2008年04月04日

京都の湯葉

京都って湯葉が有名なんです。



家庭の料理に頻繁に出てくるぐらい…



私の友達も家が湯葉を作ってるんです


小さい時に湯葉を作る作業を見せてもらった事があったんですよね



すごく丁寧な慎重な作業だった



湯葉って、
少し高価なイメージがあるけど、
その作業を見た時、
『そら高価やわ!』と思いました




京都以外のスーパーでは湯葉が売っていないのも
普通らしくて
その事実に驚きました




そう話していたら湯葉が食べたくなりました



きっとみなさんも湯葉を食べたくなったに違いありません!!




さて、買いに行ってきます


なんていったって美肌効果もあるらしいからね!



聞いた話だけどね
hayamail at 23:46│Comments(11)

この記事へのコメント

1. Posted by げん   2008年04月05日 09:41
さっそく

買いに行きます〜

2. Posted by ゆーた   2008年04月05日 10:10
湯葉あんま食べた事ないっすけどね(Д)笑
京都はやっぱ凄いや(´∀`;)
3. Posted by ny   2008年04月05日 10:12
「湯葉を食べたくなったに違いありません」って…

確かに食べたくなったのですが…

えーと、ユバってどんな物でしたっけ?

<(^O^) テヘ!
| |)

豆腐みたいのだっけ?

写真をつけて欲しいです。
あと、髪型の写真もね。

4. Posted by Hiroaki   2008年04月05日 10:50
おっと。
cry cry cry
っていいタイトルだね
(言い忘れの消化)

湯葉ゆばゆば〜

小さい頃は
よくわからなくて
ふしぎ〜な
食べ物だった。

そっか、
高価もなっとく!
な作業なのか。

家庭料理に頻繁に
出てくるほど!
なのか。

ウチで買い物に行く
スーパーは
いつも置いてあるよ。
で、たまに食べる。

好きですね〜湯葉。

まあ
京都に比べれば、
イマイチ品だと思うけど。

お友達の湯葉。
食べてみたいなぁ!

湯葉で〜

もっとずっと
美肌美人早未。

だなっ!
5. Posted by きぃ   2008年04月05日 14:39
5 湯葉、めちゃ好きです近所のおばさんに『ごまだれかけて食べたらたらおいしいよ』って教えてもらってかけてみたらヤバいぐらいおいしかったぁ
早未チャンのおすすめの食べ方とかありますか
6. Posted by HARU   2008年04月05日 15:59
5 オイラゎ大豆製品めっちゃ好き
もち、湯葉も好き
ホンマ食べたくなってきたぉ
7. Posted by 7th   2008年04月05日 19:46
最近の音楽はレベルの低い音楽が表に出てレベルの高い音楽が表に出て来ない事が多いのですがそれによってレベルの高い音楽を探す事が難しいのです。何か簡単に探す方法を知っていたら誰でも良いですので教えて下さい。
8. Posted by 静流   2008年04月05日 20:10
沖縄(本島)で『新人さん』として再スタートしましたが、僕は『お江戸』の出身です。
東京は何でもありますが、その実何もない街です。なので、全国に誇れるモノがある街がとても羨ましい・・・・。
9. Posted by MASA   2008年04月06日 00:01
「湯葉わさび」ならばよく食べてましたよ!アルコールのお供にもなるので
京都へ行くことがあったら、本場のモノをたべてみたいです
10. Posted by りさ   2008年04月06日 09:07
湯葉って美肌効果
があるんですか♪
おいしいですか(^u^)
11. Posted by 優おじさん   2008年04月06日 16:09
こんにちは。
湯葉……
京料理美味しそうです。(^^)
家庭料理も小鉢に盛り付けてメニューが多いのかなぁ…?
小さいお寿司も舞妓さんが小口で食べられる為なんですね…
京都の春かあ〜
綺麗だろうなぁ…

この記事にコメントする

    名前:
メール:
     URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
岸本早未

10歳(小学校5年生)のときに姉の影響でダンスを習い始め、ほどなくして歌のレッスンも受けるようになる。JAZZを基本スタイルとし、HIP HOP、LOCK、HOUSEと様々なダンスを吸収、ダンスはすでに7年のキャリアを持つ。
2002年10月に行われた、GIZA studio PRESENTS "DIG STAR"オーディションで、得意のダンスと伸びやかなヴォーカルを披露し優勝。
2003年自身の16歳の誕生日である6月25日に「迷Q!?-迷宮-MAKE★YOU-」でデビュー、オリコン初登場15位を記録。
ジャケットやライブ衣装、ネイル等、自身のファッションをセルフプロデュースし、あらゆるビジュアルワークにおいても彼女のアイデアが取り入れられている。さらに得意のダンスでは、大胆かつキレのある動きで人を魅了。
一方、作詞においては、等身大の恋愛観や友情を繊細に綴る。
特に彼女がセルフスタイリングしているファッションには注目が高く、同世代の女の子からも共感を得ており、多くのファッション誌で取り上げられている。