2010年09月23日

葉山は湘南なのか?

湘南ってどこからどこまでなのか?
これは以前からよくいわれてることで、大磯だ、いや茅ヶ崎だ、いや藤沢だ、と議論は分かれます。
では、鎌倉は 逗子は 葉山は湘南ではないのか?

最近立ち読みしたこの本、実に面白いです。



葉山についての記述も的を得ていて、これまで出版されている本では書かれていなかったことがいろいろ書かれています。

うわべのイメージだけをすくったような洒落臭い雑誌「湘南スタイル」とは対極に位置するこの本。書かれている内容は実に痛快です。

マスコミに作られたイメージに踊らされるがごとく移住し、おかしな認識を持ったまま「葉山暮らし」を送る人たちがあまりにも多すぎる昨今の葉山。

この本で、土地本来のニュアンスというものを少しは知ってほしいものです。



まえがき

都心から目と鼻の先にある洗練されたオーシャン・リゾート。
世間一般から見た湘南は、そんなイメージで完全に固まっている。
ただしそれはメディアによって強調された湘南の一面でしかなく、本当の湘南は、もっと多面的で魅力的なエリアだ。
多面性を持つ要因は、湘南がひとつの自治体ではなく、広域であるということ。湘南は広い。けど広いってどれくらい?
当シリーズで湘南エリアを取り上げるってことになったとき、「それは面白い!」と思ったと同時にハタと困った。

湘南って一体どこなのよ?

手始めに地元民に聞いてみると千差万別。
「あそこは湘南と認めない」「あそこは湘南と認めてもいいかな」といったエゴ丸出しの意見。
どうも地元民は湘南に対するプライドが強過ぎるのか、湘南論議になると案外狭量だ。
そのため、湘南エリアは各自治体同士の連携が弱く、ひとつにまとまらない。
そこにはやはり湘南が憧れの場所として認知されている、ということも大きい。

好イメージの湘南を我がモノとしたい各自治体。
地元民も「湘南はいうほどオシャレな場所じゃない」というけれど、それは建前で本当は洒落た場所に住んでいるという自負がある。
湘南は外と内で感じるイメージは違うというけれど、メディアによって作られた湘南イメージに翻弄されているのは自治体であり、地元民たちなのかもしれない。

湘南にこだわり、翻弄される人々を内包する湘南は、今後どうなるのか?

イメージを破壊して、新しい湘南へと変貌を遂げられるのか?

それとも時代に取り残されるのか?

本書ではそれをデータや現地取材によって解き明かしていこうと思う。
もちろん一冊で湘南のすべてを語り尽くすのは難しいし、賛否両論も出るだろう。
ただ本書が、新しい湘南を見つけ出すヒントになれば満足である。








トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PING送信プラス by SEO対策


ブックマークプラス by SEO対策

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス