のため行かせた」と話した。
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/233133

軽症であることを祈ります・・・。






投手成績
2


先発は開幕ローテ5番手内定の千賀投手
20160322-00000108-nksports-000-4-view

8回を投げて2安打5奪三振5四球で1失点(自責0)の内容。

前回登板は1軍の15日ロッテ戦。3回2失点と課題を残していました。


この日は最速151キロ。100球超え調整の予定通り106球。初回いきなり2者連続三振。直球は常時140キロ台後半。「ちゃんと強い球が投げられたので良かった」。制球が定まらず、走者を背負ってからリズムを崩していた課題も克服。「前回は頭や体がブレていたので、しっかり軸を意識してやってきた」。

8回、味方の失策をきっかけに安打と四球で無死満塁。「点を取られたくない」とギアを上げた。岩崎を外角の147キロの直球で三振。大城を一ゴロ。その間に三走の生還を許したが、堤を130キロの大きなフォークで空振り三振にとった。

千賀投手の仕上がりには
水上2軍監督も「雰囲気もあって去年と全然違う。今日の投球なら楽勝で2桁いける」と絶賛。

開幕前に良い形で投げられて安心です。

ホーム開幕2戦目に登板予定。楽しみに待ちたいです。


2番手のスアレス投手は1回を投げて1四球無失点に抑えています。


















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG