お稽古日誌。

花柳 多智雛と申します。 日本舞踊・長唄三味線・茶道 のお稽古の日々を綴っております。

2013年11月

お扇子

これまで舞台で使った扇子など。

c9f97723.jpg


お稽古用の扇子は消耗品ですのでいちいち箱にしまうことはありませんが、舞台用の扇子はこうして大事にしまってあります。

自分は踊っていない演目のもので、先輩からいただいた扇子もありますね。。。

たまってきたので、ちゃんと整理しないとな〜と思いながら出来てない・・・

きちんと中身を書いた紙を貼って分かるようにしたいんですよね。
つい、持ってるのを忘れて借りたりしちゃうので。
あふれてきたので、ちゃんとした棚も欲しいし。

ほんとに、やりたいことがいっぱい。
主に片付けですけど・・・

今、寝室や仏間でばらばらに保管している着物や踊りの道具類、を一つの部屋にまとめたい!

今の環境をアレンジするよりも、引っ越したほうが早いんやないかって思ったりする(涙)


うちの先生はとても整理上手で、帯揚・帯締類は色別にグラデーションで保管、着物も帯も用途別、それはもうきっちり整理されています。
おかげで私は「あれもってきて」「あれ出しといて」と言われてもすぐ分かります。
誰が見ても恥ずかしくないようにしておくのって良いことだけど、日頃からしていないと難しい!


3つの言葉

我が家にずっと飾ってある色紙。

先日、ふと気になって調べてみました。
ってずっと知らんやったんかい!

色紙の日付は1975年。
わたしが生まれたときに書いてもらったものです。


2acb6a48.jpg


(ちなみに額は母の手彫りです)

四字熟語が三つ書いてあり、

開巻有益
為善最楽
貴在有恒

かいかんゆうえき
いぜんさいらく
きざいゆうこう

・本を開けば必ず得るところがある
・善いことをするのが何よりも楽しいことである
・続けることが貴いこと

という三つのことらしいです。
いたってシンプル。

だけど父らしいなあと思いました。

いつもはこういうことって普段の日記のほうに書くのですが、

「貴在有恒」・・・続けることが貴いこと

この一文がお稽古に通じることがあって、じ〜んときたのでこちらに書きました。

昔、師匠の旦那様がお元気な頃、お稽古に悩んでいたときに「恵里ちゃん、続けることがひとつの才能だよ」と言ってくださったことがあります。

その言葉は、今でも思い出す度にわたしを元気づけてくれるのですが、まさか、自分の父もそんなことを言ってくれていたとは驚きました。

38年間、この3つの言葉がわたしを見守ってくれていたんだなあと思うと、嬉しいやら、反省するやらです。



名流会終わりました。

各流派合同舞踊会 名流会、盛会に終わりました。

師匠は常磐津の「独楽」

舞台が終わって楽屋で。
素晴らしい舞台で感動して涙が出ました。
こらえようと思ってもあふれてきて・・・ごめんなさい

ffa509e0.jpg


地方(生演奏)、大道具の入る大舞台はやっぱりいいですね。
7年前に常磐津の「角兵衛」の鳥追いで出ました。
またいつか出られるといいな・・・(遠い目)。

ハンナさん、遠くから来てくださってありがとう!踊りがある限り、こうして分かち合って励ましあっていけたらいいな〜と思いました。お菓子美味しかったです〜〜
いつかもっとゆっくり、食事などしたいです。

うちのお弟子さんも来てくれて、大先生の「独楽」素敵でした〜舞台って良いですね〜!って目がハートになっているのを見ると、ほんとうにうれしい。
またお稽古がんばります、って言ってくれてじ〜んとしました。

そしてそして。

お江戸からあみちゃん(藤間絢也ちゃん)が駆け付けてくれました!
ものすごく久しぶり!うれしい〜〜〜!

絢也ちゃんのそのときのブログ

2日連続深夜まで飲んで2日連続 翌朝の顔がひどかった。
唐戸のエノテカさんで。
1451498_634704049923641_339904346_n


あみちゃん大好き。


菓匠花見さんの白鷺宝!

ちょっとご縁ありまして、埼玉のSさんから菓匠花見さんの白鷺宝というお菓子をいただきました!
それがもう包みも何もすべてが可愛いらしいのなんのって、今まで出会った和菓子のなかで一番に好きかも。
お味もタイプ。

ef570f3b


それに「白鷺」っていうのが嬉しくてですね。
鷺娘お稽古中なだけに、興奮しちゃいました。

鷺娘踊るときに撒きものにしたら可愛いなあ。

Sさん、ありがとうございました!

菓匠花見さんのサイト。
http://www.kasho-hanami.co.jp/


座る。。。

Facebookの埋め込み投稿機能を使ってみた。
ましろちゃんがお稽古始めたばかりの頃のもの。



花柳の帯

姉弟子さんの後ろ姿を激写
お流儀のお揃いの帯、去年のかな?一昨年のかな?

878f2bcf


ちょっと節約してて買えなかったんだよなあ

今さらだけど良い柄だな〜〜

こればっかりは師匠からなかなか下りてこない!(笑)

トマトジュース

小倉の稽古に行く前にプロペラキッチンに寄ってサンドイッチをパスしてもらい、なんと車の中で食べてしまった。お行儀悪し

でも本当に時間がなくてだけど本当にお腹すいちゃって・・・

うまし!
3485a286.jpg


いつもトマトジュースを飲むのでそれを分かってくれていてトマトジュースも用意してくれてた!

さすが〜

ありがとうございます。

トマトジュースが好きでよく飲みます。

SちゃんとYちゃんの初舞台!

11月の初め、小倉お稽古組のSちゃんとYちゃんの初舞台でした!
二人とも落ち着いて、曲をよく聞いて踊れました。

師匠のお弟子さんも3人で踊られました。ベテランの3人です、息がぴったり、素敵でした!

朝も早くて大変でしたが、家族の方やお友達が観に来てくれて、舞台の楽しさを知ってくれたみたいでわたしも嬉しかったです。

着物を貸してくださったMちゃんをはじめ、いろいろと助けてくださった皆様、ありがとうございました。

8828db48.jpg


朝8時から、5人分の髪を結いました〜〜
みんなが綺麗になると本当にうれしい!
師匠にお化粧をお願いして、初めての白塗りに二人とも興奮です

cfee317d.jpg

終わってから全員でぱちり!
水色の着物の3人がうちの先生のお弟子さん。
ピンクがSちゃんとYちゃんです。

これまで、子供のお弟子さんを踊らせたことはあるのですが、大人の方の舞台はわたしも初めてでした。
二人がわたしの夢をまた叶えてくれて、本当に感謝です。

踊りやご挨拶はもちろんですが、肌着や小物類など、ちゃんと教えたとおりに綺麗に整えてくれているのを見て、とても嬉しかったです。

腰ひもや伊達締めにアイロンをかけて、着替えのときは衣裳敷をひいて・・・ 
数えたらきりのない、そんな当たり前の細かいことですが、わたしが師匠から教えていただいたことを少しずつ伝えていけたらなあと思います。

Sちゃん、Yちゃん、おつかれさま!




ホトトギス

1394466_625716864155693_636967568_n


「ホトトギス」

今年はよく咲いてくれました。
枯れたときに短く切るのですが、そのときに勢いで抜いてしまわないように気を付けるといいんですよね。
スポッと簡単に根が抜けてしまうんです。
去年は気を付けました!

家に咲く花をときどきお稽古場に持って行きます。
師匠が喜んでくださるので嬉しいです。

そういえば小学校(3年生くらいかな?)のときから高校卒業するまで、ず〜〜っと欠かさず毎週月曜日はお花の日で、学校に花を持って行っていました。
朝、玄関を出るときに、上り框のところに新聞紙にくるんだお花が置いてあるんです。
なんの疑問もなく毎週それを持って学校に行ってました。
高校生のときは自転車&電車通学だったのによく持って行けてたな・・・

教室の後ろの棚に花瓶があって、それに生けるのだけど、よく考えたらそういうことするのって女々しくて(て女ですけど)イジメの対象になりそう〜!

だけどまったくそんなことなかったですね。
それに、毎日気が付いた子が水替えをしてくれてたりして、そんな風景が日常でした。

今でも、学校の教室に花を飾ったりすることってあるのかな?

なんだか平和な時代だったのかも。







雪をふみしめる足

今お稽古している「鷺娘」。

雪の降り積もる中を下駄を履いて佇むところから始まる。

下駄でもって雪の中を歩く・・・

1395202_610554622338584_1295811993_n


難しい!

ざく、ざく、というイメージでもないし、、、

頭の中では、雪に沈みこむような、下駄だけが沈むんだけどまるで体までずぶずぶ沈んでいきそうな、、、

そんな感じを持っているんだけど、実際、何度ビデオ撮ってもそんなふうに見えたことがない(キッパリ)


一足への体重のかけかた、下駄の角度、ほんとうに難しい!

実際は裾引いてるので、下駄はそこまで見えないと思うのだけど、それだけに体の動きって大事やな・・・ざくーーーと沈む雰囲気がどうやったら出るんやろ。


「頭の中に思い浮かべて」
「心に想像して」
「そこにいると思って」


とかよく言うけど、思うだけで表せるはずなかですばい・・・

表情とかならまだしも

雪のなかを あ  る  く


うーん 絶対なんかコツというか技術があるはずなんやけどな!


こうなったらほんとに雪踏みしめに行くか?!



10382629_816770691716975_7983698882046551597_n
「長唄 黒髪」
13557731_1144597962267578_3345752347729483099_n
「常磐津 廓八景」
花柳 多智雛
(はなやぎ たちひな)

・日本舞踊(花柳流師範)
 花柳 多佳広師に師事
公益社団法人 日本舞踊協会 会員

・長唄三味線
 杵屋 勝禄絵師に師事

山口県下関市在住。
昭和50年生まれ。人情深い卯年&情熱の牡羊座。
お稽古場:下関、北九州
踊りのお稽古してみたい!
のぞいてみたい!
という方がおられましたら、メッセージお待ちしております。曜日・時間帯など相談して決めていますので、いつも決まった曜日や時間に来られなくても大丈夫ですよ^^
メッセージはFacebookからのみ受け付けております。
こちらから
浴衣や着物の着付けが習いたい!という方もお気軽にどうぞ。

詳しい内容はFacebookのプロフィールに載せております。



---------------------

ススメ!和風生活。
私の生活日記です。
こちらのほうが更新が多く、適度につまらない内容です。

---------------------

親友の藤間絢也ちゃんと^^ 1451498_634704049923641_339904346_n
藤間絢也ちゃんのブログはこちら 下関東京お稽古物語

---------------------

にほんブログ村 演劇ブログ 舞踊・日本舞踊へ
にほんブログ村

「舞踊・日本舞踊」ブログ
リンク先には踊りが大好きな方のブログがたくさんあって面白いですよ。


---------------------
お役立ち品

ヒコーキ
(帯止金具)


わたしはこれがないと困るくらい愛用しているのですが、まわりで意外にこれを知らない方がおられたので、ご紹介で^^
お太鼓の帯のときに、後ろで帯をはさんで止めて(結ばなくても大丈夫なので帯も傷みません)、帯がゆるまず、帯枕も乗せられるようになっている優れもの。
ヒコーキとか帯止金具とか呼んでいます。
お試しあれ!



ーーーーーーーーーーーー

手作りするなら



ーーーーーーーーーーーー

キモノ仙臺屋2号店

足袋100円の伝説の店(笑)

あまりにいろんなものが安過ぎます
びっくりするので、一度見てみてください・・・



ーーーーーーーーーーーー

着物に合う髪型

この本、めっちゃ良いですよ。
わたしの周りでも、買った人続出・・・

内容など詳しくは日記に書いてます。


きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
きもの美人になるヘアスタイル―馬場利弘の「まとめ髪」方程式 “女ぶり”を上げる決定版!
クチコミを見る



このブログについて。
当ブログは個人的な日記記録を目的としています。個人的な日記を綴っているだけのため、誤字・脱字や説明間違いなどがあることもあります。それをどちらかで引用や参考にされたことによる損害などの責任は負いません。
これまでの日誌。
訪問者数

    新しいコメント。
    • ライブドアブログ