葉山たけし Official Blog

day after day Takeshi Hayama Official Blog

帰って来た関西人てか

こんなんやってしまいました!

立ち見のお客様が出るほど沢山のご来客を頂いて本当に感謝しています!ありがとうございました!!先輩、友達、後輩のみんな、ありがとうございました!!
本来なら我々がウシャコダさんの前座を務めさせていただくべき立場でしたが、我々の都合で後にやらせて頂きました。ウシャコダさん、ありがとうございました!

お客様、ウシャコダ、ジャニスの皆さん、そして関係各位に厚く御礼申し上げます。
写真は後日また!

Live Infoみんな久しぶり!
この日はあの頃に戻って
「Bluesだぁ! Boogieだぁ! Yeah!」
と存分に楽しませてもらいます。

Music Club Janus 心斎橋

バンド練習

リハーサルと言うより”れんしゅう”?
というかあの時のノリを思い出す感じだな?
えっ、RHは今日で終わりなの!?
まぁ、それぞれ仕事もあるし仕方ないか。
でも、面白くなりそうな予感はあったな。

元々ブルースなのにパンクっていうか勢い勝負のバンドだったので初めて見る人はその覚悟で来てくださいね。出来は「神のみぞ知る」ってか…。

その昔、『もうだめさ』をカバーしてくれてます。

忘れられないあの頃のこと

 春頃Mに電話があったそうな。やっぱあの頃のことは忘れられないよなぁ。たまり場のあの楽器屋には楽しいバンド仲間たちでいつもいっぱいだった。楽しかったことしか覚えてないな。そしてあれからそれぞれ色々あったんだよなぁ。
 それにしても当時の仲間達の多くは何らかの形でまだ業界に残っているんだけど、それって凄いことだよねぇ。そう言えば今日の受付は正真正銘,4軒となりの幼なじみ、Make Upの松澤君だった...。彼も今は大阪なのかぁ。頑張って後進を育ててるらしい。
 昨日はその頃の仲間の何人かと連絡を取り合った。みんなあの頃に戻ったようで...。「子供の頃の顔が見えてくる」って...。
 あの頃の思い出は大切にとってきたい。でもきっと僕らはあの頃からずっと時代か何かに乗せられて、と言うか騙されてと言うか、バブルとか崩壊とか走り続けた挙げ句に転けてを繰り返して来た感じだ。そしてこんなに酷くなった今こそが、自分自身をイニシャライズする良い機会なんだろう。ま、うまくイニシャライズ出来たらまた歩き出そうか。今度はゆっくりと。皆のこと見ていてくれよ。

おつかれさん。

 今日も大阪滞在中のねぎ坊と「メシでも」と梅田で待ち合わせしてた。ビル風がぴゅーぴゅー風が吹いて寒いこと。携帯が鳴ったので「来たかな」と思ったら訃報メールだった。えー、もう逝っちゃったんかぁ。あれから全然会ってなかったんだけど、つい先日人づてに「最近良くない」と聞いたから思い切って”あの頃”の友人を連れて見舞いに行こうと思って今日明日みんなにメールをしようと思ってたのに...。
 あの頃...。最初に会ったのは高校一年か二年の頃だったかな。きっかけは何だっけ?覚えてないな。それまで一切面識がなかったのにお互いの噂を聞きつけていつしか知りあったんだと思う。それからしばらくの間よく遊んだな。何をして遊んでたんだろ?それも思い出せないな...。勿論バンドはしたけど。覚えてることと言えば...。おまえの家には防音カーテンに囲まれた部屋があってそこにピカピカのすんごいドラムセットがあってさ。高校生であんなセットを持ってるヤツは他にいなかったから「凄いなぁ」とビックリした。他のヤツらは殆どGS世代のお下がりを引っ張りだして使ってたから...。おまえ、それからおれをほったらかしにして一人でずっとドラムを叩き続けてさ。だからおれは早々に帰ったんだよ...。そんなことやらどんな曲でも「ドラムソロをやりたい」と言ってたことやオーバーオールのジーンズをよく着ていたこととか思い出す...。
 それから...。友人M宅によく来るようになって。Mの近所に好きな子が出来てさ。実はその子とおれは幼稚園のころ一緒にピアノを習ってたんだけど、確かにその頃から美少女だったわ...。で、おまえはMの所に遊びにきてるくせにMとその子を取り合いしてさ。でも...。まっことに残念ながら、おまえらの思いとは裏腹に、ふたりとも、はなから、全く、ぜんぜん、ちっとも、相手にされてなかったよな...。それがおれらにはおかしくておかしくて。マジかなり笑えたぞ。
 出会ったときからおまえはハードロックが大好きでおれはルーツ系に興味があった。それからそれぞれ思い通りの道へ進んだけど、何でも興味を持ってしまうおれと違っておまえはハードロック一筋だったな。がんばって続けてそれでビルボードにチャートインするなんて凄いことだ。少しだけ早く幕が下りてしまったけど、後生に語り継がれるくらいの偉業を成し遂げたんだ。本当によくやったよ。
 おつかれさん。
 

葉山整形疑惑!?

 同窓生の一部に「二重まぶたになっている」と言う整形疑惑があった!?ただ単に少しまぶたがたるんだだけなんだが(笑)。そんなに変わってないんだけどなぁ。ま、なんせ会うのがウン十年ぶり。皆は子供の頃の写真と遠い記憶しかない訳で...。それにしても色んな事を思い出すもんだ。
 この前同窓会に出たときの気持ちを書いたが、かえってビデオを見たら同じような気持ちを「風のガーデン」と言うドラマの中で中井貴一さんが演じていたのですごく驚いた。ドラマの病気云々の設定はともかく、あれは故郷を出て濁流に飲み込まれそうになりながら必死に生きている人に共通する思いなんだろう。
 まぁ、人生いろいろ。故郷に帰る人も帰らないも人それぞれ色んな事情がある。帰りたくても地元に帰ること自体に抵抗や障壁があるとか、仕事的に難しい場合もある。僕の場合は元々大阪で仕事をする事など考えられなかった。ま、早い話がメーカーやマスコミ始め何もかもが中央に集中していたから地方に仕事は殆どなかったんだ。だから東京へ行った。僕らのようなミュージシャンの選択肢はそれしかなかったんだ。
 以前から書いている事だが、何もかも東京一極集中の弊害は行政とかの固い話だけじゃない。音楽等の文化面でもある。何でも東京にあるという事は、当然地方のミュージシャンは東京を向くことになる訳で、「東京で認められる作品を」と言う流れになるのも仕方のないことだ。それは一方でその地方独特のオリジナリティがどんどん薄れて行くことを意味する。このような状態は間違いなく文化の活性化を著しく害する。しかし残念ながらその流れでここまで来たのは間違いない。
 幸い地方のオリジナリティが全くなくなったという訳でもないようだし、今やインターネットと宅配便があれば世界中どこに住んでも音楽の仕事ができるようになった。少しだが地方在住のままメジャーな活動をするアーティストも増えてきた。とりあえずは良い事だと思う。

同窓会っ!

 ウン十年ぶりに高校のクラスメートと再会した。男女各10名。先生も参加されてにぎやかなこと。あまりに久しぶりで少々緊張していたんだけど、すーっと皆の中に入っていけたことに自分でも驚いた。当時へワープしたって感じかな。先生はいつまでも先生だったし、アイドルはアイドルのままだし、面白かったやつはやっぱり今でも面白い。と言うかみんな変わってないっ!
 「同窓会やるよ!」って言われた時には「どうだったっけな?」と思い出せなかった様なことも、いざみんなの顔を見てみるとそれから糸をたぐるようにするするとどこかから出て来た...。と、同時に「きっと僕は大事なものを忘れてたんだなぁ」と。思い返せばあの頃から今までずっと突っ走って来たって感じだから。いつもいつもぴりぴりして生きて来たわけで...。
 だから「学生時代はこんなに良い人たちと過ごせて幸せだったんだなぁ」とつくづく思った。昨日はみんなからすごく元気もらえたよ!ありがとう!でもまだ話足りないな。また誘ってね!あっ、でも答えにくいことは聞かないように。

photo:Andy@靭公園 一夜明けて冷たい雨がざーざーと。楽しかったゆうべと雰囲気違い過ぎ。さみしいよぉ。081124_Andy

東京は広いなぁ

080528_midtown.jpgその昔。上京して代官山の山の中腹くらいにあった小さな窓から東京タワーがそれなりに見える古いマンションに住んだ。10代からライブやデモテープ作りで上京しては原宿や六本木や飯倉片町辺りに連れて行ってもらってた。当時”そのあたりの東京”は”しゅっ”としていて(スマートの関西人的表現)かっこ良かった。僕はいつしかその”しゅっ”とした東京に憧れていた。だからちょっとくらい無理をしてでも都心に住みたかったのだ。そのうちにバブルが始まって広尾辺りににょきにょきとマンションが建ち始め、小さな窓の東京タワーはテトリスに囲まれるような感じでかろうじて見える程度になってしまった...。
 まだ原宿セントラルアパートにオフィスが残っていた70年代末期からバブルまでの駆け足に比べたら、”失われた10年”があったとは言え今の東京はかなり停滞している気がする...。ミッドタウンやヒルズなど再開発された所は良いんだけどその周辺がね...。
 地方からの押上げがない中央などはただ弱って行くばかりだ。神奈川県民の時にさえ「東京一極集中だな」と思っていたくらい首都と他地域の格差は激しい。集中した富でいくら立派なランドマークを創ったってそれが地方へ何らかの形で循環しなければその潤いは一時のものになる。今のシステムで分配したってその意図がねぇ...。とにかく豊かさが循環し、それが持続する日本を創ろうよ。

photo:ミッドタウンのとあるオフィスに挨拶に伺った。30何階だっけかな...。やっぱり広いな東京の街は。”しゅっ”は昔程は感じられない。
twitter
Archives
Recent Comments
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ