お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。

2005年09月

師匠の気持ち。

本番当日のこと



なにかをてらったわけでもなく、思いがけず今日のタイトルと記事のカテゴリがなんかいい感じ?になってしまった。タイトルを打った後、今、気付いた。「師匠の気持ち」「弟子の気持ち」。


わたしは、すぐ、師匠の気持ちが移ってしまう。

師匠が悲しそうだったら自分も悲しくなるし、師匠が嬉しそうだったら自分も嬉しくなる。
そして、師匠が緊張していたら、自分も気が張り詰める。
師匠のノリがいまいち悪かったら、気になってしょうがないし、無理にはしゃいだり。


たぶん、わたしだけじゃないと思う。お弟子さんって、みんなそうだと思う。


そして、・・・・・わたしは、それで、前に、ものすごい失敗をした。


その時のことを書くのは辛いので、黙っていたほうがいいのかもしれないけど、あえて書こうと思う。
その時の経験で、あみちゃんを励ますことが出来たから。続きを読む

ひいふぅ〜みいよ〜。

長唄「京鹿子娘道成寺」。

わたしの持っているCDは、コロムビア邦楽特選21、というCDのもの。
このCDが大好きで、普段もよく聞きます。

踊りの振りが好きっていうのとは別。とにかく唄が好き。

この唄の中の、

「一イ二ウ三イ四ウ」のところが大好き!

なんでかわからないけど、好き!
この後の、「夜露雪の日〜下の関路も〜」までいくと、また巻き戻したりする・・・

一緒に唄ってみたりして「う〜〜んやっぱりいい〜」って身をよじる(笑)

で、その後の、「仲は丸山」でちょっと遅くなるところも好き!

「本物の舞台芸術体験事業」−日本舞踊−

北九州芸術劇場

平成17年度 子ども文化ふれあいフェスタ
文化庁
「本物の舞台芸術体験事業」
−日本舞踊−


大変。

知らなかった。こんな行事があることを。今日、知った。偶然。
これから(秋〜冬)にかけて、舞踊公演も多い季節だから、観に行けそうな舞台はないかな〜って色々探していたら見つけてしまった。
しかし、明後日が公演日(T^T)
で、早速、北九州市文化振興課に電話してみましたが、もう席はいっぱいだそうです。
電話ではいまいち、どんな公演なのかわからなかった・・・
子供達に体験をしてもらうのかな?大人は駄目なのかなあ?
当日駄目もとで行ってみようかな?
う〜〜〜

すっごい近いのに!
どうして、こういう情報が早く入ってこないのかな?
芸術劇場は、けっこう色んなことをやっているみたいなので、今後ひんぱんにチェックしよう・・・

どなたか観に行かれる方がおられましたら、感想を聞かせてください(T^T)

可愛い船頭さん。

08cbe4f9.jpg←現代風船頭さん。
今日は午後も仕事になっちゃったので、お昼休みにお稽古に来た。ご飯が食べられないけど、3時過ぎにおやつ食べればいいや。
ってなことで、夕月のみ。

台詞が・・・。かっこよくない(T^T)

先生が、「可愛いねえ・・・」とクスクス笑っておられる。もちろん誉めてない。しかし、怒ってるふうじゃないので、ほんとに可笑しいんですね・・・(_TдT)

「ん〜〜〜可愛い船頭さんやね」

「オーーイ あたるあたる」

あたりそうじゃないらしい・・・。

出だしの歩き方も難しい。こういう踊りは師匠の得意分野。出来ないのは嫌。絶対うまくなってやる!

女系家族 最終話を見逃した方!

どらま・のーと: 女系家族 最終話


すっかり見逃したわたしです。最終話。
といってもそもそも見始めたのが最後から三回前だったので、思い入れもなにもないのですが・・・

先日、日本舞踊の家元の役が出てるらしい、ということで話題にして、それからの興味だったので〜〜案の定、ラストを見逃す始末。

で、気になるので、検索したら、あらすじを詳しく教えてくださるページがあったので、リンク貼ってみました☆
見逃した方、どーぞです!

それにしても、あんな師匠は嫌だな・・・つーか・・・髪を切れ〜い!(好みの問題だが)
舞台ではオールバックにするんだろうか・・・

公式HPの説明には、

>踊りの稽古をつけるときは、女のようなたおやかさで舞い、艶かしい色気が溢れている。

とありますな。
一方的な日本舞踊へのイメージですよね。

もちろん、高橋さんが悪いわけでは全くありません。演出?が悪いのかなー。
でも、悪人だからなー。
ほんとにリアルにお師匠さんに作ってあったら、逆に許せなかったかも?はずしてるくらいがいいのかな。

オーイ、取り舵!

せ、せりふがやばい・・・・・。

自分が音痴なのは知っていたが、台詞は気合いでイケるかと思っていた。
イケなかった・・・・・(T^T)

先生の言われるのを聞いていると、すごくよく響いて、かつ「遠い」。大声でないのに、とても遠くまで聞こえそうな声だ。一段上に響いている感じ?
「オーーイ」の「ーー」の部分が遠〜〜くに響いてる感じなのだ。

うちの先生ったら。

・・・・・せりふも素敵。

以前、連獅子の「宗論」をなさった時も素敵だったが。
やっぱり、こういうキリッとしたの、似合うなあ〜〜〜〜〜

ってデレっとしてる場合じゃ無かった(T^T)

わたしがやってる台詞なんだった・・・

あと、手拭いもかっこよく巻けない。鉢巻にするところも、泥棒かむりするところも、ただのっけるところも、焦っちゃってもーなんかものすごく変。

センセが随所で笑いをこらえてるのが薄々分かる・・・。

わたしのこの踊り(夕月)、センセにとっては笑いのツボがたくさんあるみたいだ・・・( ̄− ̄メ)






花柳仲登嗣先生。

花柳仲登嗣〜はなやぎなかとし〜【日本舞踊中】:類は友を呼ぶ


わたしの、「困った時の姉頼み」的存在である花柳仲登嗣先生。
仲登嗣先生は、同門の大先輩でもちろんお師匠さんでいらっしゃるのですが、歳がお若くて、的を得たことをビシビシ気さくに言ってくださるので、何度もやり取りさせていただいているうちに、「姉ちゃん」「姉ちゃん」とわたしが勝手に親しみを込めて呼ばせていただいている次第です。
こんなこっちゃいけないんですけど・・・(*゜▽゜)ノ
ごめんね姉ちゃん。

思い余って直接電話をしたりしたこともあったけど、姉ちゃんの日記を読むと、自分の気持ちが整理されてスッキリしたり、日記に答えを見つけることもあったりします。

わたしは、姉ちゃんの、真面目で、自分自身といつも戦っている所が、大好き。

わたしは、姉ちゃんが日記に書いたように、自分の師匠の背中をいつも見て、師匠のようになりたくて、真似して真似して必死についていこうとしているけど、それは師匠に対してだけじゃないよ。
姉ちゃんの背中も見ています。

混乱。

今日は、2時半の「汐汲」に滑り込みセーフ。それから自分の「夕月」の稽古で、その後、ちょっと稽古場を抜けてまた戻って来て「北州」。それから旦那の「助六」をはさんで(これはまだ振り入れの段階なので入るのは遠慮)、「廓八景」で終わり。

抜けてる間に「松の緑」があったので、本当は居たかったんだけどどうしてもの用事で諦めた。

今、「松の緑」「廓八景」「北州」と同時に稽古させていただけているのが本当に面白い。
段階を踏んでいるのがすごくよく分かるのだ。続きを読む

頭が痛い〜

イネ科花粉の季節ですね。頭が重くて痛いです。くそう、花粉め・・・・・。
コーヒーをがぶ飲みして稽古に出掛けます。(なんか、コーヒー効く気がする。)

行ったらすぐに「松の緑」が始まっていたのでサクサク着替えて仲間入り。
六拍子がわからなくなって師匠に呆れられる・・・・・
しかし、今やってみてもなんか怪しい。あ、あれ・・?続きを読む

やぞう。

夕月で「やぞう」っていう手の格好が出て来るのだが、「やぞう」ってそもそもどういう由来でこの名前?と思って、ネットで検索してみた。
「やぞう 日本舞踊」
で。

そしたら、日本舞踊の世界には、○○ぞう、っていう名前の人がけっこう多いんだなあ、ってことがわかりました・・・・・・・
10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。
    • ライブドアブログ