葉山山楽会

平成12年「ルート山」グループとして発足し、その後葉山町づくり協会登録団体「葉山・山楽会」となりました。葉山町及び周辺の山道の調査、整備、 ガイドブックの作成、 ハイキングの実施などの活動をしています。

コメントをクリックすると内容が表示され、投稿できます。

里山管理体験ータケノコ掘り

  葉山町の今年の「小学生 里山管理体験ータケノコ掘り」が421日、湘南国際村近くの町有竹林で行われ町内6地区から456年生104人が参加しました。今年で5回目です。一年を通じて竹林整備のボランティアをしている葉山・山楽会から7人が指導員をしました。

 

 午前10時すぎ、竹林前広場に小学生と指導員、町役場職員たちが集まり、簡単な準備体操をしたり、注意事項のお知らせなどがありました。

DSCN1454


















 

ほとんどの小学生は初めての体験なので、葉山・山楽会の伊東さんがタケノコ掘りの注意事項やスコップなど道具の使い方について説明しました。

DSCN1468























その後、
104人は3つのグループに分かれて竹林の中に入りました。急な斜面を下って行かなければならず、慎重な足取りで現場に向かいました。

DSCN1476
























今年は春が早かったためかタケノコの成長が著しく、ニョキニョキと大きなものが何本も立っていました。さあ、一斉に体験作業の開始です。小学生3人に1本のスコップなどが支給され、山楽会メンバー等3つの団体の人たちが指導員として見守りました。

DSCN1485
 

子供の力だけではなかなか堀りきることができず、指導メンバーの人たちが力を貸しました。危険防止のため、手や足にスコップが当たらないよう細心の注意をしました。

DSCN1493




 
1人2本も採れればいいかな、と思っていたら、けっこう多くなり、子供たちは皆、ご機嫌です。「お父さんの誕生祝いにする」「お母さんにタケノコご飯をつくってもらう」と嬉しそうに話していました。

DSCN1530


DSCN1542























正午前にはすべて終了し、解散しました。男の子たちは、タケノコの大きな皮を帽子代わりにかぶって記念撮影。夏のような強い日差しのもと、新緑の葉山を楽しみました。(M.I) (sa)



畠山、按針塚ハイキング

3日無風快晴のお天気に恵まれ、22名が参加して町民ハイキングが行われました。

バスが遅れて10時に木古庭を出発
IMG_6840



















竹林、畠山への入り口です
IMG_6842



















畠山山頂、2等測量点の説明を聞きます
IMG_6843



















東電の階段を下ります
IMG_6844
十三峠から塚山公園へ。鹿島台
IMG_6845


















三浦按針夫妻の慰霊塔                              
IMG_6848


















港が見えるが丘公園。東京湾、房総半島が丸見え
IMG_6849



















昼食後、12時50分逸見方面、木古庭方面に分かれて解散。

14時木古庭に到着、お疲れ様。
里の源平梅です
IMG_6850(sa)


町民ハイキング

早春の畠山、按針塚ハイキング

 3月3日(土曜日) 午前9時35分、木古庭バス停(横須賀方面行き)集合

   畠山山頂  十三峠  按針塚  塚山・港が見える丘公園     
   昼食後自由 希望者は木古庭バス停(逗子方面行き)で解散、14時予定

 

   (雨天中止、順延なし)

 

 弁当、飲み物持参、運動靴か登山靴

キャプチャ3

detail-499317


(sa)


  

三浦アルプス南沢を歩く

今年一番の冷え込みとなった1月13日、葉山山楽会1月定例会が開催されました。
今回の参加は11名、9:30に長柄交差点バス停に集合です。
12
逗葉新道を歩き、川久保交差点から住宅街に入り。
森戸川林道に向けて歩きます。
34
林道終点で一休み。ここから南沢に入ります。
56
沢を右下に見て、滑りやすい道を歩きます。
何回か沢を渡って、左右の道を上流に向けて進みます。
78
左の写真の石垣は、戦争中に海軍が作った道路の橋げたです。
南沢では何か所かで見られます。
南沢は足場の悪いところも何か所かあり、ロープを伝って慎重に進みます。
910
枯葉に覆われた道は滑りやすく、ところによっては枯葉が積もっていて
足元をすくわれることもあります。
丸太橋を渡ったところを左に、枯れ沢を上って中尾根に向かいます。
1112
杉の木に「中尾根」の表示があります。
岩が多く、歩きづらいところを上ります。
1314
中尾根に着くと、山楽会が昔建てた道標が残っています。
ここを、乳頭山方面に上っていきます。
1516
ところどころ見晴らしが効くと、左には横須賀港、みなとみらい、房総方面が
右には真っ白になった富士山が望めます。
陽当たりのいい斜面に、はやくもスミレが咲いていました。
1718
乳頭山手前の鉄塔下が、陽射しにあふれて暖かいので、昼食にします。
ここから見える横須賀港には、空母ロナルドレーガンも見えます。
1920
昼食後、乳頭山に上ります。乳頭山202m。
2122
三国峠から、茅塚分岐へ。二か所とも二子山自然保護協議会が
建てた立派な道標があります。
茅塚には上らず、右の道を観音塚方面に歩きます。
2324
南尾根の頂を三つ四つ越えると、「左、新沢停留所」の標識が。
ここを左に下りてバス停に向かいます。
下りてすぐ、また、昔山楽会が建てた古い標識がありました。
2526
新沢に下りていく道周辺にはイノシシが出没しており、地元の農家が
罠を仕掛けています。一年に何十頭も捕えたそうです。
農作物の被害も多く、大変苦労されているようです。
県道に下りて解散。今回は、結構距離が長く、アップダウンも多く、
歩きにくい場所も多かったです。               ina  










鷹取山と神武寺

晴天ながら空気が冷たい12月2日、葉山山楽会定例会が開催されました。
今回は、逗子から京急に乗って一駅。神武寺に集合です。
①
10時に神武寺駅に集合。今日の参加は18名。
駅前には神武寺・鷹取山のハイキングコース地図があります。
②③
神武寺駅から県道に出て、線路沿いに金沢方面に向かいます。
県道沿いには、逗子中学と県立逗子高校が並んでいます。
④⑤
逗子高校は陸上競技部や吹奏楽部が有名のようです。
また、全国大会で活躍している女性棋士もいるようです。
しばらく歩いて、金沢に抜けるトンネルの手前を、左に入っていきます。
⑥⑦
長い坂を一気に100mほど上ります。
なかなかきれいな紅葉がありませんが、青空と黄色く色づいたコントラストがきれいです。
⑧⑨
鉄塔を越えてしばらくして、「鷹取山方面」の小さな標識を、右に入り、
途中、給水休憩をはさみながら、鷹取山に向かいます。
(今回、お当番もしてくれたLADYお二人!)
⑩⑪
岩場も慎重に下り、鷹取山公園に着きました。
ここから、千葉方面、アクアラインもきれいに見えます。
⑯⑫
鷹取山公園は、明治から昭和にかけて石材を採取したために生じた
垂直に切り立った岩石が特徴で、その姿を群馬県の妙義山にたとえ
「湘南妙義」の別名があるそうです。
巨大な弥勒菩薩尊像(磨崖仏)がありますが、これは昭和40年に
横須賀市在住の彫刻家が制作したものだそうです。
⑬⑭
「鷹取山自然観察会」が設置した「樹木札」がかかっており
とてもよく整備されたきれいな公園です。
⑮⑰
ここで昼食を終え、「岩登り」の人たちを見ながら、
神武寺方面に下りていきます。
☆鷹取山公園での岩登りは、鷹取山安全登山協議会指導員の指導
に従い、決められた事項を遵守して行う場合は認められているようです(横須賀市HPより)。
⑱⑳
下りていくとすぐ、「クサリ場」があり、慎重に進んでいきます。
(でも、地元では幼稚園児もしょっちゅうこのクサリ場を通っているそうです)
しばらく行くと、下り坂の手前に石碑があり、この辺りから
神武寺の境内になるようです。
㉒㉑
神武寺は、奈良時代の724年に行基が薬師如来等を祀った、と言われています。
書物の記述では、鎌倉時代に源頼朝が政子の安産を祈願して神馬を奉納したこと、
実朝が参詣したことが吾妻鏡に記載されているそうです。
左の写真の「薬師堂」は県の重要文化財で、本尊である薬師如来は「秘仏」
として33年に一度開帳されるそうです(ただ、毎年12月13日の煤払いにも
開扉されて、見ることができるそうです。  秘仏なのに・・・・)。
ここで、やっと真っ赤な紅葉を見ることができました。
「逗子八景の一」になっている神武寺の晩鐘の下で解散、東逗子駅、
神武寺駅に分かれて家路につきました。                (ina)



納涼会しました

夏の長雨がやっと上がった8月19日土曜日に
葉山山楽会の納涼会を行いました。
納涼会写真①
今年は例年のBBQではなく、森戸川の川原で各自の持ち寄りで行いました。
木々に囲まれ、川べりの涼しい空気の中、気持ちいい”昼から酒”を
楽しみました。川面には「かわせみ」の姿もちらほらしてました。
納涼会写真②
当日の参加者は13名の参加でした。                     ina

三浦アルプス散策

運動会日和の青空の下、葉山山楽会6月定例会が開催されました。
①②
9時50分に上山口小学校前バス停に集合。本日は15名の参加。
もう運動会が始まっている上山口小学校の前を通って、
山道に入る手前の広場で、今日のコース説明等を行います。
③④
すぐ山道に入り、そこそこ急な上りが続きます。
茅塚の手前の分岐点で小休止。今日はここから右を上り
茅塚を目指します。
⑥⑤
町内最高峰(212m)の茅塚です。東電鉄塔整備のお陰で視界が開け
江の島から、まだ雪が残る富士山が見えます。
⑦標識⑧標識
茅塚から下りたところや三国峠には、二子山自然保護協議会が設置した
立派な標識があります。東電が設置した階段を上って乳頭山に上ります。
⑨⑨-1
乳頭山からの眺めです。八景島からみなとみらいまで見渡せます。
⑩⑪
乳頭山を下り、中尾根を歩きます。「斜め十字路」から「六把峠」から
中沢に下りていきます。
「斜め十字路」:正式には「辻の神峠」と言うそうです。かつては石を積んだ「辻の神」が
          鎮座していたそうです。
「六把峠」:正式には「南中峠」。森戸川の源流である乳頭山から流れる、中ノ沢と
       南の沢を分ける峠です。

⑫⑫橋
途中の急斜面で、ロープの増設を行いました。
また、傷んでいる丸太橋を倒木で補強しました。
昼食⑬
昼食後は森戸川を下っていきます。
新緑が陽射しに映えて、この季節はとてもきれいです。
うなぎ淵いわたばこ
長さ5間、太さ1尺くらいの大うなぎが生息していた(?)と言われる
うなぎ淵を過ぎて、途中の岩壁にはイワタバコの群生が。
開花はもう少し後でしょうか。
森戸川終点
森戸川林道(大山林道)の終点にたどり着きました。
この後、林道をゲートの向って歩き、解散しました。
林道には、三光鳥などがお目当ての愛鳥家の
人がたくさん立派なカメラを構えていました。  (ina)
集合写真






町づくり展

第17回葉山まちづくり展が開幕しました。福祉文化会館で28日まで。
IMG_20170524_0001

















山楽会の展示と実行委員のMさん
IMG_6791(sa)

逗子駅から鎌倉報国寺、浄妙寺へ

葉山山楽会、5月の定例会が開催されました。
①
JR逗子駅前に14人が集合し、午前10時10分にスタート。
②
10時35分、逗子市久木の法性寺に到着。
「猿畠山」として、猿の石像が何体か置かれています。
③
10時52分、法性寺の階段や山道をのぼり、一番高い展望スポットに着くと
披露山の公園や住宅地が遠望できました。
④
11時13分、山道を歩いて名越切通しとまんだら堂やぐら群へと向かいました。
⑤
11時24分、逗子市教育委員会のボランティアの説明を受けた後、
近くの高台からまんだら堂ややぐら群を見学しました。
⑥
新緑の中、山道を歩きハイランド住宅地奥にある広々とした公園「通り道公園」
に到着し、ここで昼食。
その後、2枚の記念写真を撮りました。
⑦
藤の花がとてもきれいでした。   (ita)

北尾根から田浦梅林へ

3月4日、葉山町民ハイキングが開催されました。
9時20分に、長柄交差点バス停に集合。
本日は、町民ハイク参加者9名、山楽会21名の大部隊です。
①②
逗葉新道を葉山インター方面に歩きます。
南郷で新道を渡る陸橋から、昨年オープンした
「道の駅葉山ステーション」がよく見えます。
土日はとても混んでいて、午前中は新道が大渋滞します。
③④
南郷公園でトイレ休憩の後、二子山に上る道を左に下って北尾根方面に向かいます。
一昨日の雨で道が滑るところでは、山楽会が設置したロープが役に立ちます。
⑤⑥
11時20分に馬頭観音(1820年建立)に到着。
さらに北尾根から、東電の鉄塔のところから、田浦方面に向かいます。
いつもぬかるんでいた道を「二子山山系自然保護協議会」が
丸太などで整備してくれて、とても歩きやすくなりました。
⑦⑧
小さな標識を右に上り、白赤(はくせき)稲荷に下りていきます。
ここは、最近ネットで話題になり、若い方が多く訪れるようです。
白赤稲荷の後は、一般道に下り、そこから田浦梅林にのぼります。
黙々と、いつまでも続く階段を上っていきます。
⑩⑪
ようやくたどり着いた丘で、待ちに待ったお弁当。
でも、陽射しがなく風も少し吹いて30分もいると寒くなってきます。
トイレがある「田浦青少年自然の家」に行くと、あったかいお茶
とお菓子が配られており、みんな群がるようにいただいていました。
⑫
この後、梅林で記念撮影、やっと陽射しが少し出てきました。
今年は梅の開花が早かったようですが、まだまだきれいに咲いて
いました。
みなさん、お疲れ様でした。山楽会の定例会も、今年度は今日で
終了です。                              (ina)


3月定例会(町民ハイキング)

  3月定例会(町民ハイキング)のおしらせ
3月定例会は「町民ハイキング」です。 皆さん奮ってご参加くだい。 
                                    (担当:伊東、加瀬、稲垣)

1.月 日: 3月4(土) 雨天中止
2.集 合: 9:20 長柄交差点バス停(東屋)
3.ルート: 長柄交差点バス停  → 南郷公園  → 二子山分岐 → 馬頭観音→
        白赤稲荷 → 青少年自然の家→  田浦梅林 (昼食)
        (12:50 解散)
4.いつもの持ち物に、 名札 を忘れないように。                            (shi,sa)

                                       
2017三月例会B

2月定例会

連日快晴にめぐまれ、富士山がきれいです。
 午前10時、国際村センターバス停に21名が集合しました。
今日のコース、大楠山東ー大畑橋間が廃棄物処理施設工事のため通行止めとなっているため、迂回路を取ることになります。再開まで後3年かかるとの事。

2017_2月定例会大楠山

 国際村遊歩道から階段を上り、大楠山へ向かいます。
菜の花畑は5分咲き、河津桜が淡い良い色で満開です。若木の苗はまだつぼみ。

大楠山山頂、昼食休憩。
IMG_6744


















 
 山頂から下って、鉄塔の先の分岐を左の谷へ下ります。尾根道はこの先通行止め。
IMG_6746



















 芦名ー平作道路、処理場トンネルの前に出てきます。
IMG_6747



















 県道を横断して竹林を登ります。竹林前に、ミツマタの花が咲いていました。
IMG_6748



















 竹林を抜けて砂利道を行くと山道の入り口。国道事務所からの山道に合流。
IMG_6749



















 山道を暫く行くと、大畑橋のたもと。橋は通行止めです。
IMG_6750



















 階段を上って山道を行くと、曹洞宗大善寺、衣笠権現の別当寺。
権現跡の上に、衣笠城址、物見岩があります。
IMG_6755



















 城跡の裏の山道を降りて衣笠山公園へ。山頂から横須賀中心部、房総が良く見えました。
IMG_6757



















 衣笠山から下山して病院横からガードを潜り、午後3時40分衣笠駅前で解散。
お疲れ様でした。                                    (sa)

1月定例会

 2017年1月16日(月) 0950 バス停大楠登山口 集合
      バス逗子駅9:15→葉山大道9:26→大楠登山口9:37 

  大楠登山口10時 →10:15横浜横須賀道路の地下道 (WC) →
(阿部倉温泉を巻く)→ 小川を渡る → 木段の急坂を上る →
10:45衣笠城址分岐点 → ゴルフ場フェンス沿いに歩く → 
分岐左へ巻き道、芦名口コースに合流、頂上へ向う (0.5km) →
11:05大楠山 241.3m 到着。 昼食。
  *希望者は分岐から頂上へ丸太階段(230段)を直登できます。

下山12時 (芦名ル-ト 3.1km 0.50) →12:50~13:10 安穏寺  
  *境内にある浄行菩薩は、自分の身体で具合の悪い所と対応する部分   
    をタワシで洗うと、苦しみから解放してくれると言われている。
 →13:20 国道134号大楠山入口交差点(京急ストア芦名店 WC)   
 →佐島しおさいトンネル(平成27年2月開通)(小公園WC)→佐島 漁港 
 →14時 バス停「佐島マリ-ナ入口」到着 → 解散。
 (*テラス眺望で人気の海鮮料理店「海辺」はバス停から歩2分先です)

注意箇所
*太平洋戦争のとき、山頂部の巨木(犬楠)が切り払われて対空監視所および
高角砲陣地ができました。
 爾来、山頂は丸裸。山頂の樹林が一度伐採・除根されると「山頂効果」植物生態
機能が作動して容易に元に戻りません。
*持ち物 弁当、飲み物、防寒・雨具、その他各自で必要と思われるもの。(shi,sa)

01定例会






三浦アルプス南尾根、中尾根縦走

12月3日、先週に引き続き晴天の下、山楽会12月定例会が開催されました。
9時40分、新沢バス停に集合。本日の参加者は19名。
旧道を葉山方面に少し戻ってから右折、山に入っていきます。
23
砂防ダムの脇を山に入ります。
南尾根に向かって上がっていきますが、いきなりの急斜面。
ロープを掴んで順番に一人ずつ上ります。
45
結構きつい上りの後、南尾根に到達。ここには二子山山系自然保護協議会
が設置した、立派な標識(D17)があります。
ここから、乳頭山方面に向かいます。
67
しばらく行くと標識(D16)が、ここを、森戸川終点方面に向かって
連絡尾根を進みます。ここもかなりのアップダウンがあります。
今週の雨の為、かなり滑ります。慎重に下ります。
89
最後にやや急な斜面を下りて、森戸川林道終点広場に着きます。
ここでひと休み。
その後、森戸川沿いの道を歩き、右に上がって中尾根に進みます。
「危険、一人歩きは禁止」の立て看板があります。
1011
途中陽を浴びたきれいな紅葉が。
少し行った尾根道で、早目のお弁当タイム。
陽射しが暖かく快適な休憩です。
1213
六把峠、斜め十字路には、山楽会が以前設置した標識があります。
もうずいぶん痛んでしまいました。
1516
しばらくして、東京電力の鉄塔(№35)に着きます。
この後は東電が設置した鉄製階段を上って乳頭山に着きます。
ここからは、横須賀、金沢、横浜まで見渡せます。
16-217
この後、三国峠から茅塚方面に向かいます。茅塚分岐(D9)に着きます。
左を上ると、町内最高峰茅塚(212m)ですが、今日は右に迂回して
上山口方面に下りていきます。
18-118
上山口小学校で解散。アップダウンが多く、路面も滑りやすく大変でしたが
あたたかい陽射しに恵まれて、とても気持ちがいい一日でした。(ina)


逗子海岸から披露山へ、葉山町町民ハイキング

葉山町町民ハイキングが、11月26日快晴の下、開催されました。

9時半、長柄交差点に集合。今回、参加いただいた町民の方は12名、
山楽会メンバー16名が引率します。
①②
体操で身体をほぐした後、トンネルを抜けて逗子海岸に向かいます。
逗子海岸に建つ”太陽の季節の碑”石原慎太郎が芥川賞を受賞した
「太陽の季節」誕生50年を記念して、平成17年に建てられました。
③④
海岸にある、津波時の避難経路図。逗子駅周辺は標高3.3m。周辺に
避難箇所に指定された建物が集中しています。
ハーフマイルビーチを歩いて、逗子海岸北端近くで、国道下のトンネル
を潜って披露山方面に向かいます。
⑤⑥
トンネルを出てすぐ左手に「新宿稲荷神社」があります。
ここの上の山の際が関東大震災の時に崩れ、七~八世紀の
二十数基の横穴墓が発見され、人骨や副葬品が多数発見されたそうです。
⑧⑨
住宅街の急坂を上っていくと、一番上に元石原氏邸宅があります。
その先から山道に入っていきます。
上りつめた広場に「尾崎行雄記念碑」があります。
”憲政の神様”と言われた尾崎は、昭和2年ここに居を構え
昭和29年にこの地で95歳の天寿を全うしたそうです。
⑩
披露山公園からの展望です。
手前が披露山公園住宅、その向こうが逗子マリーナ、
江の島の右の突き出た岬は稲村ヶ崎です。
披露山公園は、戦時中は海軍の高射砲陣地で、今の展望台
猿山、ソテツの場所の三か所は砲座の跡だそうです。
⑪
ここから大崎公園に向かいます。
途中、天照大神社があります。室町時代からの古いお社です。
その先の大崎公園は相模湾に突き出た岬の尾根にあり、
江の島、富士山、相模湾などを臨む絶景です。
ここでお弁当、トンビに注意です
⑫⑬
大崎公園から披露山公園方面に戻り、上り口にある
「浪子不動ハイキングコース」を下りていきます。
この道はよく整備され、気持ちがいい道です。
⑭⑮
最後の急階段を下りると、浪子不動着きます。
浪子不動は、徳富蘆花の小説「不如帰」の主人公「浪子」にあやかって
呼ばれているそうです。沖には「不如帰」の碑が。
引き潮の時に現れる磯には、国道の下のトンネルを潜ると
行くことができます。
⑯⑰
この後、逗子海岸のパーキングで解散。
山楽会には珍しい海周辺の散策でしたが、天気に恵まれ
素晴らしい景色を堪能することができました。       (ina)
⑱





森戸川林道、北尾根縦走

秋晴れの11月5日、山楽会定例会が開催されました。
9時40分、長柄交差点バス停に集合、今日の参加は13名です。
①
逗葉新道から川久保交差点を右折。
森戸川林道を歩きます。入口から終点の広場まで約40分。
木漏れ日がとてもきれいです。
森戸川林道は、春には多くのバードウォッチャーで賑わいます。
①-2②
しばしの休憩の後、森戸川を上っていきます。
左手の小さな木橋の所から本流を離れて支流沿いに上っていきます。
途中の急坂を越えて、二子山から下りてくる分岐点に着きます。
③⑥
ここには立派な標識があります。
ここから北尾根を東逗子駅方面に進みます。
しばらくするとまた立派な標識。東逗子駅分岐点、さらに北尾根を行きます。
④⑦
間もなく馬頭観音に着きます。1820年に当時の桜山村が建立したものです。
ここでお弁当TIME。今日は暖かくて気持ちがいいです。
⑫⑬
昼食後はさらに北尾根を田浦方面に向かいます。

しばらく行くと鉄塔(№36)があります。ここには二子山山系自然保護協議会
が作った立派な標識が、設置されたBOXに「二子山山系主要分岐図」が入って
います。また、A4サイズぐらいの小さいけどわかりやすい標識が。
この標識は観音塚にもあったような・・・
⑭⑮
さらに沼間方面に下ると、田浦配水場の近くに出ます。
この辺りは、旧海軍が、今の宮が瀬ダムのふもとから、横須賀の逸見までの
全長52.1㎞にわたって、1918年に敷設した「横須賀水道道」通称海軍水道、
の給排水管が残っています。
⑯⑰
このあと、沼間坂上でいったん解散。
健脚組は、その後、鷹取山から神武寺まで足を延ばしたそうです。(ina)












二子山山系一斉巡視

二子山山系自然保護協議会より、行事の案内がありました。(sa)


⒈ 主催 二子山山系巡視プロジェクト 

⒉ 実施日時 2016年9月21日(水)9時集合 少
雨実施
  それぞれのコースごとに出発して、13:00までにサクラ広場に集合
  します。(※集合後、昼食を取りながら巡視員相互の交流を図る。
  約1時間程度)

⒊ 集合場所 京浜急行 新逗子駅(海岸側改札口)

⒋ 巡視ルート(二子山山系主要分岐図参照)
   ●Aコース  集合  新逗子駅 9:00   リーダー 河野知典
     新逗子駅…長柄…川久保…南郷公園…ず10…二子山往復…
     ず9…ず6…馬頭観音…FK3…FK2…FK1…
乳頭山…D10…
     サクラ広場
     ※馬頭観音先のぬかるみを確認
   ●Bコース  集合  新逗子駅 9:00   リーダー 石井行雄
     新逗子駅…長柄…川久保…林道ゲート…葉22…葉41…
     
ず9往復…葉41…(中尾根経由)…六把峠…FK1…乳頭山…
     D10…サクラ広場
   ●Cコース  集合  新逗子駅 9:00   リーダー 長島國雄...
     新逗子駅…長柄…木の下…仙元山…葉12…葉10…観音塚…
     D16…D12…D9…茅塚…サクラ広場

⒌ 注意事項
   (1) 参加者希望者は、各コースを明記して下記二子山山系自然
      
保護協議会事務局へ申し込んでください。
   (2) 登山道・入山者・植物・動物等の状況を確認し、必要に応
      写真を撮ってください。倒木の処理等の作業は簡単なも
のに
      止めます。
   (3) 参加者は昼食、巡視員の腕章、手袋等各自準備してください。
      手ノコのある人は持参してください。

  Facebook:https://www.facebook.com/futagoyamapatrol/
  申込み先: info.futagoyama@gmail.com (担当:小菅) 9月20日まで
       (件名を「一斉巡視参加○コース希望」としてください)

9月定例会

 先日の納涼会は、生憎の天気で中止になり残念でしたが、9月の定例会を計画しました。

キャプチャ二子山1



















キャプチャ二子山2









(sa)

9月3日追記
 
 うす曇のそよ風の中、定例会に12名が参加しました。
9時30分、長柄交差点に集合して南郷公園入り口へ。ここで1名合流。
 おととい開店した「ハヤマ ステイション」を覗いて公園へ。
IMG_6712

 公園西登山口から尾根道へ。不審者ではありません。
IMG_6713














 二子山頂上、ここから先薮蚊が多いので早めのお昼。
6月に南郷中生が取り付けてくれた案内標識が見事盗られて無くなっていた。
IMG_6715














 下二子山を経由して、阿部倉山へ。未だセミの声が盛んで
野鳥のさえずりはなし。
 阿部倉山頂上の広場は広くなっていたが、周囲の林は手付かずで
相変わらず眺望はなし。作業路と作業小屋ができているので、来春は
期待できるかも知れません。
IMG_6717














 午後1時半、重忠地蔵へ降りて解散。お疲れ様でした。(sa)
IMG_6718

町づくり展

 本日、葉山町づくり展が開幕しました。図書館2階で3日まで。
d0160606_町づくり展

全体テーマが「防災」なので、ちょっぴり山の災害を盛り込みました。
IMG_6687_3
                               (sa)

南郷中学校FGC体験学習

6月20日 南郷中学校体験学習の引率指導。
ルート:南郷中学校(集合)→下二子山→上二子山→南郷上山公園(解散)

FGC体験学習とは、
南郷中学生が3年間の学校生活の中で、
地域の中の活動を考え知り、体験する学習のことである。

今回「葉山・山楽会」は『森ってなんだろね』をテーマに、
山を知り、山を楽しみ、山を守る意識を高めることを目的として
我が会の活動を体験してもらった。
IMG_4308

心配された天気も回復し、青空が顔を見せる中、
中学生5名とともに活動をスタート。

集合した南郷中学校の駐車場の中には、
約13種類の食べられる植物があるんだよ、という話に、
中学生たちは興味津々。
P_20160620_093644

南郷公園第二駐車場横から、二子山へ向かう脇道を登る。
夏の生い茂った細道は、
急な登り道で、また前日の雨で滑りやすくなっていたため、
最初、女子中学生たちは、こわばった表情をしていたが、
ようやく山道にも慣れたころには、楽しそうな声も出るようになる。
P_20160620_101950P_20160620_102533

途中、所々で山楽会のメンバーが
「森ってなんだろね」をテーマにしたクイズを出したり、
この季節に見られる植物や動物の話をしながら、
山道を進んでいく。
P_20160620_102712

P_20160620_105038P_20160620_111044

上二子山にて昼食。
山頂の展望台ではしゃぐ姿は、まだまだ純粋で可愛らしい。
P_20160620_112117P_20160620_113018


上二子山山頂では、下二子山へのコース札も設置。
P_20160620_112439P_20160620_112456

その後、途中いろいろと話をしたり観察をしながら、
南郷公園へと下り、無事解散となった。

今回『森ってなんだろね』をテーマに、その答えを考えてもらったら、
・森は生命のかたまり
・森は緑の世界
・森は自然の美術館
・森は虫の家
・森は食糧の宝庫
など中学生ならではの感性豊かなたくさんの意見が出された。

また今回の体験活動の感想を聞くと、
・地元の自然がどうなってるかを知りたいと思った
・食べられる植物が多いことを知って驚いた
・自然の緑や木漏れ日がとってもキレイ
・小さい時に家族と登ったことを思い出した
・ゆっくりと自然を感じたいと思った
といった、何とも葉山らしい素直な声を聞くことができた。

この子たちが
このような自然への興味や関心、自然を慈しむ心を記憶に刻み、
また次の世代にこの大切な葉山の自然資源を繋いでいってくれることを
切に願う次第である。

またいつでも山楽会の門を叩いてくださいね(^・^)

P_20160620_125644



(satoe)






メッセージ
記事検索
最新コメント