若鷹は名無し 2018年4月11日
1
http://www.softbankhawks.co.jp/farm/stats/2018041101/





筑後ホークスを振り返るお時間です

鳴尾浜で阪神タイガースとの3連戦2戦目


打撃成績 
3

13安打7得点の筑後ホークス

先制したのはホークスで3回表 
先頭の川瀬選手が四球で出塁、続く三森選手がヒット 
1アウトから塚田選手がレフトオーバーの2点タイムリーツーベースヒット! 
さらに2アウトから吉村選手が四球で出塁すると
谷川原選手がセンターへタイムリーヒット!
2本のタイムリーでこの回3点を先制します

4回以降、毎回ランナーを出すも得点には繋がらず 

ようやく得点が入ったのは同点の8回表 
先頭の川瀬選手が四球で出塁、三森選手がセカンドゴロ進塁打で1アウト2塁 
続く明石選手が左中間へタイムリースリーベースヒット!

塚田選手が四球で1アウト1,3塁とすると 
グラシアル選手ショートゴロの間に3塁ランナーが還り1点 
さらに途中出場の周東選手がタイムリースリーベースヒット!
この後相手暴投で1点を追加して一挙4得点となりました


9回には三森選手が猛打賞となる二塁打を打つなどするも得点にはなりませんでした


高谷選手は途中出場で守備に就きました

ソフトB高谷、連日マスク「いつでも1軍」 

11日は休養の予定だったが「肘の張りも感じなかったので」と1軍の試合を想定した終盤の“逃げ切り捕手”で登場。盗塁での送球はなかったものの「思った以上に状態は良くなっている感じ。いつでも1軍で行ける準備をしておきます」とアピールした。 

以下全文
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/407934
=2018/04/12付 西日本スポーツ=




投手成績
2

先発は長谷川宙投手 3回2/3を投げて4安打1三振6四球で3失点
初回、1三振含む三者凡退 
2回、先頭からヒットと四球でランナー貯めるも後続打ち取り無失点 

3点リードとなった3回、先頭から四球とヒットで無死1,2塁 
重盗阻止で1アウト2塁とするも次にも四球 
続く原口選手にはタイムリーヒットを打たれ1失点 
なお後続は2つの外野フライに抑えます

2点リードの4回
先頭から2者連続四球、送りバントで1アウト2,3塁 
次をファーストゴロに打ち取るもその間に3塁ランナー還り1失点 
さらに後逸で同点とされます
次に内野安打、四球で2アウト1,3塁とした所で降板となりました


2番手は大竹投手 2回1/3を投げて1安打2三振で無失点
同点の4回2アウト1,3塁から登板
いきなりピンチの場面もサードライナーで打ち取り火消し完了

同点の5回、2アウトから味方のエラーと内野安打でランナー出すも
最後はセカンドゴロに打ち取り無失点 

6回、1三振含む三者凡退に抑えました


3番手は尾形投手 1回を投げて無安打1三振で無失点
同点の7回から登板
先頭をセカンドフライに取ると次を空振り三振
最後はサードゴロに打ち取り三者凡退 


4番手は笠原投手 2回を投げて1安打で無失点
4点リードの8回から登板 
2アウトからヒットを打たれるも次を打ち取り3アウト 

9回、全て打たせて取って三者凡退に抑えました



筑後ホークス勝利で3番手の尾形投手が初勝利

ソフトBにまた「育成の星」候補  

尾形2軍で初勝利、高卒ルーキー一番乗り ソフトバンクの育成ドラフト1位右腕、尾形崇斗投手(18)が“プロ初勝利”を飾った。今季ウエスタンで2試合目の登板となった11日の阪神戦で1回を無失点。2軍デビューを飾った8日の広島戦(タマスタ筑後)でも1回を無失点に抑えており、強気なマウンドさばきを含めて、背番号「120」に対する2軍首脳陣の評価は上昇中だ。

以下全文
http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/407941
=2018/04/12 西日本スポーツ=






【お知らせ】2軍戦実況やホークスニュースについての雑談記事を作りました
takadan
是非ご利用下さい













おーぷん2chはこちらから
おんJ








なんJアンテナBASEBALLMAG