小池百合子都知事が江戸川区船堀で演説

605db840.jpg
小池百合子都知事が江戸川区船堀で演説
都民ファーストの会街頭演説会が2017年5月27日(土)11時15分から11時45分まで都営新宿線・船堀駅南口で開催された。弁士は小池百合子東京都知事、上田令子東京都議会議員、田の上いくこ元東京都議会議員。司会は星京子豊島区議会議員。
http://www.hayariki.net/kibou.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

読書会「都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い」

希望のまち東京in東部第41回読書会「都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い」
野田数『都政大改革 小池百合子知事&「チーム小池」の戦い』 (扶桑社新書、2016年) を取り上げます。本書は2016年末の刊行ですので、本書を導入部として2017年に入ってからの都政の動きや都議選に向けた都政の政策を中心に議論したいと思います。
日時:2017年6月3日(土)午後2時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(永代通り沿い、セブンイレブン隣、1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円
読書会は本を紹介しながら話し合うスタイルです。発表者がレジュメを配布して説明し、それを受けて参加者が自由に議論する方式です。書籍の用意や事前の通読は必須ではありません。参加者には「空き家活用と投資用マンション問題」などの資料を配布しています。
http://www.hayariki.net/tobu/

希望のまち東京in東部市民カフェ第145回「テロ等準備罪」
希望のまち東京in東部は2017年5月25日(木)、希望のまち東京in東部市民カフェ第145回を東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回はテロ等準備罪、中央卸売市場移転問題、都民ファーストの会予定候補の政策、ネット右翼の変質、小早川秀秋などを話題にした。
http://www.hayariki.net/tobu/cafe85.html

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/

FJネクスト迷惑電話

9141cb36.jpg
#FJネクスト不買運動 #マンション #迷惑電話
東急リバブル東急不動産やFJネクストには信用すべきではないという定評がある。東急ブランドをありがたがる人が減り、情報を得て順当なコスパを評価できる人が増えている。
東急不動産だまし売りやFJネクスト迷惑電話、悪質マンション建設に黙って服従することは、しばしば安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではない。それは臆病者の道である。
勧誘電話は、いかにも怪しげでマンション投資に手を出そうとは思わない。マンション投資の失敗は、大抵少し時間が経ってから分かる。
悪徳不動産業者には必ず罰が与えられる。どのような物語でも悪徳不動産業者には悪いことが起こる。例えば貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者の息子が危険ドラッグ犯罪者になるとか。

犬を視点で書生の生活を回想する。書籍は縦書きであるが、日付などに半角数字が使われており、それが横に印刷されている。パソコンで横書きで原稿を書き、縦書きの印書を確認されていないようである。

本書は妖精を人間の道徳が通用しない異質な存在と描くが、むしろ身勝手な人間臭さを感じた。ファンタジー的な話も刑事物の現代劇も楽しめる。
本書は大団円と言えるようなハッピーエンドではない。未解決の問題が残る終わり方は物語の結末としては不満が残る。それでも本書では妖精界から人間が帰還する大変さを描いており、簡単に解決できないことにはリアリティーがある。

東急不動産ホールディングス不買運動

林田力『東急不動産ホールディングス不買運動』(枕石堂、2016年12月2日)は東急不動産だまし売りなど東急不動産の問題を取り上げる。東急リバブル東急不動産の重要事項説明は、ところどころに事実を織り交ぜることで、何となく話の筋が通っているように見せているだけである。

東急不動産のマンションを買ってはいけない。新築マンションは1日住んだら中古マンションになる。一泊いくらの高級宿になるか。新築マンションは1年もしないうちに中古マンションとして売りに出てくる。東急リバブル東急不動産には信用すべきではないという定評がある。東急ブランドをありがたがる人が減り、情報を得て順当なコスパを評価できる人が増えている。

悪徳不動産業者は自社の利益のためなら、いくらでも残酷になれる輩である。悪徳不動産業者は実行不可能な要求を羅列する。悪徳不動産業者には必ず罰が与えられる。どのような物語でも悪徳不動産業者には悪いことが起こる。例えば貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者の息子が危険ドラッグ犯罪者になるとか。

今や企業は消費者や住民にどれだけ貢献しているかを見られる時代になった。もう自社の利益以外みてないジャイアン企業の時代は終わった。東急不動産だまし売りに黙って服従することは、安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではない。それは臆病者の道である。東急リバブル東急不動産不買運動は軽やかでありながら、同時に力強くもある。


市民カフェ

林田です。
本日の市民カフェで話題になった『都政大改革』の書評です。
市民カフェでの私の話よりも、こちらの方が綺麗にまとまっています。

都政大改革-小池百合子知事&「チーム小池」の戦い
http://www.honzuki.jp/book/248818/review/175808/

市民カフェではヘイトスピーチが話題になりました。
私のスタンスは以下です。

『ONE PIECE』第65巻、排外主義者の思想に迫る - リアルライブ
http://npn.co.jp/article/detail/02413281/
世界 2014年 11月号
http://www.honzuki.jp/book/222011/review/129276/
主権回復を目指す会が在日特権を許さない会(在特会)を批判
http://www.hayariki.net/poli/zainichi.html

一方で、アンチヘイトの側にも以下で書いたように支持できない要素があります。

ヘイト・スピーチに抗する人びと
http://www.honzuki.jp/book/223233/review/134449/

本日問題提起された正しいと考えた方向に暴走し、自省しないという点は、私はむしろアンチヘイト側に感じています。
それはどっぷり浸かっていたから、そちら側の駄目なところばかり気がつくという面があるかもしれません。その意味でもデトックスした方がいいかもしれません。

--
■ 林田力 Hayashida Riki
■■ 『東急不動産だまし売り裁判』著者
■■◆ http://www.hayariki.net/
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ