2010年01月11日

谷川真理ハーフマラソン その後 飲みまくり

2010年1月10日(日) 東京の赤羽駅から ほど近い荒川で行われた『谷川真理ハーフマラソン』に参加して、ハーフマラソンを走りました。スタートは、Aコース(川上に向かって走る。)と Bコース(川下に向かって走る。)に加えて、午前10時から 15分おきにウェーブスタート。要するに、10時00分、10時15分、10時30分の3回に分けて走るので、6通りのスタートがあるということですね。

スタート前に、メインステージ前で準備体操 谷川真理もステージで一緒に体操してました。

谷川真理ハーフ2010

 

 

 

 

 

 

 

ステージに谷川真理がいるのですが、この写真では 分かりませんね。谷川真理は、あちらこちらのマラソン大会でゲストランナーとして 走ってますので10回以上は会ってます。昨年の東京マラソン前日の エキスポ会場では2ショット写真も撮ってもらいました。サービス精神が旺盛で、美しいランナーとは 素晴らしいです。因みに、谷川真理は 東京国際女子マラソンで優勝してますからね、20年ぐらい前ですが。今では、女子国際マラソンの優勝者は 2時間30分切るのは当然ですが、その当時は 2時間30分切る女子ランナーは、日本には存在してませんでした。

私は、Aコース 午前10時スタートでした。お笑いの ながいさんと猫ひろしが一緒でした、1kmも行かない内に お二人を抜いてそれなりに走りました。しかし、昨年は 身体が軽くて楽々走っていたような気がしましたが、今年は 友人が同じコースを走ってましたので、抜かれてたまるか精神で 一所懸命 走ったな〜。コース途中、片道1kmに渡る工事用鉄板の上を、走ったのはリズムが崩れて 疲れました。鉄板の継ぎ目に 段差が有り その歩幅が合わないと スライドを調整しないといけなかったですから。この状況で、1時間21分27秒で 走れたのは良かったのかな。惜しくは、風も余り吹いて無く 走るには寒くも暑くもないベストのコンデションで 鉄板が無かったら 昨年のタイムより良かったかもと思うと 惜しい大会でした。

でもこの大会に参加した目的は、走ることよりも『まるます家』に友人と行くことが最大の目標でしたので、走り終わった後 7人も来ていただいて幸せでした。あまり増えすぎても、店には入れませんので、この人数が限界かも。大会完走後、銭湯『テルメ末広』(広末じゃないよ。)に入浴後、『まるます家』へGO〜。

まるます家 入口

 

 

 

 

 

 

 

『まるます家』は、1階はカウンターのみで、2階は座敷です。7人もいると当然、座敷ですが、数年前までは、行く前に 電話予約すれば2階座敷は必ず取れたのですが。今回は、銭湯に行く前に電話しましたが 今日の予約分は終わりましたので、たまたま空いてれば入れますとの返事でした。しかし、奇跡的に 7人分の席が たまたま空いてました。来年は、1週間以上前に予約するかな。

この店を初めて見たのは、7年前の東京荒川マラソンで 友人が6時間超で完走したのですが、その後、二人で『まるます家』の店を覗くと 超満員でしたので、諦めて すぐ近くにあるOK横町の居酒屋に行きました。その時、本当なら待ってれば30分以内で入店出来たはずです。翌年、この時の反省て言うか たまたま付き合ってくれる友人が6人いましたので、初『まるます家』に行きました。その後は、一年に2回は この店に行くようになりました。絶品は、秋(9月〜10月)までのサンマの刺身です。いろいろな店でサンマの刺身食べましたが、安い値段で 極旨のサンマの刺身は この店しか知りません。 

まるます家 げそ天

 

 

 

 

 

 

 

『イカのゲソ揚げ』 今までお一人様だと量が多いので、今まで注文しませんでしたが、今回 2人前注文しました。サクサクしていて いくらでも食べられそう、一人でも いけそうでした。

まるます家 鯉のあらい

 

 

 

 

 

 

 

『鯉のあらい』 酢味噌でいただきます。淡泊な味ですが、キラリと光る旨さがあり、毎回 この店に来ると必ず注文します。

まるます家 かぶと焼き

 

 

 

 

 

 

 

『うなぎのかぶと焼き』 かぶと焼きとメニューには、書いてあります。これも、定番メニューで うなぎの頭が串刺しで焼いてあります。ウナギの旨さが凝縮された味で うまうまと皆さん食べてましたね。

まるます家 新玉ねぎフライ

 

 

 

 

 

 

 

『新玉ねぎフライ』 昨年 初めて知ったメニューです。ハムカツ風ですが、中身は 玉ねぎだけです。しかも、他の店では 見たことないですね。何故か、有りそうでない居酒屋メニューです。もっとも、まるます家のメニューは、他の居酒屋でもあるように感じますが、知れば知るほど この店でしか食べられないメニューが多いですね。

まるます家 すっぽん鍋

 

 

 

 

 

 

 

『すっぽん鍋』 もそのメニューの一つです。一人用鍋に(実際は2人で食べると調度いい量)スッポンの肉が入っていて、最高に出汁のスープが 身体に染みわたり旨すぎ。しかも、750円です。

まるます家 なまずてんぷら

 

 

 

 

 

 

 

『なまずの天ぷら』 白身魚より淡泊で、あっさりいただけます。もう、旨いとの言葉しか出ないです。 約2時間の滞在で、周りの席が 半分以上席が空いて来ました。午後4時でお開きにしました。

7人の仲間の中で、飲み足りなそうな3人と 『まるます家』から歩いて3分の『丸健水産』に行きました。6年振りの訪問です。店自体は ほとんど変わってませんが、暖簾の『健ちゃんおでん』は無かったし、こんなに混んでなかった。おでんの味は 変わってなかったのが素晴らしいです。元々は、おでん種を作る店ですから 値段も安いしね。

丸健水産 入口

 

 

 

 

 

 

 

この店では、長居出来ないので 20分ぐらいの滞在で 地元の横浜鶴見に帰りました。

丸健水産 おでん

 

 

 

 

 

 

 

『丸健水産』は、ブログに載せるつもりなかったので、写真はボケてますね。でも、この店は貴重です、近所にあれば 週に1回は行ってますね。

近所と言えば、『丸健水産』から 蒲田の立ち飲み屋に寄り、そのまま帰ろうとしたら、日曜日は定休日の『ともよせ』がやってるではないですか。最後の〆で ソーキソバを食べたくなり、寄ってしましました。

ともよせ レバ刺し

 

 

 

 

 

 

 

この店、沖縄料理の店なんだけど、レバ刺しが旨〜いんですよ。レバ刺し 大好きの私としては、必ず注文します。これだけ、旨いレバ刺しは 中々ないですね。レバ刺し マイブームランキングでは、1位『まるい』(しかし、まるいは 気軽にサッと飲んで帰ることが難しい、どうしても3時間以上滞在してしまします。2位『西口やきとん』(まるいに匹敵する 旨いレバ刺しを食べられます。ただ、9月下旬から5月までの期間限定なのが残念。) 3位『ともよせ』ですね。

ともよせ チーズあげ

 

 

 

 

 

 

 

『ともよせ』で試作品の 豚肉くし揚げチーズ乗せをもらいました。旨い 定番メニューでいいのでは?最後は 仕上げのソーキソバです。何故か 1次会から この店まで付き合ってくれたYさんと 一人前を半分にしてもらいました。このソーキソバを食べるために この店に寄るといっても過言ではないです。いろんなソーキソバを食べましたが、これだけ旨い店は 中々ないですね。

ともよせ ソーキソバ

 

 

 

 

 

 

 

『まるます家』 ☎ 03-3901-1405

東京都北区赤羽1−17−7

午前9時から 午後9時30分まで通して営業

月曜日休み



2009年12月25日

虎ノ門『Bar Tapas(バルタパス)』

東京ミッドタウンの『2009 クリスマスイルミネーション』 LEDライトがキラキラ美しく光り輝き すてきな夜でした。

東京ミッドタウン1

 

 

 

 

 

 

 

東京ミッドタウン2

 

 

 

 

 

 

 

東京ミッドタウン3

 

 

 

 

 

 

 

東京ミッドタウン4

 

 

 

 

 

 

 

東京ミッドタウン5

 

 

 

 

 

 

 

東京ミッドタウン6

 

 

 

 

 

 

 

写真写り悪いですが、小さいサンタクロースのクリスマスツリーです。想像していたよりは、かなり小さかった。

夜のイルミネーションを堪能した後は、六本木から虎ノ門へ移動しました。歩いても2kmぐらいですが、初めての店なので地下鉄で 虎ノ門駅まで行きました。(この後は、ビックコミックオリジナル『こだわりの店』に掲載されていた文章を 引用します。)

伝説の料理人が帰って来た。40数年前、日本で初めての地中海料理店『ドマーニ』の初代シェフとして活躍、以後独立して代官山に『FLAGS』を開店。あのユーミン様が毎晩アウンターの片隅で歌詞を書いていたという、本当の意味での『ビストロ』を定着させた名店であった。恩海 光氏。

と紹介すると高級店と思えるかもしれませが、そこそこカジュアルな店です。この味とサービスなら、かなり安いと思える店ですね。

バルタパス入口

 

 

 

 

 

 

 

外からも 店のいい雰囲気が伝わってきます。私の好みの店ですね〜。立ち飲みでも やたらお洒落な店が多くなった昨今 貴重です。料理は オーソドックスな中に、キラキラ光る宝石が散りばめた 玉手箱みたいです。

バルタパスメニュー

 

 

 

 

 

 

 

メニューは、黒板にチョークで書かれてます。この店の こだわりでしょうね、内装とピッタリ合ってます。TAPAS すべて600円です。

小海老のピルピル

 

 

 

 

 

 

 

『小海老のピルピル』オリーブオイルの中に唐辛子と 小海老がピルピルしてるので この名前かなと思ったが、ピリピルという海老の種類があるらしい。

カニとアボガド

 

 

 

 

 

 

 

『カニとアボガド』カニ肉とアボガドを 何のソースか分からないけど メチャメチャ旨いです。小海老のピルピルを注文する時は バケット200円を一緒に注文してオリーブオイルに漬けて食べると これだけでビール2Lは飲める。

バルタパス カキ

 

 

 

 

 

 

 

『ホウレン草とカキのグラタン』特にカキが食べ応えあります、これで600円は普通ないな。この店は、今年 11月開店ですが、これで本当にやっていけるのでしょうか?

バルタパス 生ハム

 

 

 

 

 

 

 

『生ハム』チーズとオリーブオイルが振ってあります。赤ワインには、最高のツマミです。

しめサバのゼリー寄せ

 

 

 

 

 

 

 

『〆サバのゼリー寄せ』まさか、〆サバと洋食が合うとは驚きです。これは、白ワインと合います。

ブイヤベース

 

 

 

 

 

 

 

『ブイヤベース』2400円 深い洋風土鍋に、たっぷりイカ、エビ、カニ、ムール貝で普通は、この倍の値段しますよ〜〜。だしのベースは、築地で仕入れた あなごの頭で取ったらしい。うまいー。ほのぼのと優しい味です。

バルタパス アイス

 

 

 

 

 

 

 

バルタパス ピザ

 

 

 

 

 

 

 

おしいのは、ピザとアイスは旨いけど普通ーーーーー。いろいろ、冒険出来る店です。また、行きたいな〜。

『バルタパス(Bar Tapas)』

東京都港区虎ノ門1−5−6

☎03-3506-6988

平日 17:30〜23:00

土曜 16:00〜22:00

日曜日、祝日定休日



2009年11月16日

横浜国際女子マラソン 応援と車橋もつ焼き

2009年11月15日(日)第一回横浜国際女子マラソンが行われた。山下公園のメルパルク前をスタート、2kmの小周回を走り 13kmの大周回を3周するコースであった。応援する方としては、最高6回も応援することができ 良かったけど走る方としては、元気をもらえる半面 うっとうしくなかっただろうか?

この大会前に、何故か4回もコースの試走を行った。まず、スタートの山下公園『メルパルク』前から 左前には『マリンタワー』が見える。このマリンタワーの1階入口には、山下清画伯が下絵を元に作成した タイル張りの壁画があり、無料で見ることができる。

マリンタワー

 

 

 

 

 

 

 

山下公園

 

 

 

 

 

 

 

銀杏並木が綺麗で、少し銀杏のウンチ臭いけど。メルパルク前を川崎(東京)方面に向かって走る。数百メートル先の税関前を左折、また数百メートルを左折。しばらく行くと 横浜中華街が右手に見えるので中華街入口と反対方向に左折、スタート地点より少し前を またまた左折。

横浜中華街 門2

 

 

 

 

 

 

 

山下公園から 今度は税関前を右折して、『象の鼻公園』前を通り『赤レンガ倉庫』を右手に見て通り過ぎる。ベイブリッジ、横浜港が見えて 開放感が素晴らしい。しかし、緩やかなアップダウンがあり 2周目3周目はキツイのでは。

市場前を左折

MM21

 

 

 

 

 

 

 

横浜中央卸売市場の真横を通過する。さらに、アップダウンが

中央卸市場

 

 

 

 

 

 

 

この写真では、アップダウンは あまり感じられないが 実際はかなりキツイ。

中央卸市場 交差点

 

 

 

 

 

 

 

中央卸市場入口交差点を左折、国道15号線を走る。ここから、高島町まで2kmは、箱根駅伝のコースと同じである。箱根駅伝の定点カメラで有名な、横浜そごう前を走り 高島町の交差点を左折する。

桜木町 壁画

 

 

 

 

 

 

 

高島町交差点では、左手に『あんぱんまんミュージアム』が見える。かつて桜木町駅まで続く長いガード下は、有名なペインティングアートのメッカだったが、今は ごらんの写真のように 再塗装されてペインティングアートが消えている。中には、素晴らしい作品もあったのに ちょっとガッカリ。

桜木町

 

 

 

 

 

 

 

桜木町駅の後ろに、ラウンドマークタワーが見える。右手には、魅惑な飲み屋が多い野毛がある。しかし、最近行ってないなあ。

横浜国際女子 看板

 

 

 

 

 

 

 

コースのあらゆる所に、交通規制の看板があった。桜木町駅を左手に直進すると 横浜スタジアムにぶつかり、スタジアム沿いに左折、すぐまた左折。

右手にJR石川町駅だけど、道路からは見えませんね。左手は横浜中華街の何とか門のすぐそばを通過、正面には このコース最大の登り『山手トンネル』がある。

山手トンネル

 

 

 

 

 

 

 

そのまま、トンネルを抜けると そこは『山手の意外な庶民的な商店街』だった。お惣菜とか気になる店があったけど、買っても持って帰れないし。しばらく走ると、山手警察署 モダンな建物で名板がないと ここが警察署だとは分からないかも。

メルパルク

 

 

 

 

 

 

 

山手警察署を 左折、その後 数百メートルをまた、左折すると残りは2km。

スタートのメルパルク前を過ぎて、山下公園の端まで行き右折して山下公園へ、すぐまた右折して 氷川丸の少し手前がゴール。

第一回、横浜国際女子マラソンを応援した後は、一人で 車橋モツ焼き店へ行った。応援した3人は、完走出来なかった。残念。

車橋もつ焼き店

 

 

 

 

 

 

 

おやじが集う店とのイメージでしたが、こじゃれた店だな。かなり、ペアで来る方もいた。

この店では、他店に無いシステムがある。立ち飲みの店だが、100円出せば 椅子を使える。この椅子は、折りたたみで壁に立て掛けてある。また、注文は すべて正面のカウンターで頼む。食べた皿、ゴミは、客が分別してカウンターの左隣に返却する。

環境にやさしい店を目指してるのでしょうか?

レバ刺しも良かったが、ユッケは他の店に無い旨さで最高だった。

車橋 レバ刺し

 

 

 

 

 

 

 

このユッケを食べる為だけに、再訪したい。

車橋 ユッケ

 

 

 

 

 

 

 

焼き物も旨いので、タンタンと写真を載せます。

車橋 もつ焼き

 

 

 

 

 

 

 

車橋 焼き物

 

 

 

 

 

 

 

車橋 しそ ハラミ

 

 

 

 

 

 

 

煮込み 旨いけど普通

車橋 煮込み

 

 

 

 

 

 

 

『車橋もつ肉店』電話非公開というより店に電話が無いとの張り紙があった。

神奈川県横浜市中区石川町5−200

16:00〜24:00 水曜日休み