廉。俺の歌が歌いたいならば残れ。嫌ならばやめろ。
そう言いつつ、美男のためにアレンジする廉。
美男。髪は短くても、私は女ですから。どうせカツラの髪には似合いませんよ。
廉。ピンにまで嫌われているな。
http://hayariki.net/
ナナ。私の口からは恥ずかしくて。美男が女。怖い微笑を浮かべる。