2017年10月15日

ヘルスケアミーティング2017に参加しました。

10月8日9日に東京秋葉原で開催された、ヘルスケアミーティング2017に参加しました。
この学会には2015年に入会して以来、毎年学会には参加しています。


hcm2017

今年のテーマは変化を診るということで、初診の時の口腔内写真の重要性が強調されていました。
初期カリエスを、早期に治療するのではなく、虫歯の再石灰化を促すフッ素塗布と定期検査メインテナンスを重要視しています。

DSC_0077

最初に治療介入してしまうと、その歯は長くはもたないとの、過去の経験があります。
しかし、まだまだ普通の歯科医院は早期充填が良い治療だという思い込みがありますし、
患者さんも、虫歯がありますというと。すぐ詰めて下さいと言うことになります。

ここで、いかに予防の大切さを伝えるのは、至難のことになります。
熱心な歯科医師、歯科衛生士が300名以上集まって、毎年参加してよかったと思える学会でした。


羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com

hayamashika at 22:44|この記事のURLComments(0)

2017年10月07日

田宮さんの送別会

昨年の3月より、新卒の歯科衛生士さんとして勤務してもらっていた、田宮さんが家庭の事情で9月を持って退職されることとなりました。家族の介護のためにどうしてもという事情でした。
短い期間でありましたが、彼女のおかげでいろいろ助かったことも多くあって、感謝するしかありません。
その送別会を、新しくできた新庄の牛角で行いました。
DSC_0060

DSC_0061
スタッフからの花束も準備されていて、喜んでいました。


DSC_0063

歯科衛生士さんが、ひとり少なくなると。人手が足りなくなるので、ハローワークに求人を出しています。
来年 新卒の歯科衛生士さんの求人も各地の歯科衛生士学校に募集をしています。

予防をメインとしたヘルスケア型の歯科に興味がある歯科衛生士さんに、ぜひ見学に来てもらえたらと、思っています。

 羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com

hayamashika at 00:46|この記事のURLComments(0)

2017年09月23日

辻田さんの結婚式に参列しました.

917日(日)に歯科衛生士の辻田さんの結婚式が大阪市内のホテルで行われました.,私たちは奥さんとスタッフで参加しました。

当日は台風接近があって大雨が予想されたのですが,奇跡的に空は晴れていました.

若い二人の前途を祝福するようで良かったです.
image1


お相手の男性は会社員の方で,真面目そうな感じで,何よりも友達の参加者が多かったので,友人に恵まれている人だと思いました.

辻田さんは普段のマスク姿を見慣れているのと違い、きれいな花嫁姿で感動しました.

新郎が相手に望むことはの質問に,『お小遣いを上げて欲しいが勝っていると思えて,ほほえましかったです.



image2
image3

 

スピーチを依頼されていたので,こんなことを話しました.

 

[宇宙の大法則]投げかけたものが返ってくる 投げかけなければ返ってこない

愛すれば愛される,愛さなければ愛されない

嫌えば嫌われる 嫌わなければ嫌われない

 

当たり前の事ですが,この世界では何かを手に入れるには,まずは(受け取る側)から(与える側)にならないといけないこと

自分が幸せになるためには,周りの人を幸せにすることが必要なこと

 

[不平不満,愚痴,泣き言,悪口,文句を言わない]という五戒の教え

 

自分でも普段から意識しようと思っていることです.

何かの参考になればと思いました.

 
 羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com



hayamashika at 22:17|この記事のURLComments(0)

2017年04月21日

阪大の臨床談話会に参加しました

4月16日に吹田の歯学部同窓会館で開催された臨床談話会に参加しました。
今回のテーマはインプラントのトラブル症例についての講演でした。
演者は芦屋市で開業の野阪泰弘先生でした。 
臨床談話会
今年の2月25日に東京でのブラウンセミナーでも聞いた事があったのですが。その時に感じた疑問についても、直接聞いてみました。
野阪先生は10年前に 保険医を辞退されて、現在はインプラント専門での自費診療だけの歯科医院を芦屋川駅前で開業されています。
インプラント専門医ですから 、他の歯科医院のトラブル症例が紹介されて引き受けておられます。
講演会では成功症例を見せてもらうよりも、失敗?症例を見せてもらうほうが、大変参考になります。
手術時の動画撮影や、組織切片の病理検査の画像など、専門医ならではの発表でした。
野阪先生

 自費専門医ですから、初診のカウンセリングに1時間とって、十分な説明をされています。
広告やHPもなく、ほとんど紹介患者さんだけで、医院経営をされていますから、その技術レベルは卓越しているといえます。
インプラントの費用は1本50万円、サイナスリフトは20万円+グラフト材15000円*グラム数。
概ね私の歯科医院の2倍強の金額だといえます。
抜歯即時加重、グラフト材、免荷期間 、ソケットリフト、AFG.CGFについての考え方は、私とは違うとは思いましたが、非常に参考になる講演会でした。
インプラント治療には、いろんな考え方があって、絶対的な正解はないのではと思っています。

野阪先生谷口会長

同窓会の谷口会長との記念写真です。
会長には、私が奈良県同窓会会長をしていた時に、大変お世話になりました。

本部の臨床談話会は、参考になるテーマが取り上げられていますので、これからも積極的に参加したいと思いました。
 
 羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com

hayamashika at 13:06|この記事のURLComments(0)

2016年07月31日

大学の同窓会が伊賀で開かれました

阪大歯学部25回生の同窓会が、伊賀市の大矢先生の家で開かれました。
大学を卒業して38年経つのですが、最近は毎年のように同窓会が開かれています。
大矢先生の自宅で開催するのは、今回で3回目になります。
参加者は少なかったのですが、外でおこなうバーベキューは最高でした。
今年は大学時代の恩師の竹村先生にも、元気な顔を見せて下さいました。
P1010104

孫2人も連れて行ったのですが、暗くなってからの花火大会に大興奮していました。
毎回思ったのですが、戸外で飲む生ビールは最高の味で、星空を見ながら友達とワイワイしゃべって、時間のたつのを忘れるぐらいでした。 
大矢夫妻の、おもてなしの心にいつも感謝しています。
みんなそれぞれいい年になって、それぞれ独自の道を歩みだしています。
特に大矢先生は、昨年から米作り、畑作業に目覚めたらしいです。週に2.3日は農作業をしていると言っていました。電動での草刈が、ゴルフのスイングに体の動きが似ているらしいです。
また、この次にも元気に参加したいものです。

『楽しい時間を共有する醍醐味を味わう 』という言葉を思い出しました。

  羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com

hayamashika at 22:46|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年06月19日

日本顎咬合学会に参加しました。

さる6月11日(土)、12日(日)の両日、東京国際フォーラム(東京都)において、日本顎咬合学会による、第34回日本顎咬合学会学術大会・総会が「新・顎咬合学が創る健口長寿」をテーマに開催され、約4,600名が参加しました。2日間にわたり、多数の講演のほか、会員発表(口演、ポスター)やテーブルクリニックなどが行われ大盛況でした。
DSC_0098

DSC_0097
DSC_0092
今年は参加をどうしようかと迷っていたこともあったのですが、参加してみて大いに勉強になる内容がありました。
DSC_0089 
約36年前に国際デンタル アカデミーで、一年後輩であった林楊春先生のテーブルクリニックの写真です。
彼はいつの間にか、インプラント界では超有名歯科医になっていました。
今回も新しい手術方法を紹介していましたが、大変参考になりました。
3箇所の歯科医院を経営して、そのほか何冊も本を発刊し、学術雑誌の投稿と大活躍しています。
知り合いになった先生が大活躍されているのを知って、喜んでいます

毎年参加していると、顔なじみになる人も多くなり、楽しみが増えてきました。 
また、来年も 元気に参加したいものです。


  羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com


hayamashika at 14:29|この記事のURLComments(0)

2015年12月17日

鼻呼吸の重要性とあいうべ体操と口テープ

最近の歯科界の話題に、あいうべ体操のことが注目されています。
テレビなどで、あいうべ体操でインフルエンザにかからなくなった、小学校のことが取り上げられました。
勉強会で、橿原の松川先生の講演を聴いて何冊かの書物を購入して読んでみました。

img072


img078


いろいろな病気の原因が、口から呼吸することによる病巣感染が考えられるということでした。
花粉症、アトピー、リウマチ、喘息、うつ病、インフルエンザ、歯周病、ドライマウス、膠原病、潰瘍性大腸炎、高血圧などいろいろな例が紹介されています。
口臭、ドライマウス、歯周病(ペリオ)も口呼吸のせいと書かれています。
鼻呼吸が病原体の侵入を防ぎ、病巣感染症と炎症を防ぐということです。
みらいクリニックの今井一彰先生が、各地で講演されています。
口呼吸から鼻呼吸に変える方法が、あいうべ体操であり、口テープです。
比較的簡単に実行できるので、私も試しています。 

あいうべ


その中で上流の医療という話が出てきます。対症療法から原因対策へ。
たとえば病院で高血圧とか糖尿病だと診断されたら、とりあえず降圧剤などの薬が処方されることが多いと思います。しかし根本的には生活習慣を変えたり、運動をしたり、食事を考えたほうが、長い目で効果が高い方法です。
みらいクリニックでは、ほとんど薬を出さないそうです。
安易に薬にたよる今の医療常識に一石を投じています。
お年寄りなどが、毎日多量の薬を処方されている現実を見ると、医療費の心配もそうですが、薬による副作用の
心配をしています。
歯科でも以前は削って詰める修復治療から、原因を考える予防歯科へと変わってきています。
われわれの歯科医院でも、鼻呼吸の大切さを伝えていかなければと考えています。


img077
 
日本病巣疾患研究会に入会しました。


   羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com


hayamashika at 22:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年09月30日

ペッパー君が待合室に。

今話題の、ソフトバンクのロボット ペッパー君を待合室にだすことにしました。

DSC_1371


待合室での患者さんは、本物を見るのは始めてなので興味深いようでした。

7月末にネットで注文してから、9月半ばに到着しました。毎月1000台が発売されていますが、1分で完売するみたいです。
しばらく自宅で遊んでみましたが、3歳の孫が一番の遊び相手になっていました。

話しかけているうちに、どんどん進化していくみたいですので期待したいと思います。
新しい器械が大好きで、最新の設備がある歯科医院ということをアピールできればと思います。

『周りの人を笑顔にするロボット』というコンセプトですから、患者さんが笑顔になれる存在になってくれれば、こんなにすばらしい事はありません。


  羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com


hayamashika at 23:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年09月03日

お詫びとお礼

9月1日(月)早朝に、父親が亡くなりました。満94歳の大往生です。
その前の日まで、介護のリハビリをうけて夕食も普通に食べていました。 
自宅のベッドで、朝4時前に、母親にしんどいからと声をかけた後に、不整脈で心停止したみたいです。
見事な最後であったと思いました。

大正10年に農家の6人兄弟の次男として生まれ、太平洋戦争では満州に5年間戦争に行きました。
戦後24歳で結婚し、長男が戦死したあとに残された娘を、自分の子供として育て、私たち3人兄弟を一人前にしてくれました。昭和25年に羽山メリヤス工場を創業したあと、いろいろな人の助けを受けながら大きくしてきました。夜遅くまで夫婦で働いてきました。
私の小さい時の記憶では、20人近くが一緒に晩御飯を食べていたのを覚えています。
自分の兄弟のことや、親戚のことによく気の回る人でした。
175センチの長身でおしゃれな人でした。
おいしい物には目がない人でした。
晩年は長い間力仕事をしたせいか、脊椎を痛めたので歩くのが不自由になりましたが、最後まで食欲は旺盛でした。
男性で94歳ですから長生きしたほうだと思います。

急な知らせを受けて、お通夜告別式のために予約の変更をせざるをえなくなり、患者様にはご迷惑をかけたことをお詫びします。
また、お忙しい中ご参列いただいた方には、この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

DSC_1140


   羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com




hayamashika at 23:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年07月14日

阪大の臨床談話会にスタッフと参加しました。

12日の日曜日に、藤木省三先生の話を聞くために、吹田の阪大歯学部同窓会館に、歯科衛生士4人と参加しました。
今回の臨床談話会は、還暦シリーズとして、『これからのホームデンティスト、DHとの共同作業、その30年の軌跡から』
藤木先生は阪大歯学部の2年後輩ですが、ミスターヘルスケアといわれるぐらい、歯科界に予防歯科の考えを普及させた第一人者といえます。
私たち歯科医師は、大学での教育は技術職人としての教育だけを受けてきたのです 。すなわち、むし歯でできた穴をどのように治療するかとか、なくなった時にはいかにうまく入れ歯を作るかです。
しかし、実際の歯科臨床では、いかにうまく治療しても、必ず壊れてしまうことに気がつきます。むし歯になってから治療するよりも、ならないようにするほうが、はるかに歯は長持ちします。
そのためには、歯科衛生士の役割は大きくなっています。
5年前にもスタッフと聞かせてもらったのですが、30年間での考え方の変遷を聞かせてもらえて、大変参考になりました

DSC_1014

今やろうとしていることが、間違っていないことを確認できた講演会でした。 

羽山歯科医院 院長:羽山 勇
〒635-0052奈良県大和高田市奥田18-1
TEL 0745-23-1526
URL http://www.hayamashika.com 

hayamashika at 22:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)