二週続けて好天に恵まれた、12月5日、葉山山楽会12月定例会が、
13名の参加の下、実施されました。
10時15分、木古庭会館に集合、下山川に沿って北上します。
途中の畑で、アオサギが朝食を探していました。
①集合②あおさぎ
木古庭:「城」をキと読み、「木」の字を当て、「村落」を意味するコバに「古庭」の字を当てて、
     「城の村」を意味する(出典:葉山山楽会”葉山の山歩きコース”)。
大谷戸橋を渡って山道に入ります。
ここから畠山山頂まで長い上りが続きますが、ゆっくり上ればとても気持ちがいい道です。
畠山山頂のすぐ手前には、使用されなかったコンクリート袋が、すっかり固まって放置されています。
これは、戦時中に畠山山頂に砲台を設置するために運び込まれたもの、
つまり、70年以上前のセメントです。
③大谷戸橋④セメント
畠山山頂に到着。北東方向の眺望をよくするために、灌木の伐採を行いました。
畠山(城址):1180年、平家方だった畠山重忠が三浦氏の本拠であった
  衣笠城を攻めた時の本陣。この戦いで勝利したものの、重忠は、その後、安房で再挙兵
  した頼朝に帰伏し、鎌倉幕府創業時の功臣となります。

山頂には明治31年に建立された馬頭観音もあります。
北東には横須賀港が。今年から配備された空母ロナルド・レーガンも見えます。
この空母は、横須賀に配備される前に、「トモダチ作戦」として
東日本大震災発生時に東北地方にも出動しています。
⑤畠山⑥畠山見晴し
畠山を下りて、十三峠に向かいます。
乳頭山方面への分岐を通過し、沢沿いの道を上り十三峠に到着。
十三峠は今は標識に小さく表示されているだけですが、
江戸から浦賀に向かう街道の、江戸から13番目の峠だそうです。
⑧十三峠へ⑨十三峠
そこから塚山公園方向に向かい、途中にある「鹿島台」でお弁当。
ここからの景色もなかなかでした。
⑩鹿島台標識⑪昼休み
昼食後は、三浦按針の碑から塚山公園展望台を巡って解散。
今回は、9000歩程度の比較的短いコースでした。   (ina)
⑬按針碑⑭紅葉