2017年03月12日

アレもコレもは欲張りすぎ??

ネギを植え替えました。
坊主シラズというネギでコレが増えるんだなぁ。笑笑。
間隔が広いのは草が生えた時にトラクターで草退治できるように・・・なにしろネギだけの家庭菜園なのだ。しかし、いい加減な植え方だね〜、性格が丸出し、親の育て方に問題ありだぜよ。
ところで、こんなに植えてどうすんだよ❗️

IMG_9571


本宿ドーナツを買いに下仁田まで行ってきた、途中、妙義山の中腹でパラグライダー乗りが沢山いたので好奇心に任せて見物。
気持ち良さそうだけど、地に足がついていないのがどんなんだろうね〜。
風まかせだから燃料切れの心配はないけど・・私には多分無理かも??


IMG_9562

峠を下り下仁田町本宿。
その名の通り、宿場町の面影がしっかり残ったこの町並みに感心❗️
写真の撮り方が悪いのでこんな感じですができるだけ残して欲しい美しい町並みでした。
IMG_9568


IMG_9564

本町ドーナツですか??
1人ブラリ旅なのでお土産でしたとさ。


hayano1958 at 21:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年03月07日

ソウルフード??

先日仕事で出掛けた際に久しぶりに寄ってみた、田舎料理?山菜料理?の店で遠方からもお客さんが来る店。
なんと無く寄りにくかったり、準備中だったりだったのですが勇気を出して寄ってみた。

外観がこれ、いつも煙が窓や屋根から出ていていい雰囲気なんです。


IMG_9497


店内の様子はこんな感じ。
壁に掛かった毛皮??狸ダァ〜❗️

IMG_9485


食べたのが狸の隣に書いてある「お切り込みうどん」。
群馬県民のソウルフードど言われていますが、山梨のホウトウにはかなわない??

IMG_9492


うどん粉で作った極太のうどんや野菜がタップリ、醤油とも味噌とも言えない味で煮干しで出汁を取っている。
懐かしい、子供の頃に食べたいた味だ。

店内はこんな感じで煙が目にしみて痛い痛い。
IMG_9486


部屋の中は寒いので、夏は夏で暑いだろうからここには春か秋に来るのが良いだろうぁ。

そうそう、店の名は「びくや」と言います。漢字で書いたら「魚籠屋」と書くので清流の山女魚や岩魚も人気!

さて、今月はなんとすでに2回目の更新だぜよ。

hayano1958 at 12:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年02月28日

小海線ブラリ旅。

早くも2月が残すところあと1日になり焦っているピエロでございます。
忙しく遊んでいるので光陰矢の如し??

昨日もこんなところに車を乗り捨て
IMG_9321



こんな電車に乗って
IMG_9323


こんな風景や
IMG_9327


こんな景色を
IMG_9335


見ながら
IMG_9343


こんなところに行って来ました。

家から車で約90分、小海線の無人駅に車をのりすて、またの名は八ヶ岳高原鉄道といい、昔昔に高原へいらっしゃい!というドラマを知っている人は・・歳がわかる??
単線のローカル線に乗ってブラリ旅に行って来た。

袖触れ合うも多少の縁?
旅は道連れ世は情け?

千葉からひとりで日本一高い所を走る電車に乗りにやって来た中学生との出会いがありました、彼は始発で高崎線に乗り、信越線、連結する路線バスで軽井沢へ、そこから小諸へ行き、小海線で野辺山駅の記念切符を買って、小渕沢から中央本線の「あずさ号」で新宿を経由し、千葉県の松戸市から来たという三日後に高校入試を控えた鉄男君でしたが、あまりの興奮で野辺山駅の停車時間の3分に焦ってしまい、なんと財布を記念切符を買う際に窓口に忘れて来てしまったのです。

私に買った切符を嬉しそうに話していた数分後・・・・「財布ないんですけどヤバイですよね」💦💦💦

慌てて二両編成の車両を行ったり来たり、ワンマン運行の運転手に話しかけるも拉致があかないうちに終点の小渕沢駅に到着、そこからなんとか野辺山駅に連絡がついて、財布があった事が判明。

ホット一安心、朝から何も食べていない腹ペコの彼と二人で駅の立ち食いそばを食べて同じ電車で私は車を乗り捨てた松原湖駅に彼は財布をもらいに野辺山駅に、野辺山駅は単線の小梅線がすれ違う為に上り下りの車両が3分間停車する駅なのです。

鉄男くんはそこで財布を受け取り、また小渕沢駅に戻り、中央本線の特急あずさに乗ってで帰って行ったのでありました。
・・・無事に帰れたかな??

前期試験に落ちたこと、私立のすべりどめは受かっていること、水曜日の為の試験勉強を帰ってからする約束をお母さんとしていること、試験が終わったら長崎へ寝台電車で行くこと、駅の立ち食いそばは初めてなこと、埼京線が好きなこと、そんな話を嬉しそうにしていた彼の未来が幸せである事を願い信じながら帰路に着いた1日でありましたとさ❗️

その帰路は高速道路のトンネルでスキーバスが事故を起こして通行止めで下道を走り碓氷峠の184??カーブをクラシックカーのよあな車で帰って来たのであります。

ローカル線、電車ブラリ旅いいかもね〜。



hayano1958 at 00:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)