お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。

2006年07月

「六段」最後の稽古。

8742929b.jpg順番待ちの控室でお相手の佳弥蝶さんと。とうとう最後の稽古終わるまで注意を頂戴しましたが、踊り終えてご挨拶の礼の顔をあげると…大先生が「頑張ったね」とホロホロと涙を。私達も泣いてしまいました。

20キロの壁。

空港で預ける荷物(でっかいスーツケースとか)は20キロまで、機内に持ち込む手荷物は10キロまで、ってことで、必死に荷造りしてきましたが・・・。

どうにもこうにも、スーツケースが、衣裳と着付け小物、そういった「道具もん」だけですでに20キロになるんだよ〜〜〜!

自分の身の回り品(着替えとかまで)は、全部、手荷物?!

そんなあ。

スペイン側が、衣裳等の荷物を、小包として発送させてくれなかったのです。

中味が「着物」となると、高価なものになり、スペインは荷物の入国の際に税金がものすごくかかるらしい。中味の価値の30%の税金が取られるとか。
手荷物で持ってくれば、それは無いから・・・自分達で、全部、持って来てくれと。

琴の人は、琴は発送してもらえるってことで、琴を入れた箱にいろいろ自分のものも詰めたらしい。

踊りだって。

荷物がたくさんあるんです!(大声)


ああでもない、こうでもない、ってことで、軽量のスーツケースに取り替えたり、パズルのようにして、やっと荷造り完了。

宿泊施設に「無い」と言われたシャンプーやリンス、洗剤などの生活用品は、最終的に着く空港などで買うしかないかな・・・。
現地にはお店が無いので。
それか、かなり店が遠いらしいけど、なんとか買い出しに連れて行ってもらうか。それをお願い中。


なんとか荷造り終わったので、あとは明日の午前中〜、家を片付けて、午後に出発。

福岡に一泊して、15日にまずは成田に出発です。

まだ居ますよっ!

今日、ふつうに稽古に行ったら、師匠に、

「あれ、あんたマダおったん。」

と言われました・・・。

出発は14日です。

そうなんです。

顔師さんも床山さんも衣裳さんも、
それどころか、師匠も同行されない、しかも県の担当者も帰りに迎えに来るだけで行きと日程中はお世話係りもだ〜〜〜れも居ない。

居るのは一緒に行くお琴の演奏者さん2人と尺八の方1人。
そして、スペイン国内では、スペイン人の通訳さん1人。

そんな状態の1ヶ月なんです。

踊りに関しては、
踊る本人達2人だけ。続きを読む

瑞々しい感情。

「Hide's Mail」

サッカーの中田選手が引退するそうですね。

わたしはサッカーにとんと疎く(何人でゲームしてるのかすら分からない)、好きも嫌いも無く、中田選手にも興味が無かったのですが、昨日、職場の男の子に頼まれて、ヒデのホームページを見ました。
ヒデの最後のメッセージを読みたいので、自分のうちでインターネット出来ないのでそれをプリントアウトしてきて欲しい、ということを頼まれ。

そして、プリントアウトするために、なんとなくヒデの綴った文章を読んでいて、ある部分を目にしてハッとしました。

ーーーーーーーーーーーー

プロになって以来、「サッカー、好きですか?」と問われても
「好きだよ」とは素直に言えない自分がいた。
責任を負って戦うことの尊さに、大きな感動を覚えながらも
子供のころに持っていたボールに対する瑞々しい感情は失われていった。

ーーーーーーーーーーーー


中田選手がプロとして過ごした年月は10年。

彼のメッセージは、心を打つものがありました。

わたしは何かのプロでもなんでもないけど、中田選手の「瑞々しい感情」という表現に、胸を突かれました。

まゆげよ・・・。

今日は自分の顔を描く稽古だった。

眉毛がヤバイ・・・。

もちろん全部、難しいけど、眉毛と、目の端の「ぽてっ」と赤を置くのに苦労する。

あの、赤の、「ぽてっ」と感がナカナカ・・・。

顔師さんは、あの赤たしか指でされてたと思うのだけど、すごいなあ。

眉毛も、描き過ぎて、捕手みたいな眉毛に。もしくは大名。
それって男じゃん・・・。

足りないお化粧品を週明けに買いに行く事に。1カ月で白粉どのくらい無くなるんだろう。無くなったら買いに行けるわけじゃないから、多めに持っていかないと?

それより、大変なことに気付いた。


向こうに、「姿見」が無いかもしれないよね。ホテルじゃないんだから。もちろん、鏡台とかも無いだろうし。

姿見を抱えていくわけにもいかないし、鏡のかわりになるものを探さないと!
ミラーシート(フィルムみたいなの)とかあるのかな?

ごめんねえ!

なんだか「下がりっぱなし」な日記を書き続け、さらに励ましのメールなどをそのままにし、色んな方に心配をおかけしてます〜。

絢也ちゃんごめん。メールとかさんきゅう。

メールの返事をしようとカチャカチャ打ってると、「やっぱここ、違うなあ・・・。」ってなって、買いては消し、消しては書き・・・・・もう・・・。

でも、だいぶ、上がってきた。気持ち。

日曜日のツボ合わせも終わり、一段落。

しかし、ツボ合わせで判明・・・思いもよらん事実があ!

なんと、「六段」と「お江戸日本橋&さくらさくらメドレー(勝手に命名)」の二曲を、続けて踊る事になっていた!!!

前回の話し合いでは、その二曲は別々の日に踊る事になっていた。そもそも、「六段」は男と女で2人立ち。「お江戸日本橋&さくらさくらメドレー」は女の2人立ち。

続けて踊るって。

しかも間がなくて、二曲くっついてる状態。

・・・・・。


どうやって衣裳、変えるんじゃ〜〜い!!!(ノ゜?゜)ノ


あたしは「六段」でも女だから、衣裳そのままでもマダいいけど・・・。連れ舞いの佳弥蝶さんは、「六段」では紫の付け下げに後見結び。
そのまま「さくらさくら」を女で踊れるわけがない。踊ったらオカマよオカマ!オカマが駄目なわけじゃないよ!いや、しかしそういう問題じゃ・・・。


お琴の方が、「引き抜きとかは・・・」って。
(引き抜き=踊りの途中で着ている着物を一瞬にして引き抜いて、下から別の衣裳が出て来る)

もちろん、無理です。そんなことが出来る(人数&予算)なら、もっとすごい曲で、すごい舞台になってます。
いや、それ以前の問題・・・。


スペイン行きのメンバーは、お琴2人、尺八1人、日本舞踊2人。

わたしたち踊りの2人は、一ヶ月の公演の間、お化粧も、着付けも、髪も、なにもかも、2人でやるのです。

そのために、踊る予定にしていた「六段」「お江戸日本橋」「さくらさくら」「藤娘」という曲の支度(髪、着付け、化粧)まで必死に稽古してきたのです。

そ、それが・・・・・。


一週間前にして、どうなる???!!!



10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。
    • ライブドアブログ