気象庁は6月1日、報道発表資料で「2009年5月の天候」を発表しました。

2009・06 kikouchi-heinenzu

 

 

 






上記の図は2009年5月の気候値の平年との偏差を色別に分布しています。
上図から気温値の平年値との偏差分布図、中図は降水量値の平年比分布図、下図は日照時間の平年比分布図です。

この図から見られる今月の特徴として

・全国的に平年より気温は高めですが、特に北日本・東日本では平年より1〜2℃高かった。

特に北日本では、北日本で1946年以降、1970年、1956年と並ぶ最も高い値でした。

・関東地方では平年よりも降水量が多かったですが、他の地域では平年よりも降水量が少なかった。

特に東日本日本海側と西日本ではかなり少なく、西日本太平洋側では、統計をとり始めた1946年以降、5月の月降水量としては最も少ない値(平年の30〜50%)でした。

ということです。
それでもここ1週間位は梅雨前線の影響からか曇りがちの日が多く、また断続的に強い雨も降った所もありました。
それでも1ヶ月平均という見方をすると、平年よりも降水量値が少ないということです。
(関東地方は逆に低気圧や梅雨前線の通過のため降水量が多くなったと考えられます。)
しかし断続的に強い雨(対流性降雨)が起こっていたということも今月の天候の特徴ではないかと思います。

2009・06 500pha_koudo-hennsazu

 

 




上図は500hPaの高度偏差図です。
日本付近は全般的に正偏差に覆われています。
北・東日本を中心に東西に広がる正偏差域に入り、寒気が流入しにくく、大気は安定したために気温が高まったと考えられます。

逆に日本の西南部では陰影域は負偏差に入っています。
しかし要因は南よりの亜熱帯高気圧の張り出しが弱かったことと対応しています。
その結果、日本付近への暖湿気の流入が弱くなった、降水量が少なくなったのです。
一見すると疑問にと思えることも、やはり天気図と気象状況はマッチしているのです。

さらに詳しい天気の推移・気候値等は報道発表資料「2009年5月の天候」で掲載されていますので是非御覧ください。