江東住まい研究所

江東住まい研究所はマンションだまし売り問題を契機として、不動産問題を中心に消費者や住民の直面する問題を研究し、情報発信し、政策提言します。

江東住まい研究所 イメージ画像
不動産購入は一生に一度あるかないかの買い物であり、だまし売り被害に遭ったら深刻ですが、個人の問題と扱われ、中々共有されません。問題事例を見える化して注意喚起します。だまし売りのない世界を目指します。多様な課題の解決に取り組み、だまし売りのない世界に貢献することを使命とします。 http://www.hayariki.net/ http://hayariki.zero-yen.com/

更新情報

千葉県警の20代の男性巡査は一般道でスポーツカーを時速145キロで走らせたとして、道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検された。巡査は容疑を認めており、「歯医者の予約があり、早く寮に帰りたくてスピードを出した」などと供述しているという。巡査は千葉中央署
『千葉県警巡査が歯医者の予約を理由に速度違反』の画像

『ギャラリーフェイク』「愛国者のトリック」は藤田が右翼の大物フィクサーの依頼を受ける。フィクサーは日本の宝である雪舟の水墨画の国外流出を阻止しようとする。志は立派であるが、行っていることはだましである。大物フィクサーの前でも軽口を慎まない藤田の反骨精神は

『つながれつながれいのち』は暴走車が起こした交通事故で息子を失った母親の詩集である。息子を失うという理不尽や不条理への怒りを赤裸々に描いている。日本社会は被害者に抑制を求める風潮があるが、これが自然な感覚である。不条理な目に遭ったら泣き寝入りしてはいけな

民間感覚で役所仕事に納期意識を徹底させます。遅れさせて良いことはありません。 自治会を役所の下請けのように使っている。自治会の負担が増大している。 避難所に十分な暖房設備、燃料がない。災害は寒い冬に起きることがあります。文字通り避難所のお寒い状況です。

↑このページのトップヘ