「気になったその日の天気」についてのブログを始めました。
至らない点等がありましたら、どんなことでもコメントしてきてください。
これからどうぞよろしくお願いします。

それにしても昨日の大阪は暑かったです。

5・11 amedas12005・11 amedas1500


こちらは5月11日の気象庁アメダスの地図形式のデータです。
左が12時の全国の気温データ、右が15時の全国の気温データです。
西日本では25℃以上なり、なかには30℃以上の真夏日になったところもありました。

5・11 kion-gurafu

5月11日の大阪の気温の推移です。
午前中から気温は上昇し始め、11時には25℃を超えました。
そしてその日の最高気温は30.3℃に達しました。
気象庁日ごとの値データより)
大阪は今日は真夏日だったのですね。

ではその日の天気はどんな状況だったのでしょう。

5・11 06chijou-tenkizu

こちらが昨日の15時の地上天気図です。
日本の南海上を中心とした高気圧があり、日本はこの高気圧上に覆われています。
あの南海上の高気圧は夏の天気図で良く見られます。

5・11 850pha-tenkizu5・11 500pha-tenkizu






左図が11日9時の850hPa天気図、右図が500hPa天気図です。

850hPa天気図では東日本より南側では1500m等高線で覆われています。
こちらもまるで夏の天気図です。

500hPa天気図は等高線はほぼ東西に通っています。
それでも西日本は5820m線の領域にあります。
確かに西日本は高圧部ですが、ただそれでも大陸から張り出された強い高気圧帯に覆われてないため、気温も30℃位で上昇が止まったのではないかと考えられます。
それでも下層から中層にかけて高気圧に覆われたために気層が安定し、強い日射によって気温が上昇したのだと考えられます。

天気図をみると、昨日はこの日は「夏のような天気」ではなく「夏」でした。
春を通り越して急に夏になったと思われるここ数日の天気でした。