気象庁は25日、2009年6〜8月の3ヶ月予報を発表しました。
普段はあまり1ヶ月予報や3ヶ月予報は気にしないのですが、今年の夏はどうなんだろうと気になりましたので書いてみました。

気象庁の発表文

【6月】
天気は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。北日本では数日の周期で変わるでしょう。

【7月】
天気は、北日本では数日の周期で変わりますが、ぐずつく時期があるでしょう。東日本では平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。
西日本では平年と同様に前半は曇りや雨の日が多く、後半は晴れの日が
多いでしょう。
沖縄・奄美では平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

【8月】
天気は、北日本では数日の周期で変わりますが、ぐずつく時期があるでしょう。東・西日本と沖縄・奄美では平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
東日本では雷雨の起こりやすい時期がある見込みです。

全般3か月予報(6月〜8月)解説資料
予想される向こう3か月の天候から抜粋

5・25 sankagetsu-yoho_kion5・25 sankagetsu-yoho_kousuiryo







左図は6月〜8月の3ヶ月間の平均気温の「低い・平年並・高い」の確率予報、右図は6月〜8月の3ヶ月間の降水量の「少ない・平年並・多い」の確率予報です。
この図は気象庁ホームページの季節予報の所で御覧になれます。

発表文と上図から判断すると、6〜8月の3ヶ月間で周期的に変わりやすい北日本では平均気温は「平年並」になる確率が最も高く予想されています。
しかし天気が周期的に変わりやすいといっても降水量はほぼ「平年並」であることから、平年を急変するような降水が起こる事はないと思われます。

逆に東日本・西日本・沖縄・奄美では7〜8月の晴天によることから平均気温は「高い〜平年並」で平年より高めに予想されます。
また6〜7月前半の周期的な天候の変化から、3ヶ月間の降水量も「平年並」であると考えられます。

5・25 500hpa_sankagetsu-koudo-hensa5・25 850hpa_sankagetsu-kion-hensa









また左図は6〜8月の3ヶ月の500hPaの等高度線の偏差、右図は6〜8月の3ヶ月の850hPaの等温線の偏差です。
この図からわかることは、日々周期的に天候が変化するといっても3ヶ月トータルで見ると、高度も平年より高く、気温も平年より高いため、安定した気層で気温も平年並〜高めであると考えられます。
(網掛け域が平年より低いことを表していて、日本列島は網掛け域に入っていないため。)

まあ全国的に雨もそこそこ降って、暑い夏になるのだろうと予想されます。
より詳しい確率等は全般3か月予報(6月〜8月)解説資料で御覧頂ければと思います。

それでも大体「高い・平年並・低い」の3段階で70%位の的中率の3ヶ月間予報なので、大まかな参考程度でとらえていれば良いと思います。

ちなみに気象庁では

・1ヶ月予想は毎週金曜日14:30頃発表

・3ヶ月予報は毎月25日14:30頃発表

・暖候期予想は2月の3ヶ月予報と同時に発表

・寒候期予想は9月の3ヶ月予報と同時に発表

です。
こちらも是非ご参考にして頂ければと思います。