お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。

2010年10月

あると便利なものシリーズw

最近シリーズ化?してきましたが、、、
あると便利なもの紹介。

オークション見てると、

「あっ安い!使えそう!けど似たのもってる・・・」

ていうことけっこうあるんですよ〜。

そういうもの見つけちゃうと、人に教えたくなるなる♪


今回はこれ!(テレビショピング風)

締め切り間近!

◆《なごや帯?》落ち着いた水色 桜の地模様◆

今、わたしが見てる時点で500円。

ポリだけど、桜の地紋が花柳ぽくてお稽古にはぴったり。

あったら便利に使えそう〜〜
けど、同じようなの持ってるのよね・・・。

いちにちにちぶワークショップ最終日


のこされ劇場≡ web
の皆さんが中心となって開催されている
えだみつ演劇フェスティバル2010
の一環として
「いちにちにちぶ」ワークショップが月に一度開かれており、このたびが最終日でした。
関係者のみなさまお疲れ様でした!

d63fd5dd.jpg
枝光アイアンシアターは、北九州スペースワールドのすぐそば!
ビルの谷間に、ジェットコースター!
分かるかなあ?

5e3d48c5.jpg
手作りの幟が可愛いでしょ!
これからも和の趣を大切にしてほしいです〜

66e03b85.jpg

公演が終わって、送り出しに来てくれた劇団のみなさん。
おすましバージョン。

b339c362.jpg

行かないで〜バージョン!

劇団のみなさんは、うちの先生の指導で月に何度かお稽古をされています。
団員の一人Mさんは個人的にお稽古に来られています。
そのお稽古の成果がしっかり実を結んだ舞台&ワークショップでした!

枝光演劇フェスティバルはまだまだ続いていますよ!
お近くの方はぜひ、チェックしてください〜

ホラー・ザ・カムロ

いつもの日記
http://blog.livedoor.jp/erii/archives/52102701.html
のほうに先に書きましたが、今年も秋の恒例、観光キャンペーンが始まりました〜

で、うちの社中から禿でRちゃんとSちゃんが二人出るのですが、夜の赤間神宮でのイベントのため、舞台に明かりが漏れないように、楽屋は本番中は真っ暗!にするんです。

それで、、、

師匠がいないときにホラーごっこ。

Rちゃんと。
78fd208c.jpg


Sちゃんのおすましがまたホラーちっく。
70892eff.jpg


怖い!怖すぎる!座敷童にしか見えん!!!
宿題するな!
76769b2e.jpg



離れるとさらに怖い。
6f59b345.jpg


こんな感じで毎週土曜日がんばっております。

羽衣イン、あいぱっど。

もう7、8年前?になるかと思うんですが、福岡で博多織の織元さんのイベントで躍らせていただいたことがあります。

そのとき、同じように会場にいらした能楽師の大鼓方Sさんとご縁ができました。

その後、兄上と呼んで、折に触れ色々とアドバイスをいただいたり、はたまた叱られたり?、飲みに行ったりご飯を食べたりと近しくさせていただいているのですが、、、

今お稽古中の常磐津「松廼羽衣」は、ご存知お能の作品が元になったお話。

これまたすぐに「あにうえ〜今度の踊り、羽衣になったよ〜」と報告し、お稽古の合間を見てはお話を聞いたりしています。

以前、浅妻船をお稽古したときも、鼓の持ち方と打ち方を教わりました。

ただし、娘道成寺のお稽古のとき、ちょうど珍しく福岡で道成寺がかかるからおいで、と言われたんやけど・・・
お能は乱拍子だけで20分近くある・・・と聞いて「無理」と言い放ち行かなかった不勉強者のわたしです・・・。


わたしが踊りを勉強する中で、本当にお世話になっている方です。


踊りの演目は、大抵がどこかお能に繋がります。


清元「北州」にも、歌詞の中に藤原定家の和歌が詠みこまれた箇所があるのですが、お能の「定家」にも同じような箇所があります。

お能の歴史は古いですね・・・


で、先日、出張で近くまで来ていた兄上をひっつかまえてご飯を食べながらお能と踊りの話など。

羽衣のお能の譜本。
なんとipadに入ってましたー!

うーん古典にして最新。
34c6b8d7.jpg

長い、めちゃめちゃ長い〜〜

わたしのほうは常磐津の歌詞を持っていきました。
「短いな。ずいぶん違うもんやな」
と言われ、謡曲からの引用が多いと思っていたわたしには意外な反応。

「天人の五衰、ちゃんと調べたか?」

「五衰の姿、あらはれて、、、のところ。おしょさんに聞いただけ。まず頭につけている冠の花が打ち萎れていくんやって。振りもそう」

「冠の花が萎れるまでだとまだ死なないよ。5つ目までいくと死ぬ。天人にとっては我々の想像もできないほど辛い苦しみ」

天人の五衰には五つの意味があり、死の兆候を表す。

天人五衰 - Wikipedia

美しい天人からしたら耐えられない姿やろうな。

だけどまず、「美しく」ないといけないね。

何にも犯されない美しい姿で苦しむからこそ「いたはし」くなるんよな。

話が盛り上がってきたところで、新幹線の時間になり、お開き。


e722a8e4.jpg
兄上が持っていた「恋の重荷」というお能の譜。小さいバージョン。かわいいね!

内容は、綾の鼓に似てると思った。

重荷の絵が、痛々しいな〜

bdb1c238.jpg
最近、お稽古はなるべくお太鼓。気持ちが静かになり「大人」になるから。うまくいえないけど。


10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。
    • ライブドアブログ