5469009c1cfcf52ab8869e738dabe63d





1: 名無しさん@おーぷん 19:01:16 ID:v1t

何番煎じか分からんけど

有名なヤツだけやってみた





2: 名無しさん@おーぷん 19:01:28 ID:8ID

あくしろよ





3: 名無しさん@おーぷん 19:01:28 ID:v1t

かつて、ある場所に老人と祖母がいました。

ある日、祖父は山を掃除のために訪れ、老婆は洗濯のために川に行きました。

それから、大きな桃が川の上から来た。おばあちゃんは桃を喜んで拾って家に持ち帰った。老人が家に帰ったとき、彼らは桃を切って食べようとしました。

それから、「祖父、老婦人、待ってください」という声が、桃から自然に裂け、内側から飛び出した小さな男の子。

彼らはこの女の子を育てることを決め、桃の中で生まれたので、それを「桃太郎」と名づけました。





4: 名無しさん@おーぷん 19:01:44 ID:v1t

結局、桃太郎が大きく成長したとき、悪魔は村から出て、人々を悩ませました。そして、桃太郎さんは、「おじいちゃん、おばあちゃん、悪魔を取り除くつもりだと思うので、悪魔が住んでいるおにぎりまに行って、それを取り除いてくれるので、あなたの昼食"
私の祖父と祖母は驚いたが、桃太郎の気持ちは変わらなかった。私が言ったように、桃太郎はkibi dangoを作り、それを与えました。





5: 名無しさん@おーぷん 19:01:59 ID:9Yh

女の子……?





6: 名無しさん@おーぷん 19:01:59 ID:v1t

桃太郎が鬼ヶ島に向かう途中で犬が来て、桃太郎に言った。
"桃太郎、背中に君を抱きしめて、僕に一つ与えてください"

桃太郎は答えた。

"私はそれを与えることができますが、私は今から悪魔を征服するつもりです。

その後、犬は "悪魔の征服、行こう、行こう"

私は桃太郎のキャリアに従うことに決め、吉備のダンゴを手に入れることにしました





7: 名無しさん@おーぷん 19:02:14 ID:v1t

桃太郎が犬で鬼神社に向かう途中、猿が来て桃太郎に言った。
"桃太郎、背中に君を抱きしめて、僕に一つ与えてください"

桃太郎は答えた。

"私はそれを与えることができますが、私は今から悪魔を征服するつもりです。

それから猿は "悪魔の征服、行こう、行こう"

私は桃太郎の未来に従って、キビダンゴを手に入れることにしました。





8: 名無しさん@おーぷん 19:02:28 ID:9Yh

悪魔の征服で草





9: 名無しさん@おーぷん 19:02:36 ID:v1t

桃太郎が犬と猿で鬼ヶ島に向かう途中、キジが来て、桃太郎に話しました。
"桃太郎、背中に君を抱きしめて、僕に一つ与えてください"

桃太郎は答えた。

"私はそれを与えることができますが、私は今から悪魔を征服するつもりです。

その後、キジ "悪魔の征服です、行こう、行こう"

私は桃太郎のキャリアに従うことに決め、吉備のダンゴを手に入れることにしました





10: 名無しさん@おーぷん 19:02:44 ID:7Ll

礼儀正しい赤ん坊やな





12: 名無しさん@おーぷん 19:03:01 ID:VZt

背中に君を抱きしめて


ここかっこいい





11: 名無しさん@おーぷん 19:02:53 ID:v1t

桃太郎は犬と猿と?で鬼ヶ島に入った。
まず、空から鬼の城の門に入ったキジが青銅を開けた。

Momotaro、犬、猿がそこに飛び込んだ。

悪魔も抵抗したが、4人も頑張った。

犬は鬼に噛まれる。

サルは悪魔を傷つける。

キジは悪魔を刺す。

そして、桃太郎は剣で戦って、ついに悪魔の将軍に降伏した。

私が今まで村から奪った桃太郎に鬼が捧げた。私は決して再び激しく働かないと約束した。

桃太郎は彼が手に入れた宝物を拾って、村に降りて、みんなと分かち合い、よく暮らしました。





13: 名無しさん@おーぷん 19:03:08 ID:v1t

桃太郎やで~





14: 名無しさん@おーぷん 19:03:09 ID:7BU

kibidangoで草





15: 名無しさん@おーぷん 19:03:16 ID:8bE

>背中に君を抱きしめて、僕に一つ与えてください


JPOPかな?





35: 名無しさん@おーぷん 19:09:58 ID:sRL

桃太郎悪魔に降伏してて草





16: 名無しさん@おーぷん 19:03:23 ID:v1t

久しぶりに、漁師の浦島太郎が釣りに行って、子供たちが海岸で虫を弄っていた。浦島太郎は亀を助け、海に戻しました。
その後、亀は援助を受けて宮城竜に案内されたので、浦島太郎に言った、背中に乗ってください。

竜城に着いたときは美しい場所でした。乙女さまは美しい姫さまがおいしいお祭りをしました。
漁師達もダンスを披露し、とても楽しい日々が続き、3年も経っていない。

浦島太郎はすぐに家に帰ることにしました。尾島は浦島太郎のように、宝箱を通って「この箱は決して開けてはいけない」と言った。浦島太郎が帰ってくると、周りの姿が完全に変わった。誰が海岸にいるのか分からない人。

浦島太郎は、浦島さんが竜口を逃して、乙女姫が開くことができないと言ったボールケースを開いた。白い煙が箱の中から浮かび上がって、浦島太郎は白髪と白いひげの老人になった。





17: 名無しさん@おーぷん 19:03:41 ID:v1t

浦島太郎やで





18: 名無しさん@おーぷん 19:03:46 ID:VZt

虫になってて草





19: 名無しさん@おーぷん 19:04:03 ID:v1t

かつて、老人と老婆のおばあちゃん。ある日、彼の隣の貪欲な祖父が激しく激しく犬を逃げた。私はそれに名前を付け、それを白と呼んだ。

ある日、私の夫は山の後ろを「ここにひとつの弓」と吠えた。私の祖父がそこを掘ったときに、小さなオムレツが出てきました。
この物語を聞いた貪欲な老人と祖父は、「宝はどこにありますか?」と叫んだが、そこからヘビ、カエルなどが叫んだ。怒っている祖父とおばあちゃんが白を殺した。

優しい祖父と祖母が鉱山の墓を造り、苗を植えました。苗木は着実に成長し、大きな木になった。祖父と老婦人はこの木で迫撃砲をつけ、提供する餅をつけた。それから迫撃砲の中の餅が光であり、巻いたときには楕円形になった。
欲望の祖父と祖母はモルタルを借りて餅を炊いたが、餅は泥(糞)になった。怒っている祖父と祖母がモルタルを壊して焼いた。

優しい祖父が残った灰を集め、畑を持ち帰った。その時、風に吹かれた灰は死んだ木を打ち、美しい桜の花が咲きました。これを見たあなたの主が、あなたは素晴らしい議論をすることができます。
それを見ていた貪欲な祖父も灰を鱗を伸ばしたが、花は咲かず、主の目に入り、彼らは刑務所に入れられた。





20: 名無しさん@おーぷん 19:04:14 ID:v1t

花咲か爺さんやで





21: 名無しさん@おーぷん 19:04:53 ID:VZt

投獄されたのか…





22: 名無しさん@おーぷん 19:05:15 ID:v1t

サルは柿の種を拾った。カニはおにぎりを拾った。
モンキー氏は、「カニさん、柿の種を蒔いて木になって果実になるなら、それをおにぎりに置き換えて、おにぎりを食べました。

カニは庭の柿の種を蒔き、毎日水を育てました。「私は早く芽を出すでしょう。柿の種、はさみで切ってしまいます。
柿の果実が立ち上がり、柿の木を登り、赤い柿を食べ、下にまだカニの下に青い柿の果実を投げたとき、サルがやってきました。カニは柿の果実で死んだ。





23: 名無しさん@おーぷん 19:05:35 ID:v1t

悲しいカニはハチ、栗、悪い猿と戦うための牛のファックとモルタルで猿の家に行きました。
サルは外に出ていたので、栗は炉の中に隠され、ミツバチはプランジャーに隠され、カニは水詰まりの中に隠され、牛の糞は家の入り口にあり、モルタルは屋根の上にあったサルは家に帰ってきて、彼が来るのを待っていた。の場合
サルが戻って炉床に座ったとき、彼は栗の駒で猿を捕まえた。 "間違い、水。"蜂は水壺に近づいている猿を刺した。私ははさみで瓶のカニを傷つけました。
パニックで外出しようとしたサルは、牛のたわごとに滑り込んで、モルタルはそこに香りがついた。サルは乱雑になった。





24: 名無しさん@おーぷん 19:05:46 ID:v1t

猿かに合戦やで





25: 名無しさん@おーぷん 19:06:18 ID:VZt

牛 の フ ァ ッ ク





27: 名無しさん@おーぷん 19:06:26 ID:7BU

牛のファックで草





26: 名無しさん@おーぷん 19:06:20 ID:v1t

かつて、私の祖父は竹を取るようになりました。光沢のある輝かしい竹が1つしかありませんでした。それを切り抜こうとしたとき、それはかわいい女の子が中から出てきたことでした。
Kaguya Princessという女の子は、祖父母や祖母によって慎重に育てられ、輝く美しい女性に成長しました。

Kaguya Himeは5人の有能な若者に私の妻を訪ねるように頼みましたが、あなたが私を花嫁にしたいなら、私はあなたに仏の石の鉢を持ってくるように言いました。
他の4人の若い人たちに、私は彼らに蓬莱のボールの枝、龍の首の首、火の帽子、サツマイモの貝を持って来るように言ったが、誰もそれを果たすことはできなかった。

ある夜、かぐやプリンセスは月を見ながら泣いています。老人と老人がそれを心配すると、彼らは満月の夜に月に戻る必要があります。私は祖父と祖母と分裂するのが悲しいと言った。
の場合
私の祖父と祖母は驚いて、カガヤと王女が月のメッセンジャーから守られ、召使が家の周りにいて欲しいと天皇(みかど)に尋ねました。
8月の満月の夜、月のメッセンジャーが来ましたが、明るい光を放つメッセンジャーを却下することはできませんでした。そして、かぐやプリンスは月の世界に戻りました。





28: 名無しさん@おーぷん 19:06:43 ID:v1t

かぐや姫やで





29: 名無しさん@おーぷん 19:07:08 ID:v1t

年齢のある夫婦は摂津国家に住んでいた。私は子供がいないので、私は神に行って、約1cm(3cm)の高さの子供を与え、私を専門家として名づけて育てました。ある日、小島さんは首都に立って生涯の仕事をしようとしました。
の場合
ドワーフ氏は京のために、針の剣、ボウルの鞘、ボウルの船、そして箸のパドルを持って去った。
私は大好きな王女のお気に入りだった。

ある日、姫と一緒に清水寺を訪ねると、悪魔が現れました。一塊のお粥は悪魔に飲み込まれましたが、悪魔の胃の中の針の剣を振り、それをくすぐりで刺しました。エキスパートが悪魔の胃の外に出たとき、鬼は忘れられたハンマーで逃げ出した。

私がストライキのハンマーを振ったとき、私はマスターよりも背の高い、いい若い男になった。また、金と銀の宝物が鋳造胆汁から出てきた。都市に帰った一人の大砲は幸せに住んでいた。





30: 名無しさん@おーぷん 19:07:25 ID:v1t

一寸法師やで





31: 名無しさん@おーぷん 19:07:43 ID:v1t

かつて、Ashigaraの山にはKintaroという健全な少年がいました。金太郎は野山を越えて熊、猿、鹿と一緒に遊んでいた。あなたが心を取るならば、あなたはクマを捨てるほど強いです。
の場合
大きな成長を遂げた金太郎は、金氏に名前を変えた。彼は美しい顔で優しく、体は強く強い。私は良い青年になった。

ある時点で、山の近くの足柄を通り過ぎた市の偉大な将軍たちは、金太郎に自分の未来になるよう言いました。金太郎は首都に行き、科学と剣術を奨励し、非常に強い武士になった。





32: 名無しさん@おーぷん 19:07:51 ID:v1t

金太郎やで





34: 名無しさん@おーぷん 19:08:42 ID:v1t

終わりやで
見てくれている人たち、ありがとナス





36: 名無しさん@おーぷん sage 20:29:30 ID:atV

くだらないけど笑った
















おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG