2006年03月19日

スタッフを自動操縦する秘術

今日は、スタッフを「自動操縦するコツ」について、お伝えしたいと思います。

もうすぐ、4月ですね。

新しいスタッフが入店する時期です。

 

この時期に、やはり多くの飲食店経営者が悩むこと。

それが、

「スタッフが自分のイメージどおりに動いてくれない」

と言う悩みですね。

 

 

あなたは、こんな一言をスタッフに対しておっしゃっていませんか?

「そんなの、常識だろ!」

「お客さんの立場に立って考えて見なさい!」

 

もしかして、今日こんなことをスタッフに言っちゃったの?

あーあー!

 

こんな一言が、実はスタッフの「やる気」を下げる一番の原因です。

なぜか?

ここを解説すると、

続きを読む

2006年03月15日

言い訳したくなっちゃうよね・・・・

ボクは、整理整頓が苦手。

 

いつも、家内に怒られている・・・・・・

 

「どうして使ったら元の場所に戻せないの?」

「またやった!何回言ったらわかるんダヨ(怒)」

 

特に、仕事場。

 

ボクは、そんな家内の攻撃を受ける前に

先制攻撃を仕掛ける。

 

 

「ああ、仕事スペースが狭いから、整理整頓が出来ないんだよ!」

 

これが、どうしようも無い言い訳だって言うことがわかった。

 

かの秋元 康さんが、こういっているそうな。

「くこういう言い訳をする人は結局部屋が広くても、キッチンが大きくても「やらない」

「やる人」はどんなシュチエーションでもこなす。」

 

そうなんだって。

 

やっぱ、ボクはこの分野は苦手だ。


2006年03月09日

これが幻の別紙10−2

e03d8960.jpg

これこそが、別紙10-2です。

 


hayakawamasakazu at 13:21|この記事のURLComments(1468)TrackBack(0)

これが幻の別紙10−1や!

2974abd9.jpg

ニュースレター読者の方、ゴメンナサイ!

これが別紙10−1です。


hayakawamasakazu at 13:19|この記事のURLComments(39)TrackBack(0)

集客に必要な考え方、基本編

◆「集客が成功すれば、お客が増えるから、

売上げは上がるに違いない!」

こう思っている人、
実はと〜っても多いんじゃはないか?

この点、ボクは、


     イエスであり、ノーである


そう考えています。
今回はこのテーマ。

 

そんでもって、飲食店が集客できる要因て何さ?

と言うことをお伝えしたいと思います。



◆一般的には、“どうやってお客を集めるか?”

この手法ばかり口にするコンサルタントや飲食店経営者が多い。


           敢えて言います。


それは、1を知り、10を知らないことです!

だって、10人来たお客さんが、再来店してくれないと、

小さな飲食店の経営は楽にならんから・・・

本来は、集客前に、きっちり感動させるシナリオを描いて、

それでリピーター対策を立てないと意味が無いんですが。


 

    ボクは、集客は科学だと思っています。




    集客の成功要因=方法論×技術(スキル)×バックグラウンド


この方程式が、とってもわかりやすいんじゃないかな・・・・



                ◆方法論は、わかるよね?

どの媒体を使うか、店によって最適な方法は違う。

ぐるなびで集客するか?
チラシで集客するか?
看板を代えてみるか?
クーポン雑誌で集客するか?(あんまり薦めないのですが・・・)

要するに、どの媒体から集客するか?です。

  
   

ここで勘違いする人も多いので、気をつけてください!!

 

夜の客単価¥7000以上の業態の場合

チラシ、ぐるなびなどの集客は向かないんです。

一見さんが一気に来ても、ほとんどは店の業態に合わない顧客ばかりで、

再来店率がとっても低くなるから、正直すすめられませんし、効果が出ないでしょう。

 

逆に、このような客単価の集客で威力を発揮するのが

マスコミ対策(あんまり知られたくないから、小さく書きます)

口コミを意図的に起こすような、来店客に対してどんなアプローチを取るか?

 

逆に、客単価が1000円以下の場合、このような対策よりも、

即効性があるのが、チラシ。

 

ぐるなびは、夜の単価が2500から5000くらいの業態で、なおかつグループで来店できる店ならば、いまだに威力はありますが、特別な対策をしないとアクセスは上がりませんので、要注意。

 

また忘れなければ、バックグラウンドについてお伝えします!

 

無料レポート配布中

月商157万→月商248万にアップした脅威のリピーター獲得術

売り上げアップに必要な看板メニュー3つのセオリー


2006年03月06日

マックに学ぶ飲食店のプライシング

 

■飲食業界・チェーンの最王手・あのマクドナルドが、


     大幅に利益を落としている


というニュースを見た。


 ボクの知り合いのコンサルタントは、この事実をこう解釈していた



     「飲食業界の市場が、ドンドン小さくなっていく・・・」




大手が軒並み業績が悪いという事は、

表面的にみれば、市場規模が小さくなってきているのは事実。



■ボクがマックのニュースを聞いて、僕個人の見方は違う・・・

 ボクの見方は


     ●もう、安売りに限界が来ている・・・

     ●安くしたって、いいお客は呼べない

     ●安くすると、いいお客は去っていく・・・



ボクは、こうみている。



■だって、マックの経営陣のコメントが、めちゃめちゃ笑える



    「価格を下げたことが、利益を下げた要因だが、

     低価格で大量に集客したため、来期は大幅に

     業績回復できると見込んでいる・・」




でも、このblogの読者には、絶対に、

この滑稽さを理解して欲しい。



     

■マックは、数年前にも、同じ事をやったよね?


     
平日¥65バーガー。



アレで、大量に集客して、業績が良くなったか?


答えは×。



■ボクの持論だけど、

飲食店の「価格」って

     
    入店する為に、どれだけ心理的なハードルを掛けるか?

                          ↓↓

                要するに、来て欲しくない客層は、
                 いくら以下しか使わない層だ!

と言う“結界”を作ること。


   これが、価格の真実だと思う。


だから、¥65と言うプライシングをつけると、


     ⇒ハードルは、超低い。


では、低いハードルを設定するとどうなるか?


     ¥65に興味がある人しか、来ない



だから、¥65円バーガーを終了した後のマックの業績は


  ガタ落ちした。




結局、今回の¥100バーガーだって、一緒です。

マックがお客に教育しちゃったのだ!


     「マックは、¥100で食べれる店です」


こういう教育。




多分、来期に価格を上げると、

マックはかなりのツケを払うことになるだろう。





■だから、このblogを読んでいるあなたにお願いです。


 価格を下げて、お客を呼ぼうとするような

         ↓↓
     

     無意味な努力に逃げるな!



 そして、



「街中歩いている、すべての人がターゲットだ!」


こういう発想は、

マックみたいな結果になるでしょう。



■勿論、飲食店経営では、儲けることから逃げてはいけない。




でも、最終的な目標は


     銀行口座に残高を一杯残すことじゃない


あなたが、スタッフが、そしてあなたの料理を通じた世界に

共感し、リピータになってくれるお客さんが、


     


      ●しあわせになること●


  

この本質を忘れてはイカン。



■ちょと話はそれたけど、マックの現象から見ると



     安売りしない、大規模な店舗展開をしないビジネスは

     まだまだいける!


ボクは確信している。



小さな店は、いい料理を、雰囲気を、サービスに磨きをかけて


    あなたの店の価値を、

    あなたが店を、どんな思いではじめたか

    あなたがどんな商売を目指しているか

    あなたがお客さんに、どういう面を楽しんで欲しいの?



伝える努力を身に付けなければいけない。



  技術を磨き、サービスを磨きつつ



      コトバでお客を呼び、売る技術





早く、身につけてください!!


期間限定!無料レポート配布中

「月商157万→月商248万にアップさせた脅威のリピーター獲得術

「あなたの店の月商を起爆剤のように上げる看板メニューのセオリーとは?」


 


hayakawamasakazu at 01:28|この記事のURLComments(60)TrackBack(0)飲食店経営 

2005年12月08日

あるカリスマ通販会社社長の教え

  

 今日、あのカリスマ通販会社の社長さんにお会いして、気づきがあったことを     読者だけにこっそりお教えします。

 

 ●ボクがクライアントの元に行って、話を聞いてみると、

 クライアントはボクに一生懸命に問題点を説明する。

 

 中には、”そこまで問題がわかっているんだったら、

 ワザワザボクに相談しなくたっていいじゃん!”

 

 

 というくらい、饒舌な人もたま〜にいます。

 

 ●でも、ボクがよーく質問したり、売上げのチェックをしていると、

 一番多いのはクライアント自身が自分の問題に気がつかずに、

 問題をはき違いしている人が多い

 

 多いのが、「うちはメニューが少ないから・・・・」

 (※一人で店を調理しているのに、フードは45アイテムある・・・)

 

 また、「売れるメニューがないんで、どうしたらいいでしょう?」

  

 「ホールスタッフの年齢が若いから、うちはサービスがいまいちで、

 売上げが上がらないんだ・・・」

 

 

 これらは、すべて単なる先入観です。

 

 

 そんな観点で品質を見るといいよ。

 ●第一の品質は、商品のグレード

 美味しさとか、盛り付けの華麗さだね

 

 ●第二の品質は、パッケージ。

 飲食店で言えば、店内環境や色彩感覚、ライトアップ

 などの環境演出。

 

 ●第三の品質は、情報やサービス、仕組み

 今、飲食店が飽和しているから、第一・第2のの品質が

 ある程度良くてあたりまえなんです。

 大事なのは、

 

 あなたの作る料理はどんな価値があるか?言葉で表現できる力。

 

予想を上回るサービスが出来るか?

 

お客が再来店するきちんとした仕組みがあるか?

 

  まず、あなたの店が、どこが欠けているでしょうか?

  それをチェックすることが、売上げアップの第一歩でしょう。

 

  再来店する仕組み???

  

  そんなの、旨い料理と、いいサービスだろ!

 

  こう考える方が本当に多いのですが、もう一度言います。

 「第三の品質」を読み返してください。

 

 今日、カリスマ通販の会社の社長に、このことを教えてもらいました。

 

        今イチわからない方は、こちらをどうぞ!

                  ↓↓

        http://www.afr8.jp/foodbiz/report.html

 

 無料レポート進呈中!

月商157万→月商248万にした脅威のリピーター獲得術

売り上げアップに必要な看板メニュー3つのセオリーとは?


2005年11月30日

繁盛店は人手が足りない!そんな時どうする?

  さあ、年末の忘年会シーズンですね!

  その前に、あなたの店のアルバイトスタッフは十分に確保出来てます?

    「やべー、人手が足りない!」

 

  そんな方に、今日はいい情報を、なんと無料で公開します。

 だから、協力してください! 人気ブログランキングに登録しています。ここをクリックして、上位ランクインに協力してください!

   それと、平行して、僕のメルマガも購読してくださーい!

   「飲食店の売上げを半年で178%アップさせたノウハウ」 無料です!今すぐクリック!

 

    求人広告って、非常に掲載料金が高いですよね?

 

  大手の求人誌なんて、一番小さな掲載枠でも4万から5万。

 

  僕のクライアントに以前調査したこところ、一人のアルバイトを

  採用する為にかかった求人コストは、なんと・・・

 

      4,7万/1人

 

  だって。

 

  しかも、平均するとアルバイトの定着期間は

  7ヶ月。

 

 こりゃ、いくら儲けたって、求人広告費がバカになりません。

 

  では、どうしたら超低コストでアルバイトの求人ができるか?

 

 方法は、2つある。

 

  1、ハローワークを利用

  職人の採用はオススメできないが、アルバイトは狙い目ですよ!

  なんと行っても、タダで求人広告が出せる。

 

  2、ppc広告で求人する

  例えば、グーグルなんかの左横に”スポンサーサイト”

  てあるでしょ?

  あそこに求人広告を掲載する。

  これは非常に安い!

  平均すると、一人のアルバイトを¥3800で採用できる・・・

  (こんなノウハウ、ブログでしゃべっちゃ、リクルー○から目の敵にされる〜)

  しかも効果絶大!

  次回のメルマガで、この奥義を伝授しますので

  ↑にあるメルマガ、今すぐ登録!!


2005年11月25日

繁盛店と繁盛しない店、何が違うか?

まずは、 なんと、4ヶ月ぶりの記事です!人気ブログランキングに登録してます。 お祝いにここをクリックして下さい!!

それと、無料メルマガも読んだほうがいいよ!

「飲食店の売り上げを半年で178%アップさせた私の方法」

→無料です!今すぐ購読!

 

職業柄、多くの飲食店と接しています。

 

はっきりいうと、入店して、5分話をすると、

僕は、その店画繁盛しているかどうか、また大よその月商までわかります。

 

いままでいろんな人が繁盛店とそうでない人の違いを伝えたと思います。

 

でも、僕なりの結論を言うと、

繁盛店とそうでない店には、天と地ほど、

 

視点が違う

 

ホント、違う。

 

●儲かっている店は、食事という商品を売っていない。

食事を通して得ることが出来る体験をウリにしているんです

 

だから、お客にどんな楽しい体験をしてもらおうか、頭を使う。

サービスだって、型破りだけど、発想の原点は

  どういうサービスをしたら、お客はファンタスティックになれるか?

 

 

こういった部分をいつも考えているんです。

だから、いつもこういう思考でサービスや商品を考えている。

こういう思考を半年も続けてみて!

それだけで喜ばせ上手な思考が出来る。

 

●反対にいまいち繁盛していない店

意欲がない店は、この際ほっときましょう。

 

繁盛させたい、という意欲があるにもかかわらず、

今一歩な原因の最たるものは、

食事という商品しか売っていない!!

 

だから、他店の商品が、値段が気になる。

すると。競合店調査なんかやっちゃう訳。

 

 

あなたが繁盛させたいなら、

視点を商品から

商品を通じて、お客にどんなファンタスティックを

提供できるか?

 

こんな視点を持ってみませんか?

 

もっと具体的に知りたい方は・・・・

●あの快進撃を続けているチェーンの店長も
●実は、私と同じフードコンサルタントのあの人も
●超有名あの店のオーナーシェフも
●業界誌の編集部も
●坪30万売る、あの超繁盛店のオーナーも
●開業準備している大手企業を希望退職したBさんも

     読んでいます。

        ↓
http://www.afr8.jp/foodbiz/newsletter.html

 

 


hayakawamasakazu at 18:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)飲食店経営 

2005年07月17日

必殺!地方飲食店の集客法とは?

 
 
 
 
飲食店経営コンサルティングのノウハウ公開へようこそ!
 
最近、地方の飲食店さんから仕事の依頼が増えています。
 
深刻なのは、道路交通法改正以降、
 
 
夜の集客が悪くなって、なんとかしてくれ!

という話が多いですね。
 

こういったケースでは、
 
現在の常連客が減ってきているのと、
 
新しい顧客が来店しなくなって、売上が減ってきているという

原因が重なっているためなんです。
 
 

今日は、特に地方の店は、どうやって集客したらいいか?

ここに絞って、お伝えします。
 
 
 

繁華街や、首都圏の飲食店での集客は、わりと楽なんですよ。
 
でも、地方の飲食店さんが、
 
集客で使える方法論は限られてくるんです。
 
ビラ配りや、ポスティングなんかは、
 
正直いって、コストパフォーマンスが悪いんです。
 
もっとも効果がある方法は、何だと思いますか?
 
続きを読む
hayakawamasakazu at 20:08|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

2005年07月13日

和食系の飲食店必見!このメニューをお通しに使うと・・・・

飲食店経営コンサルティングのノウハウ公開へようこそ!
 
こんにちは!早川です。
 
 
 
和食系の飲食店さん、特にコースではなく、割烹や一品物で
 
営業されている方、警告です!
 
 
 
まさか、お通しは、昨日の残り物を
 
適当に作って出していないでしょうね?(ドキッ!)
 
 
 
しかも、昨日のお通し、切干大根・・・・・(汗)
 
それじゃ、どんなにいい一品を提供したって、
 
リピーターは増えないでしょう。
 
 
 
今日のテーマは、リピーターを倍増させる”お通し”の秘密。
 
 
 
 
 
 
 
続きを読む

2005年07月11日

これぞ!オーダー率を300%アップさせるキラーコピーだ!!

 
こんにちは、早川です。
 
 
こういった考えをしたことありませんか?
 
「今週のおすすめメニュー、メチャメチャ気合入っていいのに、
 
誰もオーダーしてくれない。とほほ・・・・」
 
 
これは、決してあなたの料理に力が無いからじゃない!
 
伝え方が、あと一歩!と言うケースが多いんですよ。
 
 
今日は、こんなときに活用して欲しい
 
「キラーコピー」を伝授します。
 
 
続きを読む

2005年07月05日

飲食店のテナント代ってどのくらいが適正か?

飲食店経営コンサルティングのノウハウ公開へようこそ!
 
こんにちは、早川です。
 
 
一般的には、坪当たり2万円前後が標準だ、といわれています。
 
 
この”相場”を簡単に信じてしまうこともどうか、と思うんですよ!
 
安易にたかい物件を契約してしまうと、
ランニングコストで泣いている方も一杯いますので・・・・
 
今日は、このテーマから。
 
 
続きを読む
hayakawamasakazu at 17:56|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)独立・開業 

2005年06月28日

深きことは、繁盛のこと・・・・

飲食店経営コンサルティングのノウハウ公開へようこそ!
 
 
こんにちは、早川です!
 

私の仕事は、いわゆる「テクニック」を教えることなんです。

しかし、経験上でいいますと、「テクニック」を上手に使える人って、
 
底辺の「思想の深さ」が、めちゃめちゃ深い人が多いんですよ。
 
 
 
 
逆に、テクニックを上手に使えない人って、
 
そういった「考えに深さや一貫性」がない人が多いんですね。

簡単に言うと、「食を通じて、店はお客さんに

どんな世界を提供できるか?」っていう考えを
 
しっかりもっている人ほど、
 
小手先のテクニックを上手に使えるようですね。


今後は、この深さで繁盛する、しないが分かれると

私は考えています。
 
今日は、このテーマについて。
 
 
 
続きを読む
hayakawamasakazu at 21:51|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)飲食店経営 

2005年06月21日

なぜクレームは起きるのか?

飲食店経営コンサルティングノウハウ公開へようこそ!!
 
こんにちは、早川です。
 
いやですね!クレーム対応。
 
でも、いやだけど、ここで店の真価が問われる場面でもある。
 
 
今日はちょっと役立つクレーム対応について。
 
 
 
続きを読む
hayakawamasakazu at 22:28|この記事のURLComments(5)TrackBack(2)飲食店経営 

2005年06月18日

一見さんに頼る商売はこんなに危険なのだ!

飲食店経営コンサルティングノウハウ公開へようこそ!
 
こんにちは、早川です!
 
 
一般的に言われる、いい立地に
出店している店をみて、
 
「こんな立地がいいんだったら、商売も楽だろうな?」
 
なんて、思ったりしませんか?
 
今日は、一見のお客がすんなり来店する店の
落とし穴がテーマです。
 
 
 
 
 
続きを読む
hayakawamasakazu at 14:35|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)独立・開業 

2005年06月17日

匂いで儲ける、そんなのも有り?

飲食店経営コンサルティングノウハウ公開へようこそ!
 
こんにちは、早川です!
 
よく焼き鳥屋の前を通ると、
焼いているニオイがたまらなく食欲を刺激して、
つい入店してしまうことってありませんか?
 
それだけ嗅覚も購買心理に影響を及ぼします。
ここでも、ターゲットにあったニオイの選択をしていくと
効果が倍増されます。
 
女性ターゲットの店は多いんですが、
巧みな演出を使って売上に
結び付けている店はまで少ないですね。
 
例えばトイレ。ここでの演出によって、
女性客のリピート率はものすごく違ってきます。
働くOLがほっと一息つく隠れ家がコンセプトなら、
トイレも嗅覚をうまく使って
演出しなければダメですね。
 
 
こんなことをトイレに書いて、お香を焚くんです。
 
「そうだ!京都にいこう!と思っても、
 
忙しくていけない方へ!!
 
ここで思いっきり京都気分を
 
満喫してください。
 
祇園の香りです。」
 
こんなキャッチが張ってあって、
本当に京都を感じさせるお香が焚いてあったら
思わず嬉しくなりませんか?
 
レジの横におんなじお香があって、
 
「家でも京都が楽しめます・・・」
こんなポップがあったら、
つい買ってしまう人も多いでしょう。
 

2005年06月07日

小規模飲食店のゴールデンルール その3

「小規模飲食店のゴールデンルール」は
 
合計3回の予定でしたが、実際に書きはじめると、
 
どうやら3回では終わらないようですね・・・・(笑)
 
 
まだ数回続きます。
 
 
 
では、本日のテーマは、
 
「繁盛店は五感を使った演出が巧い!!」
 
その五感の演出効果の中でも、
 
一番重要な、「照明」についてお伝えいたします。
 
 
 
 
 
続きを読む
hayakawamasakazu at 20:51|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)独立・開業 

2005年06月03日

メニューをターゲットを利用動機を絞り込め!

「メニューを増やせば、売上が上がるはずだ!」
こんな声、よく聞きますよね?
 
でもこんな考え方は、チェーン店の考えであって、
小さな飲食店には当てはまりません。
 
 
かえって、このような発想を持ち続けると、
ドンドン泥沼にはまる店って、多いんですよ・・・・
 
 
今日は、このテーマについて。
 
 
 
 

 
続きを読む

2005年05月31日

小規模飲食店繁盛のゴールデンルール その1

飲食店経営コンサルティングノウハウ公開へようこそ!

こんにちは、早川です。

 

私は、自らが飲食店を経営した経験上から、

はっきりわかることをお伝えします。

それは、 「大規模なチェーン店と、小規模店の経営方法は、

180度違う。」 ということなんです。

 

どうやら、日本のマスコミは 「大規模チェーン崇拝嗜好」 があるらしく、

小規模な店に必要な情報は、

残念ながら、ほとんどのマスコミは取り上げません。

今日から3回連続で、 「小規模飲食店のゴールデンルール」 を、

お伝えします。

 これから、店をはじめようとしている人にとって、

かなり役に立つ内容なので、 開業希望の方、要チェックです!

 

人気ブログランキングに登録しています。

上位ランクインに協力してください。

ここをクリック!(カチッとね)

続きを読む
hayakawamasakazu at 20:34|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)独立・開業 
Profile
氏名 早川 雅一  6月13日生

国学院大学中退後、教育産業のセールス・能力開発の歩合給セールスを経験する。
当初成績はドン尻営業マンで苦戦の連続が続くものの1年後には大逆転。2社でトップセールスの記録を打ち立て最終的には全国1位に表彰される。
歩合給とコンテストの賞金だけで1年に700万円貯し開業資金を蓄えた逸話は業界内では伝説になっている。

その後1年間の飲食店勤務を得て、自ら飲食店経営に参入する。
運転資金20万円、技術レベル?、スタッフは全員素人いうハンデを克服し、半年後には同業者が偵察に訪れる程の
繁盛店に!芸能人も多数来店。
その実績を買われて、「日経レストラン」等の業界紙やコンサルタントからも多数取材を受ける。

現在フードビジネス集客研究所で飲食店の経営コンサルティングを行う。売り上げに
悩む小規模飲食店の売り上げアップの経営コンサルティングに全力を尽くしている。


実際自らが開業し、繁盛店にしたというコンサルタントとしては異例の経験から導かれる理論と体験に素づく的確なアドバイスは、クライアントからも「目からウロコ」と評判が高い。

趣味は食べ歩き(2500軒を軽く突破)、競馬。一日中競馬場にいても馬券を買わないことがある。ギャンブルとしてではなく、純粋に競馬というシステムを愛する変わった趣味をもつ。

フードビジネス集客研究所の公式サイトでは無料でノウハウを公開しています。