2008年04月14日

クローバーフィールド

見ました



とても怖い



あれを見た後
街を歩いたら超リアルで
怖かった




見た人居ますか




私は、あんな状況になったら生き残れるかな…。
hayamail at 21:18│Comments(13)

この記事へのコメント

1. Posted by げん   2008年04月14日 22:06
見ます〜
2. Posted by Hiroaki   2008年04月14日 22:12
はやみちゃんは…無理かもな…

ウソウソ(笑)

もちろん大丈夫でしょ!?

なんで、とか聞かないで!
根拠とか聞かないで!!
大丈夫だから、そうに決まってる♪

で、俺は見てなーい!

でも結構すごいって
評判は聞いた!

見に行こうかな〜
でも今なら「フィクサー」も見たい〜

てか
「魔法にかけられて」は見に行った!?

あとあと
「スパイダーウィックの謎」
もちょっと面白そうじゃなーい?
(チャーリーのフレディ・ハイモアくん
成長したね〜)
3. Posted by 匿名希望   2008年04月14日 22:34
2 あれを見た後
街を歩いたら超リアルで
怖かった

意味不明なんですが
4. Posted by 天下の野球小僧   2008年04月14日 22:55
見たんですか(・∀・) いいな〜(ノ_・。) 早く見たいです♪♪
5. Posted by I-MI   2008年04月14日 23:38

その映画見たんや
前から見たいなぁって、思ってた映画なんさ
そんなにリアルなんや〜、よけい見たくなったよ
きかいあれば見ます
では、またー早末さん
6. Posted by ny   2008年04月15日 00:29
はーい、「クローバーフィールド」は先週見ました。
  (・∀・)/
 
怖かったけど、楽しかった。
かいじゅうに可愛げがないのが、ちと
不満。
ゴジラみたいに可愛くなきゃ。
 
最後の方で、ヘリコプターに乗ったシーンは、まるでディズニーランドにいるような気分でした。
 
なんか、続編を作るって話も出てます。
 
 
ちなみに、今日はレイトで「フィクサー」見てきました。
地味な社会派な映画で眠くなりました。
現代人は皆、少なからず悪の部分とか、自己保身するズルイ部分を抱えて生きてるってことが描かれてて、は〜って感じでした。
7. Posted by 沖縄人   2008年04月15日 00:42
5 岸本さん なら生き残れるょ(*^-^)b
なぜなら俺がアナタを守るから('-^*)/
8. Posted by クウガ   2008年04月15日 08:03
残念ながら見ていません。
ただテレビ番組で紹介されていたのは見ました。
本当にリアルですよね。
9. Posted by りさ   2008年04月15日 12:10
見てないです(>_<)
10. Posted by クウガ   2008年04月15日 15:52
残念ながら見ていません。
ただテレビ番組で紹介されていたのは見ました。
本当にリアルですよね。
11. Posted by 匿名希望2   2008年04月15日 22:22
匿名希望さんウケるw
12. Posted by ブチャラティ   2008年04月16日 00:54
5 見てないです…
凄く怖い映画なんですね。
13. Posted by 優おじさん   2008年04月16日 12:19
こんにちは。
家の周りもやっと桜が満開です。
アメリカの巨大地下下水道にワニとかヘビが住み着いているから、点検も完全武装で命懸けらしいですよ。
捨てたペットとかが巨大化しているらしいです。
20年以上も前に聞いた話ですけど。笑
でも日本でも同じ様な事が起きているから、大袈裟な話じゃないですね。

この記事にコメントする

    名前:
メール:
     URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
岸本早未

10歳(小学校5年生)のときに姉の影響でダンスを習い始め、ほどなくして歌のレッスンも受けるようになる。JAZZを基本スタイルとし、HIP HOP、LOCK、HOUSEと様々なダンスを吸収、ダンスはすでに7年のキャリアを持つ。
2002年10月に行われた、GIZA studio PRESENTS "DIG STAR"オーディションで、得意のダンスと伸びやかなヴォーカルを披露し優勝。
2003年自身の16歳の誕生日である6月25日に「迷Q!?-迷宮-MAKE★YOU-」でデビュー、オリコン初登場15位を記録。
ジャケットやライブ衣装、ネイル等、自身のファッションをセルフプロデュースし、あらゆるビジュアルワークにおいても彼女のアイデアが取り入れられている。さらに得意のダンスでは、大胆かつキレのある動きで人を魅了。
一方、作詞においては、等身大の恋愛観や友情を繊細に綴る。
特に彼女がセルフスタイリングしているファッションには注目が高く、同世代の女の子からも共感を得ており、多くのファッション誌で取り上げられている。