昨日(7月20日)で、今年のホタルの飛翔観察は、終了しました。
悪天候、土砂崩れ等、マイナス要因の多かったシーズンだったような気もします。
ゲンジボタルは、全般的に低調でしたが、増えたり減ったりする変動幅の範囲内にあると思われます。
ヘイケボタルは、数年前から行っている湿地(田んぼ)整備により年々着実に数を増やしています。
整備をすれば増えることが実証されています。
観察計画2014HP⑤
最後の観察、田んぼのなかのイネにとまっているヘイケボタルを観察しています。
RIMG47689