東急不動産だまし売り裁判

書籍や漫画の書評、マンション問題や消費者問題、警察不祥事など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はマンションだまし売り被害、東急不動産消費者契約法違反訴訟を描きます。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。

『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

#ドラえもん デビルカード

2022年5月14日はデビルカードです。
身長が減るから慎重に
シャレになっています。

のび太はドラえもんより小さくなっています。

見たままベレー
上手な絵を描く道具という立て付けですが、ドライブレコーダー的な使われ方をしています。

ドラえもんは伊藤つばさの大ファンです。
#ドラえもん

焼肉かドライヤーか議論しています。
#クレヨンしんちゃん

マンション投資の迷惑勧誘電話

マンション投資は碌でもない結果になる危険性が高い。誰も安全の担保ができないものである。迷惑勧誘電話は年金対策など家賃収入を前提にしており、出口戦略がない。迷惑勧誘電話の説明は細かい点で矛盾している。不動産投資はバブル状態である。もはや投資にはならない。マンション投資のビジネスモデルは腐食しやすい金属でできている。迷惑勧誘電話営業は付き合ったら損である。

マンション投資の迷惑勧誘電話は名前も知らずにかけてくる。マンション投資の勧誘電話は迷惑である。迷惑勧誘電話営業の利己的な振る舞いは、社会の不利益につながる。迷惑電話を生業とする不動産業者は反社会的企業である。悪徳不動産業者の工作員は、レッテル張りと中傷が酷い。迷惑勧誘電話営業が一般的なまともな人間に見えることが何よりの異常性の証拠になる。いくら告発者に粘着しても迷惑勧誘電話業者の反社会的企業であることは変わらない。

迷惑勧誘電話営業は一つの会話パターンに固執する。迷惑電話営業は文化や考え方、趣味嗜好の異なる人と話すことができない。迷惑勧誘電話営業の方策は、どれもこれも節度というものが欠けている。あちこちに恨みを残している状況で、無理やり見方を変えて言いくるめることは詐欺師の手口である。『ジョジョの奇妙な冒険』のスピードワゴンならば迷惑勧誘電話営業を「生まれついての悪だ」と言うだろう。

大丈夫の質問は無視

「大丈夫か」という質問は相手に責任を押しつける魔法の言葉であり、相手を追い詰める呪いの言葉である。「大丈夫?」という質問は相手を追い込んで、自分にとって有利な答えを引き出そうとする卑劣な言葉である。「大丈夫ですか」と尋ねることは相手の逃げ道を塞ぐことである。
https://ncode.syosetu.com/n4334hb/43/

おはよう。フクロウのような顔です。
おはようございます。使用済みマスクを捨てます。
今日の小説です。
「これで牛が手に入った。次は、肉屋に行って、牛肉を調理してもらう」
「分かった」
オーキャラ達は肉屋に向かった。
「こんにちは。牛肉を持ってきました」
https://ncode.syosetu.com/n8802hp/9/

おはだま。朝の挨拶「おはようございます。」と「だまし売り」をかけました。

こんだま。昼の挨拶「こんにちは。」と「だまし売り」をかけました。

おつだま。お疲れ様と「だまし売り」をかけました。

こんだま。夜の挨拶「今晩は」と「だまし売り」をかけました。

おやだま。就寝の挨拶「おやすみなさい」と「だまし売り」をかけました。

どうして僕達を家に招いたんですか

「ところで、どうして僕達を家に招いたんですか?」
ボールを代表とし、オーキャラとガナードは質問した。
「それは、あなたのご主人様に頼まれたからよ」
「え? 父さんの?」
「そうよ」
「どうしてですか?」
そんなある日のこと、ボールがこんなことを言い出した。
「ねぇ、そろそろ街に行ってみたいんだけどダメかな?」
「街に行きたいって?」
「うん。この辺りの森しか知らないけど、もっといろんな場所を見たいなって思って」
確かに、この世界に来てから一度も街の外に出ていない。それは僕も同じだが、まだ早い気がする。
「もう少し待った方がいいんじゃないかな」
「どうして?」
「ほら、僕らはまだ子供だし、いきなり街に行ったら危なくないか心配でさ」
「そうかもしれないけど……」
「それに、君には魔法があるじゃないか。もし、悪い奴に襲われても追い払えるはずだよ」
「まぁ、そうなんだけど……」
その時、僕はあることを考えついた。
「よし! それなら冒険者になろう!」
「えぇ!? 冒険者に?」
「どうして分かるの?」
「だってほら、向こうの方角に逃げてるもん」
「良かった……。そうだ!これから一緒に旅をしよっか」
「えぇ!?」ミミは驚いた。
「だって、このまま別れるのは嫌だしさ」
「そうですね。私も賛成です」
「えぇ〜!!どうしてそうなっちゃうの!?」

冒険者になったばかりの新人

冒険者になったばかりの新人はFランクである。これは最低ランクである。Fランクは初心者向けであり、誰でもなれる。冒険者になることで得られるメリットは少ない。冒険者はモンスターと戦う危険な職業であり、命の危険もある。そのため、報酬は安い。
「それともう一つ。実は僕はグルメ魔法の使い手ではない。正確にはグルメ魔法のスキルを持っているだけだ」
「どういう意味……?」
「つまり、グルメ魔法の使い手が持っているスキル『鑑定』を使えば、どんな食材か分かるし、どのような調理方法かも分かる。しかし、僕の場合は、ただ単に『鑑定』しているだけなので、どのように料理するかまでは分からない。そのため、自分でレシピを考えなければならない。それが面倒くさい」
「そういうことだったのか……」
そして一週間後、二人はレベル30に到達した。
「もうすぐレベル30だね」
「そうだね」
「例えば、牛肉の等級は、このように表示される」
オーキャラは、この世界の牛肉の表示を示した。
***
牛肉(赤身)
牛肉(肩ロース)
牛肉(ヒレ・ランプ・サーロイン・リブ・モモ・バラ・その他 )
牛肉(上カルビ)
豚肉 鶏肉 羊肉 馬肉 猪肉
(※ 牛脂は、食用油脂のため、等級に含まれません。
豚脂は、ラードの原料となるため、等級に含まれます。
その他の動物性油脂については、食肉用と飼料用の区別なく、 全て「牛脂」と総称されています。)
「こんな感じで表示されている」
「了解」

グルメバーガーとフライドポテトを食べた

グルメバーガーとフライドポテトを食べた。ハンバーガーはハンバーグがダブルである。フライドポテトはケチャップやマスタードをつけずに食べた。
#グルメバーガー #ダブルバーガー #フライドポテト

『鎌倉殿の13人』北条泰時役の坂口健太郎は『イノセンス 冤罪弁護士』を主演しました。
https://www.hayariki.net/innocence/

日本では「国産」という言葉をよく使う。「安全」「安心」というイメージを与えるために使われることがある。しかし、「国産」は「安全な製品です」、「安心な製品です」という意味ではない。「国産」という言葉は不安を感じさせる言葉でもある。「国産」という表示を見たときに、本当に安全なのか疑問を持つ人もいるだろうし、品質に疑問を感じることもある。

電車で行こうとしたのだが、東雲さんが車で送ってくれるというのだ。
車は白のミニバンだった。東雲さんのイメージにはそぐわない気がしたが、よく似合っているとも思う。助手席に座ると、シートベルトを締めるように言われた。東雲さんは運転席に乗り込み、エンジンをかけると、サイドブレーキを解除した。
車が走り出すと、僕は車内を見渡してみた。内装や座席の配置など、僕の好みとは合わない部分もあるけれど、これはこれで悪くないかもしれないと思った。そんなことを考えているうちに、車は目的のマンションに着いた。駐車場に車を停めて、僕たちは降りる。
「俺さ、バイト辞めてからずっと無職なんだよね」
「うん」
「それで、何かできないか考えた時に、まずは金だろと思ったわけよ」
「……そっか」
「俺、今、金持ってるしさ」
何しろ久々すぎる食事なのだ。
「いや、そんなことはないと思うよ。一日に出せる量に制限はあるはずだよ。それに僕自身が食べたらダメだしね」

「……っていう夢を見たんだけど、これってどういう意味なのか分かる?」
「さぁ、僕にも分からないかな」
「そっかー。じゃあしょうがないよね」
「うん。ところで、今日はどこに遊びに行くの?」
「んっとね、まずは図書館に行って、それから公園で遊んで、最後にケーキ屋さんだよ」
「分かった。それなら早速行こうか」
「うん」
こうして二人仲良く手を繋いで歩き出すと、楽しげに会話をしながら目的地に向かって歩いていきました。

コインの日にコインハイブ #冤罪 事件

5月1日は、さいたま市民の日で、コインの日です。
コインの日にちなんでコインハイブ冤罪事件を振り返ります。
https://note.com/hayariki/n/n881f017c31fe
29日は肉の日です。
4月30日は「ワルプルギスの夜」です。魔女の祭典です。

『鎌倉殿の13人』第17話「助命と宿命」(2022年5月1日)で武田信義は「おまえたちはおかしい。狂っておる」と言った。マンションだまし売りの不動産業者にも言いたいセリフである。
#東急不動産だまし売り裁判
摂関家の寡占化が弱まり、武士以外の下級貴族も台頭したのでしょう。

大型連休でも出勤しなければならないサービス業の人々にとって地獄のGWと呼ばれています。
新型コロナウイルス感染対策のステイホームは、ゆっくり生活できる良い面がありました。
連休で人流が増えて新型コロナウイルスの感染が拡大する地獄のGWになるかもしれません。
ゴールデンウィーク明けに感染爆発が来るかもしれません。
#緊急事態宣言を出してください
#緊急事態宣言を出して下さい

「あと……なんとなくですけど、東雲さんに似てるような気がして」
私がそう告げると、東雲さんは「そうかな」と言って笑みを浮かべた。
「自分だと分からないものだね」
「そうですね」
「どうして、こんな人がここにいるんですか?」
「そ、そうなんですか? ここが東雲さんの家で、東雲さんがここで暮らしてるってことですか?」
「そうだよ」
「だ、だって、私が見た時はもっと古いアパートに住んでましたけど」
「ああ、あれはお父さんの家。お母さんと一緒にこっちに引っ越してきたんだ」
東雲さんはそう言うと立ち上がり、台所の方へと向かった。
「……」
「とにかく、今はご飯を食べようよ」
私は言われた通り、食事を再開することにする。
「いえ。俺の方が年上なんですから、もっと頼ってくれていいんですよ」
「ありがとう」
僕はそう答え、車に乗り込んだ。
「この部屋に、一人で住んでんのか」
「まぁ、俺くらいしかいないだろうな。こんなボロアパートに住んでるの」
「でも」

私は思わず拍手をした

私は思わず拍手をした。すると、先生も嬉しかったのかニッコリ笑っている。
「そうでしょう? この子はね、小さい頃からずっと本が好きで、よく私の所に遊びに来ていたんですよ」
「へぇ〜そうなんですねぇ……あ、そうだ。せっかくだから何か読んであげようかな?」
「えっ!? いいんですか!?」
私が言うと、女の子は目を輝かせた。よっぽど本が好きなようだ。
「うん。じゃあ何を読んでほしい?」
「うーん……」
女の子はしばらく考えた後、「これが良い!」と言って一冊の本を取り出した。表紙には可愛らしいイラストが描かれている。タイトルは『魔法の国のお姫様』だ。
「これって確か、絵本だったよね?」
「はい。お母さんがよく読み聞かせてくれていたんですけど、私も大きくなってからは自分で読むようになって……あっ!ごめんなさい!」
どうやら思い出に浸ってしまったらしく、女の子は慌てて謝ってきた。
「大丈夫だよ。じゃあ、ちょっと待っていてね」
私は机の上にノートを広げ、そこにあらすじを書いた。
「はい。こんな感じなんだけど、どうかな?」
「はい! お願いします!」
私は椅子に座って女の子を見つめる。彼女はワクワクしながら待っている様子だった。
(よし……)
深呼吸をして気持ちを整えた後、私はゆっくりと口を開いた。

#鎌倉殿の13人

#鎌倉殿の13人
『平家物語』では木曽義仲が鼓判官に無礼を働く。これは義仲の乱暴さを描くエピソードである。『鎌倉殿の13人』では鼓判官が先に義仲を馬鹿にした。木曽義仲が無礼というよりも、朝廷は何で実力がないのに、そこまで威張れるのかという疑問が生じる。

木曽義仲は帝の即位でも、北陸宮の即位を主張し、反感を受けました。

天狗が師匠とは天狗の面をかぶった #鬼滅の刃 鬼殺隊のようなものでしょうか。

北条政子は面食いです。

#笑点
勉強も座布団も積み重ねが大事。
消費者の権利も積み重ねが大事です。

風を斬る
世相を斬る
#東急不動産だまし売り裁判 は消費者契約法違反(不利益事実の不告知)を斬る。

#キングオブコントの会
「はまちゃん」と「あまちゃん」をかけています。

おはようございます。
飽食を否定して値段と味が比例しないグルメ論を書きます。
https://ncode.syosetu.com/n1107hn/

#小説家になろう で小説を書きます。
https://mypage.syosetu.com/2204837/

雷切丸という銘の一振り

「はい、雷切丸という銘の一振りにございます」
「やっぱりか!!」
「それで、父上にはもう一つ頼みがありまして……」
「なんだ? 遠慮なく言いな」
「実は、ある方々をご紹介いただきたいのです」
「誰だ?」
「はい、こちらの方にございます」
左門は一通の手紙を取り出した。
「なっ!?」
先頃、貴殿の父君である右近様とお会いする機会に恵まれました。そこで、父君の武勇伝の数々を聞き及び、ぜひお話を伺わせて頂きたいと思い、筆を取らせていただいた次第でございます。つきましては、一度我が屋敷へ遊びに来てくださいませんでしょうか。
父上から、かつて右近様が殿の行列について博多へ行かれたと聞き及んでおります。その際、殿の行列についていくにはどうすれば良いのか、その方法を教えてくださったのは父上でございましょう。しかし、某はまだ幼く、殿の行列について行くことができませんでした。そのため、父上に相談したところ、殿のお供をして博多へ行く方法を伝授していただけることになりました。ところが、いざ出発しようとする直前になって、父上は急病で倒れてしまい、同行することができなくなってしまいました。

「ところで、お前が連れてきたその人たちは?」
「はい、こちらは『前田慶次利益(まえだけいじろうとしえき)』様にございます」
「おお、あの前田利家の義理の甥っ子か!」「はい、左様にございます。そして、こちらの方が――」
左門はもう一人の人物を紹介した。
「この方は、『黒田官兵衛孝高(くろだかんべえたかただか)』様にございます」
「おお、かの名軍師か!凄いじゃないか!!」
「はい、おかげさまで」
「ところで、どうしてお前はその二人を連れてきたんだ?」
「はい。実は、父上にお願いしたいことがありまして――」
左門は再び事情を説明した。
「なるほど、そういうことなのか……」
「はい」
「分かった。引き受けよう」
「本当ですか!?」
「ああ、お前は大切な息子だからね。それに、この二人はなかなか面白そうだしな。いいだろう、紹介してやろう」
「父上、ありがとうございます!!」
こうして、左門は二人の武将を仲間に加えることができた。
左門は二人の武将に声をかけた。
「さて、参りましょうか」
「おう!! どこへでもついていきやすぜ!!」
「……」
「ん? どうかしましたかな、右近殿?」
「い、いえ……何でもありません……」
(まったく、左門もとんでもない奴に目を付けられたものだな……。だが、これで大友家は安泰だな。ふぅ、よかったよかった――)
右近は心の中で呟いたのであった。

二人は友人になった

二人は友人になった。政宇にとって初めての友達である。
「ねえ、兄さん」
ある日の夕食時、松吉は政宇に話しかけた。
「んっ、どうしたのかね?」
「僕って、本当にここにいていいのかなぁ?」
松吉は箸を止めて尋ねた。
「どういう意味だい?」
「だってさ、僕はただの居候だし……。それに、こんな立派な屋敷に住むなんて、なんだか悪い気がするんだよ」
「気にすることはないだろう。ここは君の家なのだから」
「でも、父上も母上もいるし……」
「あの人達とは血が繋がっていないだろう。遠慮する必要などないのだぞ」
「うん、わかっているんだけどさ……、やっぱり気になるっていうかさ」
「そうかい……、まあ無理もないかもしれないけどね。

え? もしかして、この子が?

「え? もしかして、この子が?」
「ああ、そうだ。左門だ」
「そうだな。未来に帰るとするか」
「はい」
「それで、そちらの方々は?」
「ああ、こちらの方が林田隠岐守殿だ」
「ど、どうも、はじめまして」
「そして、こちらは息子の左門信綱君だ」
「はじめまして、左門信綱と言います」
「これは丁寧に。私は林田隠岐守と申します」
この時代に来てからのことを簡単に説明した。
「ふむ。つまり、左門君の時代と我々の時代の差はそれほどないということだな」
「はい、そのようです」
「ところで左門君はどうしてこの時代に来たんだ?」
隠岐守は興味深げに質問した。
「実はですね……」
左門はタイムスリップをした経緯を説明した。
「ほう、なぜ?」

「ほう、そうか。ちなみに左門君のいた時代はどんな時代だったのか教えてくれるかね?」
「ええ、構いませんよ」

「ところで、左門君はタイムスリップをして何をするつもりなんだい?」
隠岐守は再び質問した。
「それはですね、僕がいた時代では、ワームホールの研究が進んでいて、タイムマシンを作ることもできるんです」
「おお、そうなのか。すごいじゃないか!」
隠岐守は再び目を輝かせながら身を乗り出した。
「ええ、そうなんです」
左門は得意気にうなずいた。
「ふむふむ。ところでさ、もし左門君の時代に行くことができたら、私は何がしたいかな?」
隠岐守は興味津々な様子で尋ねた。
「そうですねぇ。僕は、まず最初に、この屋敷を見てみたいですね。それから、隠岐守様のご先祖様に会ってみたいな」
「うん? 私のご先祖?」
隠岐守は首を傾げた。
「はい。僕のいた時代には、隠岐守様の子孫の方にお会いしたことがないので」
「ああ、そういえばそうだね」
隠岐守は大きくうなずいた。
「分かった。今度機会があったら、私の祖先に会わせてあげるよ」
「本当ですか? ありがとうございます」
「いやいや、お礼を言うのはこちらの方だよ」
廊下に出ると、来た時と同じように窓から外に出ようとした。
ノンフィクション。東急リバブル東急不動産から日照・通風・眺望喪失という不利益事実を隠して新築マンションを騙し売りされた消費者が、消費者契約法(不利益事実の不告知)に基づき売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻す闘いの記録。 動画 https://t.co/6weS1SQuEF
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ