お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。





新年です


明けましたね。
せっかく新年明けて初の投稿なのに地味な写真。

今日ほんとうに重かった。
雨だし色々きつかった。

IMG_3846

午前中自分の稽古に広い場所を借りた。
朝一は寒いけど清々しい

IMG_3847

この部屋の畳はかなり年季が入っており着物に畳のささくれ?がはいりまくる。
公民館あるあるですかね?


今ほしいものは着物自動たたみ機です。
あと、足袋洗い機。

それと、じぶんの腰から下を取り外せて、じぶんでじぶんの足を思う存分揉みたい。
踏んでもいい。いや、踏めはしないのか!
でも取り外したら頭と離れるから気持ちいいとかないのかな。


今年もよろしくお願いします。


雛の会 大忘年会準備


今年も開催、大忘年会。

子供たちへのプレゼントと、じゃんけん大会の賞品準備がわたしの楽しみです。

子供たちへのプレゼントはお菓子🎁


オーガニックとか自然食品派の親御さんがおられたら卒倒されそうなラインナップ。
渡した瞬間お稽古やめそう。

IMG_3445
IMG_3446

キツネの絵にお揚げさんの写真に、
「キツネなし!」って意味わからん。。。

IMG_3447

メッセージカードをつけて、おしまい!!!

今年は13袋作ったよ。

100袋作れる日が来るといいなあ(笑)


じゃんけん大会の賞品は

超高級ティッシュ(クリネックス至高)
平成饅頭
よーじやハンドクリーム
プチ全種類!

の4種類!!!


敬老会


子供たちが敬老会で踊りました。

4歳のりょうちゃん初舞台✨
頑張りました。
初めてのお化粧におっかなびっくり?でも嬉しそうでした。


IMG_1898


FullSizeRender

知らない誰かに喜んでもらえる舞台の経験ってなかなかないのですよ。
良かったね!

お世話になったみなさまありがとうございました。

毎年、うちの先生につかせていただいていたのですが、ここ最近は仕事が重なり、わたし1人で行かせていただくことも増えました。

3人分のお支度、時間の配分や会場での采配、まかせていただける責任と緊張と、、、わたしにとっても勉強させていただける場、先生に感謝です。。。




平成31年 各流派合同新春舞踊大会


お知らせ。

平成31年 各流派合同新春舞踊大会

9月にあった予選を受けて参りまして、このたび本選への出場が決まりました。

1月21日(月)夜の部 6番目

荻江 鐘の岬

です。

年始のお忙しい時期ではありますが、お出かけ下さると嬉しいです。
2日間どの部のチケットもご用意出来ます。

コメント欄もしくはFacebook messengerにてご連絡下さいますようお願い申し上げます。


IMG_3468
IMG_3469

美化希望


小学校4年生の男の子、自分で角帯を締めています。

IMG_9839
IMG_9832


お稽古のときはお互い汗だくでわたしもドロドロなのですが、思い出はいつか美化されて美しくなるものだから、彼が60歳くらたこうして角帯を締めながら、ああ、これを教えてくれたあのときの先生、素敵だったなあ〜なんて間違って思い出してくれるといいなあと期待しています。

IMG_9838

お稽古頑張ろうね。

彼が60歳まであと50年.....!

ギリギリわたしも生きてたりして....( ꒪⌓꒪)


お茶のお稽古にみんなでお出かけ。


夏のはなし。


とある真夏のある日。
踊りのお稽古に来ている子供たちを、お茶のお稽古に連れて行きました。
お茶の先生に半年前からお願いして、準備と、コツコツおしたくを揃えて。。。 

常々、感じていること。

お弟子さんたちに、日本舞踊だけじゃないいろんな日本の良さを吸収してほしい。そして、いろんな世界を楽しめるお友達を作ってほしい!
もちろん芯になるものはしっかり持って、その上で、よいものをたくさん見て。感じてくれたら。

そんな機会を作れたらとずっと夢見ていました。

毎月とはいかないので、春夏秋冬、しつらえの変わる年に4回だけでも茶道の世界を見せてあげたいと思います。
快諾してくださった先生に本当に感謝しています。そしてこの試みに協力してくださる親御さんに感謝です。
今回来れなかったり、人数の関係でお声がけ出来なかった子たちもまた誘いたい。そしていつか大人チームも。。。

先日、活字業界の友人とも話したのですが、近ごろ、「良質なもの」に触れる機会が無いと。身の回りのものはもちろん、文章も。
なんでも100円均一で揃う世の中で、お稽古ごとを通して、おそるおそる手にするものへの尊敬や、謙虚な気持ちを持っていたいと私自身も自分を省みました。


IMG_0226

はじめての、煙管(キセル)

IMG_0142

踊りでも、使うことがあるよ、と話したら、持ってみてもいいですか?と恐る恐る、、、

FullSizeRender

持ち方を教えたらすぐにお調子にのる

IMG_0135

お軸の拝見も

IMG_0118

夏のしつらえの中に身を置くという体験だけでも有り難い時間でした。

続けていけたらなと思います。




習うという字は


習うという字は

「羽」という字が入っているのだけど

雛鳥が一生懸命、羽を広げてはばたく練習をするところから、「習う」という字ができたんだって。



ほうほう。


なんかいい。

自分が雛なだけに、ますますいい。


2歳さんに、終わりのご挨拶のあと、「おててをきれいに」と教える5歳さんと7歳さん。
IMG_1360

いや微笑ましいです。




もう年末だというのに

はう!もう年末じゃないですか・・・・・

9月末の花柳会中国支部の桜芸会から日記を更新してないという。。。

清元「萬年喜猫」(まねきねこ)
無事に終えました。
応援くださった皆様、ありがとうございました。
台風直撃の日でして、来れなかった方もけっこういらして。。。
お天気ばっかりは仕方ないですね。

FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


可愛い猫に、なれたかな。。。

IMG_2127
お弟子さんたちは可愛いですって言ってくれたからそういうことにしておこうっと。

先生方と、浦島の多貢くんと独楽の多耶広さん。
IMG_2115


同じく9月にありました長唄のお稽古場の浴衣会もなんとか弾き終えました。
京鹿子娘道成寺
でした。
長かった・・・・・(´;ω;`)弾いても弾いても終わらない

FullSizeRender


IMG_1773

くどきのところは永遠に覚えられないんじゃないかと思ったよ。


長唄のお稽古は今は供奴です。
踊りは舞台のお知らせがありまして、また書きます!



あっという間に過ぎた、怒涛の9月でした。

夏だったのに、もう冬だよ。



〜浮世はすべて猫かぶる 人の心の猫撫で声〜

遅くなってしまったけれどお知らせ

9月30日(日)広島にて
清元「萬年喜猫」(まねきねこ)を踊ります。

仔猫かと思えば化け猫になったり、、、
花魁に飼われたり芸者に可愛がられたり、、、

時代や場所を移り変わりながら色んな猫を踊ります。

〜浮世はすべて猫かぶる 人の心の猫撫で声〜

みなさんに福を招くようがんばります。
よろしくお願いいたします。

40307918_2009970972396935_1363471903947227136_n


主催:花柳会中国支部

一部、二部 入れ替え制です。
チケット 一部、二部それぞれ3000円
(ご入用の方はfacebookメッセンジャーよりご連絡くださいませ)


広島JMSアステールプラザ
広島県広島市中区加古町4−17

アクセス
◆広島電鉄江波線 舟入町駅から徒歩  ◆広島電鉄宇品線 市役所前駅から徒歩 ◆山陽本線 広島駅からバス吉島営業所行または吉島病院行で加古町下車


IMG_0560


がんばるぞ。


お獅子

とある祝賀会にて祝舞をおつとめいたしました。

IMG_8590


立派な控え室とお食事〜
IMG_8533


なか志まやさんのお着物でした。
IMG_8560



ほんとうにびっくりしたのですが、踊り終わって控え室に戻るエレベーターの中で、結っていた髪の右側が、バラバラっと落ちてきたんです。ピンが飛んだのか・・・
もし、踊っているときに崩れていたら・・・青ざめました〜〜

そして控え室でお獅子を箱にしまっていたら、あれ、なにかがおかしい、、、
お獅子の口の中の、右側の紐が切れていました。

最後まで無事に踊れるように、お獅子が身代わりになって護ってくれたのかも。
痛かったよね。ごめんね。

IMG_8587


IMG_8586


帰ってからしっかり、修理しました。

ありがとう。



自髪で踊るときは、これまで以上に、気をつけねばと思いました。




そういえば


↓ 愛用品

ウテナ マトメージュまとめ髪スティック スーパーホールド 13g
ウテナ マトメージュまとめ髪スティック スーパーホールド 13g

まとめたあとに、これを塗って目の細かいブラシでなでつけるとまとめ髪が本当に綺麗になります。

お弟子さんに教えたら喜ばれたのでご紹介〜〜









上映会

(これまた過去、5月頃の振り返りですが)
お弟子さんみんな自分の舞台のビデオを一人で見たくないというので(笑)
舞台の後、ビデオが出来上がると、いつも上映会が開催されます。

IMG_0562


舞台の前後が近い人はお互いに観られなかったりするので、改めてお互いの踊りや緊張感を味わえて楽しい時間です^^

いつもお家を提供してくれるYさんありがとう〜!


自分のビデオ見るのってほんとう緊張しますね。。。

あ、やっぱりここダメだったなとか

ダメなところ確認、つまり傷口に塩を塗る作業・・・

痛みが激しい!

回り花


お茶のお稽古で扱ったお花記録



回り花

IMG_9710

七事式
且座

IMG_0494


お花を扱うお稽古はいくつかありますが、お花が好きなのでそのお稽古が特別嬉しいです。

季節の花を手にとって、清々しい朝です。

1枚目
カシワバアジサイ、どくだみ
2枚目
秋海棠、小菊、ジュズサンゴ




うちの先生


うちの先生。
と、お稽古場のお庭。

IMG_8865

奇跡の〇〇歳。
若すぎる!綺麗すぎる!

踊りのおかげで元気でいられる!っておっしゃる。

踊りを続けていたらこんな風になれる!かも!と思うと、嬉しい〜。


先帝祭の写真


今更ですが、、、
5月3日 先帝祭の写真。

今年は、師匠が三番太夫さんの介添、わたしは四番太夫さんの介添をおつとめさせていただきました。


四番太夫の花柳之紫苑さんと、師匠、うちのお弟子のお稚児さん達。
今年はお稚児さん、禿さん、官女さんとお弟子さんを出させていただき、てんてこ舞いでしたが、わたしはもちろん、皆本当によい勉強をいたしました。

IMG_9303


四番太夫の花柳多耶広さん。可愛い妹弟子さんです。
禿さんは、小倉教室のMちゃん。遠くからお稽古毎日がんばりました!

IMG_0439


官女の瑞穂ちゃん、紫がよく似合います。
お弟子さんから官女さんを出させていただくのは初めてでしたので、嬉しい反面わたしもとても緊張しました。踊りも難しいですので、、、
よく頑張った!

IMG_9566


こちらはリハーサル

IMG_9246


ゴールデンウィークの下関市は、全市をあげ、何日もかけて全力で安徳帝のお慰めに心を砕きます。
敗者に優しい町、下関。
市民の1人として、そして携わっている日本舞踊を通してご奉仕させていただけることは、本当に有難いことです。

平家の女官が参拝をしたことに起源する上臈参拝は、日本舞踊をお稽古している女子がお勤めし、太夫が華ではありますが、私たちにとってそこが到達点ではありません。

華を支える役目として、師匠から渡されたものをしっかりと受け取りまた伝えていく責任があります。
この写真は、私が、先生そして大先生からご注意を受けながら道中に出発する寸前の様子です。

お弟子さん達がしっかり想いを受け継いでくれたらと思います。


IMG_9308


来年も晴れますように。






いろいろあったスタイル

ジャンルは違うのですが、いつもとても納得させられる内容で、よく拝見しているブログがあります。
そのブログの記事を今日はご紹介します。

バレエしかしていないバレエダンサーは一流になれない : 札幌の悩めるバレエ・フィギュアスケート・ダンサーの為の情報箱


数年前からわたし自身がよく考えていることだったので、とても共感しました。

この記事は、バレエの内容ですので「しかしていない」ではないことに注目する理由として、身体能力や基礎体力についてが大きなテーマではあるのですが、心の豊かさ、表現力やコミュニケーション力の面にもあてはまっていて、、、

例えば、生け花をお稽古してきた人が、茶道の道に転換しても、心の豊かさはそのまま役に立つのはもちろん、茶道だけを学んで来た人よりもむしろ幅広い知識で活躍が出来るかもしれない。
ちょっとざっくりした?説明ですが、簡単にいうとそういうことです。

昔はよく(この日記にも書いていましたが・・・)幼い頃から踊りをしていないことを嘆いたりしていましたが、今でこそ、自分は自分でよかったと本当に思っています。

もちろん、踊りに特化した表現力や体の使い方などを身につけるには、早くから踊りをしていることに越したことはありません。そのぶんたくさんの演目や人、仲間に出会えるのも幸せ。人とのご縁は宝物になりますし、その環境、水に馴染むこともその人を作るだいじな糧になります。
今お稽古に来ているちびちゃんたち、その上で、それだけではなくて、色んな文化や学びに触れるといいなあと思います。
乱暴な言い方ですが、技術的なことはある程度は大人になっても努力すれば身につくことも多い。でも、心の豊かさや感受性、素直な心は、やはり子供の頃から育まれることは大切だと思います。
踊りを学ぶのはもちろん、踊りを通して、日本の良さを通して、心そのものを豊かに育んで欲しい。
そういうことにたくさん触れさせてあげたい。
もし踊りと途中で別れることがあっても、きっとほかのことに役に立つときが来る。
踊りのためだけに踊りをしていると思わなくてよい。学びってもっと豊かなもの。

踊りそのものとの出会いは遅かったけれど、幸運なことに、わたしの家族はたくさんの本や冒険や出会いによってわたしの好奇心や感受性をあらゆる方向に育ててくれました。

やりたいことが定まっていなくても、身体的にも、器械体操やヨガなど取り組んでいてもよいと思います。

それらは全て、いつかまとまった力になるときが来ます。


少し、話は違うのですが、いつかかなり以前に、この日記に、幼い頃に踊りに出会えなかったことを辛く思うということを書いた時に、ある踊りのお師匠さんが、「小さい頃から踊りをやっている、という話は、実はそう大したことではなく、みんなが好む神話のようなもの」と話してくださったことがあります。

結局は、そのときの自分、それからの自分がどうあるか。もちろんタイミングや環境、見極めもあるかもしれませんが。わたしが一番幸運だったのは出会いに恵まれていたこと。
だけど良い出会いは、求める行動から生まれる。
踊りとの出会いは遅かったわたしでしたが(23歳)、踊りよりも遅くに始めた長唄や茶道のお稽古では、踊りで学んだことがやはりとても反映されていると思います。


今でも、「子供の頃からこの道ひとすじ」というスタイルはとても眩しく格好良く感じますが、「いろいろあってここまできた」という自分のスタイルも今はとても気に入っています。

もしあの頃のわたしのように悩んでいる人がいたら、いろいろあってそこまできたあなたの力を、信じてあげてほしいです。


IMG_8954



10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。