昨年に続いて今年も、「葉山まちづくり展」の交流イベントとして「夜の里山自然観察会」を開催します。
すでに、回覧板やパンフレットが色々なところで配布されていますのでご存知かもしれませんが、パンフレットでは、スペースが限られているので、具体的な内容が分からないと思います。簡単に観察会の内容をご説明いたします。
夜間、山の中を歩くような経験はなかなか出来ません。
ホタルが飛翔する時期は、山に入りますが、ホタルが光って飛ぶのを見るのが目的で、他のことにまで関心が及びません。
「夜の里山自然観察会」は、ホタル以外にも夜の里山で観察できるものがたくさんあることを知ってもらおうというイベントです。
夜の里山で、鳥や虫の鳴き声を聞きカラスウリの花が咲くのを観察し、大きな白い布に照明を当てて、そこを目がけて飛んでくる昆虫を観察します。
一番の大物、カブトムシが飛んで来ることもありますが、去年はダメでした。

【重要】6月8日現在、すでに定員15名のうち半分の予約が埋まっていますので、申し込みはお早めに。
スキャン 816回表【03】夜の里山観察会