お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。

2007年08月

長唄杵勝会『九州公演』  

長唄杵勝会 演奏会情報/最新情報

26日の日曜日は、福岡市の電気ホールであった長唄の会に出掛けて来ました。
お三味線の先生がご出演なさったのです。
番組も面白く、他の出演者の方や、助演の方も素晴らしい方ばかりで、ものすごく楽しみにしていたので、張り切って朝から出掛けました。
電気ホールのお尻が痛くなるあの固い椅子に、朝から晩まで座ってました。。。

うちの先生は、「連獅子」のタテ三味線でご出演でしたが・・・・・・


とにかく・・・・・


先生、かっこよすぎます(T^T)

nagauta

音も姿も目線もなにもかも好きです
大先生ご兄弟に挟まれて(って分かる方には分かる)、その間で静かな存在感 
そして、とにかく安心して座っていられました。
大先生も、最後の船弁慶のときは特に、なんだか「侍」て感じで、いや、武士?う〜ん、とにかく胸が痛くなるほど素敵でした。

第二部はプロの方ばかりの演奏で、舞台も凝っていて、鷺娘では真っ白の毛氈に銀屏風。演奏を聴いていて、何故か、踊りを見るときよりも心臓がどきどきしました。


勝三郎「連獅子」、初めて聞いたのですが、わたしがいつも踊りの方で耳にしている連獅子と違って、鳴り物さんの聞かせどころが無いみたいでした。あの、獅子が出て来る前の、タ、ポ、(でいいのか?)というあの間の緊張感の部分。
それとも、今回はそれを端折ったのかしら。唄とお三味線が主ってことで・・・
こんど先生に聞いてみます。

踊りの会では、どんなに良い会でもどこか1、2曲は睡魔が襲ってくることがあるのですが(ごめんなさい)、何故か、今回の長唄の会では目がぱっちり。

それにしても長唄の男の人の唄声って本当に素敵ですね。
側で唄われたら、涙が出ますね、きっと。
とくに今回は声のきれいな方ばかりで、うっとりしちゃいました。


そしてそして、お三味線って・・・美しいですね。
お稽古のときに、先生に、「無駄な動きをしないで!」ってよく注意されるのですが、その理由がよく分かりました。


長唄って、本当に華やかで、良いなあと思いました。
邦楽って、やっぱり心に響きます。
常磐津や清元の会があったら、行ってみたいです。


そして、お稽古、、、、、もっとがんばろう(T^T)

会場では、あげちゃんとユリさんにお会いしました☆
あげちゃん・・・なんか綺麗になっとった絶対なんかあるばい・・・。

9月9日はあげちゃん&ユリさんが同じホールでなんと長唄「娘道成寺」の演奏!
う〜〜ん今から楽しみ!!!

おや?

「おや」
が言えない(T^T)

短い台詞が一番難しい。

台詞に自信が無いから、その辺りの踊りもヘロヘロだ。

そのあとの、「聞いたようだよ」のあとの間、地方さんの音が取れるんだろうか、自分に・・・。かなり不安。ここって、きっかけは自分だよね?「聞いたようだよ」でトンしたら、地方さんのホッが聞こえるよね?あー(T^T) 初めての地方さん・・・。

常磐津さんは、無茶苦茶かっこいいから、自分も、かっこよくなりたいなあ。。。

なんか弱気な日記やね。

家紋クッション?


家紋クッション


楽天をぶらぶら見ていたら、「家紋入りクッション」というのを見つけたのだが、歌舞伎の役者さんの紋や日本舞踊の流派の紋がたくさんある。

しかし・・・・・
その中で・・・・・

どうしても、花柳流の紋は、納得がいかないのだが、こんな紋、ありました???

定紋と替紋があるはずだけど、どちらもこんなのじゃない。

お店に突っ込みを入れるべきかどうか・・・・・

他にも間違ってんじゃないか?怪しい・・・。


長唄杵勝会『九州公演』  

長唄杵勝会 演奏会情報/最新情報


8月26日(日)
『九州公演』 
午前11時開演 福岡電気ビル(地下鉄七隈線 渡辺通駅下車)
「鶴亀」「船弁慶」「吾妻八景」他
勝三郎、勝国他杵勝会員多数出演
入場料:4,000円

リンク先にプログラムがあります。
かなりスゴイ!番組です!!!
ほんと〜〜に聴きこたえがあります。

お三味線の先生(杵屋勝宣絵先生)が連獅子に出られます。

当日は張り切って朝から行きます♪
お近くの方、行かれる方、会場でお会いしましょう〜〜〜☆

シェフズ米。

052e353b.jpg



今日は、先日、和風生活日記のほうでも紹介したシェフズ米をお稽古場で炊いて、みんなでおにぎりにして頂きました。
AちゃんとSちゃんと、Sちゃんのママと、先生の台所でニギニギ。
お試しパックが届いたので、お稽古場にひとつ持って行ったのです。。。
本当においしい!

Sちゃんのママが、「前にやず○のこういうのを頼んだことがあるけど、あれはあんまり美味しくなくて・・・抵抗あったけど、これならすごい美味しい!」って♪
かなり評判良いです。
うちでも炊いたのですが、冷めてからがまた美味しくて。冷ご飯に塩をふってそのまま食べても美味しい〜〜
お稽古場の気に入った皆で一緒にお取り寄せすることになりました♪


十五穀も入ってるなんてスゴイ・・・
雑穀米ってどんなのかと思っていたけど、こんなに美味しいなんて知りませんでした。
一合に大さじ一杯混ぜるだけ。

栄養満点。
白米だけのご飯と比べて、
カルシウム・・・12倍
食物繊維・・・11倍
ビタミンB1・・・4.8倍

大人になってカルシウムなかなか取れないから、重宝するかもです。




≪送料無料!!≫1,000円ポッキリ!

がんばろう〜〜〜

水曜日のお稽古、いろんなタイミングが重なって、いつもは会えないメンバーが昼間に勢揃いした。
今、名取試験のお稽古中のNさん、男舞に挑戦中の「松の緑」のMさんとMちゃん、憧れの「藤娘」に苦戦中のYさん。

自分のお稽古が終わっても、納得いかないところや間が取れないところを控え室で浚ったりしている。
Yさんは、どうしても「わしゃ のせられて〜」から「ふみの〜〜かただの〜〜」のあとの「お、お〜〜」でトントンするところの振りに間に合わなくて、座って文を書く所から入れ込みの所まで頭の中がくちゃくちゃみたい。焦ってしまって、手の表裏が逆になったり・・・ その気持ち分かるなあ〜
控え室であんまり一生懸命な様子に、ついつい「もしよかったら一緒にやってみよう」と声をかけてしまった。

もちろん、わたしに出来る事は振りをそのまま浚うだけなんだけど、何度かやってるうちにYさんが出来るようになったときは「ああ〜〜〜(間に)入れるようになったねえ!」一緒に大喜びしてしまった。

声をかけて嬉しい人と、嬉しくない人が居ると思うので、わたしはあんまり自分から声をかけない。ここは、こうしたら覚えやすいんだけどなあと思ったり、こうしたらやりやすい、と思ったりしても、、、滅多にかけない。偉そうな気持ちでも、意地悪な気持ちでも、なんでもなくて・・・・・その人が、どこまで一生懸命か分からないから、声をかけにくいのかも・・・・・だから相手から聞かれたら、一生懸命応えてしまう。でも、Yさんは見ていて一生懸命やろうとしてる様子が痛い程分かったので、思わず・・・

松の緑のMちゃんは、ぴちぴちの19歳♪振りもよく覚えているし、踊りが大好きみたいで可愛い。Mさんはやっぱりこれまでの経験が踊りによく出ているなあって思う。目に力があるし、、、
試験の稽古を朝からずっと詰めていたNさんは、だんだん手が技巧的になってきて、フトした動きが自然で慣れてきて、やっぱり打ち込んでいる人は上達するんやなあって・・・

みんなみんな、上達して行く。
わたしもがんばろう〜〜〜〜〜





チョモランマ。

「このお江戸エ」
なのだ。
「このお江戸へ」
じゃない・・・(TДT)。
ていうかこの際今はまだ「このお江戸へ」でもいいからせめて少しでも小股の切れ上がった女の雰囲気よ、出てくれ!

あああ、台詞のチョモランマだ(上がれない高い山・・・)。


今日は大先生のお稽古。

鳥追いの稽古を始めたとき、「粋」に「スッとした」というイメージが頭の中で先行して、自分の勝手なイメージで
・膝を折らずにのびる
・あまり首をネーしない
という思い込みで踊って、逆に「色気が無い」「面白くない」さらに「何やってるか分からん」さらにもっと「踊りじゃない」とコテンパンに言われました。

その後、腰を入れる所はキチッと入れる、膝を折る所は折る、覗き込むところやしっかり首を動かす所もハッキリと、とメリハリや動きを意識して、最初よりだいぶん動けるようになってきて、「見ててだんだん踊りの意味が分かってきた」と言われるようになった段階でした。


が。


今日、大先生のお稽古では。


「うーん・・・。動き過ぎヨ。」


はうっ(T^T)!


これは、動く事が悪いという事では無く、わたしの動きが変なせいで、しっくりきてないから、動き過ぎに見えるってことなのです。


それから、細かい目線や、肩の向き。


大先生が隣に立って下さり、振りを繰り返し、
「こうして、こう。こうして、こう。こうして、、、こう。ネ?」
と言われて・・・・・
真似をしようとして、でも体が動かず、、、

「は・・・ハフー(´・ω・`)」

と意味不明のため息が出て(しかもけっこう大きく)その場に居た人の爆笑を買ってしまった。

おすべりで、トンしながら回る所が多いのですが、それがとても難しい!!!

いつもいつも、どんな踊りを稽古しても思うのだけど、ほんと、この曲で舞台に立ったことがある、あなた!!!あなたはスゴイ!
どうやって、乗り越えたのか?こんな難しい踊り・・・。
10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。
    • ライブドアブログ