お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。

2013年08月

肝心の三下り


来月、長唄の浴衣会です。

昨日の稽古で師匠から肝心の「三下リからの替手はあきらめた」と言われたわたしですが、あと10日間で生まれ変われるやろか(゚◇゚)ガーン 

1170881_587417114652335_500749524_n
三下りからを諦めるってどんな菖蒲浴衣やねん


いつも踊りの稽古終わって帰ると22時過ぎ頃、それから家のことと貧しい食事と明日の支度を済ませると、もう一日が終わりを告げようとしちゃうのですよね。

そこから三味線の稽古しようとすると、ものすごい気持ちを奮い立たせないとなかなか手が伸びない・・・。
さあ、と思って畳に座布団、その上に座ってそのまま寝てることとかあります(ひどい)

いや、これはもちろん言い訳なんやけど、、、

子供の頃、ピアノの稽古を毎日しないといけないのをサボってせずに、(行くと弾けずに怒られるから)どんどん稽古に行きづらくなって、そのうち受験とか理由をつけて行かなくなった・・・のパターンを思い出して苦笑いしてます。


長唄に対するこの姿勢の甘さときたら・・・先生申し訳ない・・・


さあ、気持ちを奮い立たせてがんばろう〜




手拭い


f8d9628c.jpg

西小倉のvoiceartの寺井さんとこに、額装をお願いするものがあってお店に行ったら、、、

自分の手拭いが飾ってあった!

何年か前の舞台に来てくれて渡したものを入れてくれてたらしい。しかも何年も。

気づかんやった!寺井さんありがとう!ピシーとアイロンしてあるのはさすが!


来年、鷺娘を踊るときは、新しい柄のものを染めたいなー


10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。
    • ライブドアブログ