お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。

2011年09月

「釜山舞踊祭」

22日〜26日まで

「釜山舞踊祭」

に招待していただき、参加して参りました。

応援してくださった皆様ありがとうございました。

314712_219892581404792_100001521552488_644142_1783560751_n


304095_219894104737973_100001521552488_644145_513198557_n(1)


長唄新曲「獅子の乱曲」
連獅子の後シテを抜き出したような演目です。

師匠が手獅子のしころを袷にするよう頼んでくださったのですが、振りやすかったです。

踊っているのは下浚いのものですが、載せました。
本番は撮影できなかったので、、、

本番は白塗りで、帯は後見結びにしています。

DSC00282

立派な会場です。

開演前でまだガランドウですが、始まってからはほぼ満席でした。
DSC00283


他の出演者の皆様、韓国の伝統舞踊、創作舞踊、モダンバレエなど、、、それぞれ釜山の舞踊家さんはみなさんとてもレベルが高いように感じました!
わたしももっと勉強したい!
DSC00288

終演後みなさんと。

また行けるようにお稽古に励みます。

応援してくださった皆様ありがとうございました。

花柳の流儀の帯が三色揃ってしまった。
わかるひとにはわかる・・・
DSC00267


最後になりましたが、お世話になった現地の皆様、ご関係者の皆様、そして一緒に参加させていただいたメンバーの皆様、そしてそしてお師匠様方、本当にありがとうございました。

おじいちゃんおばあちゃんありがとう

日記を少しお休みしておりましたが、久々に書いてみました。

杵勝会の追善も無事に終わり、長唄のほうは来月の邦楽協会の邦楽大会に向けてのお稽古です。
こちらは少し替手が入るので今からいろいろ調整があるみたい(今はまだ先生の頭の中)。

踊りは、明後日22日から26日まで韓国の釜山市で行われる「釜山舞踊祭」の招致で、長唄新曲の「獅子の乱曲」という演目を踊ってきます。
この曲は連獅子の後シテを抜き出したような曲で、手獅子を持って踊ります。お扇子を使ったクドキの部分もありますが今回は分数の関係で抜いています。

大先生のお弟子さんと一緒に踊らせていただきます。

さて。

昨日は敬老の日。

町内のおじいちゃんおばあちゃんにお稽古場の子供達の踊りを観てもらいました。

最後の仕上げ、手におしろいを塗っています。
奥に師匠が!
-6


敬老会ということでMちゃんの「お駒恋姿」、HRちゃんとHちゃんの従姉妹コンビは「紅葉の橋」。
-7


たくさん拍手をいただきました!

おじいちゃんおばあちゃん、ますますお元気で、来年もまた一年成長した子供たちの踊りを観てください。

終わって先生とぱちり。おつかれさまでした!
-8


10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。
    • ライブドアブログ