気象庁は6月1日、報道発表資料で「2009年春(3〜5月)の天候」を発表しました。

2009・03〜05_kikou-heinennsazu 

 

 






上記の図は2009年春(3〜5月)の気候値の平年との偏差を色別に分布しています。
上図から気温値の平年値との偏差分布図、中図は降水量値の平年比分布図、下図は日照時間の平年比分布図です。

この図から見られる今年の春の特徴として

・全国的に平年より気温は高めですが、特に北日本・東日本では平年より1〜2℃高かった。

3ヶ月間での平均気温値で見ると平年値より高かったといえますが、ただそれでも寒暖の差が激しかったようです。
特に大陸からの強い寒気が南下があった3月下旬〜4月初めと4月下旬では平年値を下回っており、その前後の日々気温差も大きく、寒暖の差が大きかったです。

・西日本では降水量がかなり少なかった。

降水量値は平年値の40〜60%とかなり少なく、特に中国地方・瀬戸内海沿岸部や九州地方北東部では顕著でした。


2009・03〜05_500pha_koudo-hennsazu

 

 






上図は2009年春(3〜5月)の500hPaの高度偏差図です。
高緯度は概ね負偏差、中緯度帯は概ね正偏差が卓越し、アリューシャン付近には明瞭な正偏差が見られ、春に現われやすい偏差パターンです。

日本付近は全般的に正偏差に覆われています。
北・東日本を中心に東西に広がる正偏差域に入り、寒気が流入しにくく、大気は安定したために気温が高まったと考えられます。

逆に日本の西南部では陰影域は負偏差に入っています。
沖縄・奄美地方では気温が3月〜4月にかけて、前線の影響を受けて曇りがちの日が多かったり、気温が平年よりも低い日が続いたのはこの寒気が入りやすかった気層条件が影響していると考えられます。

さらに詳しい天気の推移・気候値等は報道発表資料「2009年春(3〜5月)の天候」で掲載されていますので是非御覧ください。

それにしても面白いと思ったことは、昨日、今日と「2009年5月の天候」、「2009年春(3〜5月)の天候」を書きましたが、5月の天候の気象値の平年差分布と2009年春(3〜5月)の気象値の平年差分布、5月の500hPaの高度偏差図と2009年春(3〜5月)の500hPaの高度偏差図が驚くほど似ているということです。

2009・05 kikouchi-heinenzu2009・03〜05_kikou-heinennsazu










左図が5月の天候の気象値の平年差分布図、右図が2009年春(3〜5月)の気象値の平年差分布図です。
確かに違いのある所もあります。
しかし平年差の強弱こそ違いますが、平年差の分布は類似点は多いように思います。

2009・05 500pha_koudo-hennsazu2009・03〜05_500pha_koudo-hennsazu

 

 

 

 

 

左図が5月の500hPaの高度偏差図、右図が2009年春(3〜5月)の500hPaの高度偏差図です。
こちらも高度差こそ違いますが、負の偏差の分布は類似点は多いように思います。
日本付近はほぼ同じではないでしょうか?

確かにどちらの図も2009年春(3〜5月)の中に5月の分も平均されているので似ていても不思議ではないのですが、類似点が多いということは、3,4月も同じような気象状況だったということなのでしょうか?