ブランズシティ守谷の外壁ボロボロ

東急不動産・東急電鉄らのブランズシティ守谷(ハッピー守谷)の建設現場見学者から写真付きで外壁がボロボロになっているとの報告がなされた。元々、ブランズシティ守谷には安っぽいイメージがあったが、ここまで酷いと問題である。良い建物を作ろうとする誠意が、あの写真では全く感じられない。
撮影したのは2008年1月5日という。場所は30階エアリータワーの角の柱で、2階と3階の接合部分である。1月5日時点で7階部分まで組み上がっていた。見学者による2月16日投稿によると、「最近、再度確認したが、同じ状況で12階まで組み上がっていた」という。
通常の工事現場ではあまりない光景である。写真を見る限りでは、躯体(コンクリート)の一部が欠落している。今の状態では「かぶり不足」であり、補修しても、つぎはぎ(手直し)物件になる。補修材とコンクリの間に将来的に亀裂が入り、水が浸食してタイルの剥離事故に発展する可能性がある。柱の強度にも影響を与えうる。
外壁がボロボロになるということは、中身もボロボロという可能性もある。販売価格を一千万円近く下げたが、それでペイさせるために質を落としたのだろうか。30階建てなら、タイル一枚でも剥がれて落ちてきたら、下の階の人や下にいる人の命取りにもなりかねない。気をつけなければオチオチ散歩もままならない。やはりブランズシティ守谷はマイナスにこそなれプラスになることはない建物である。

林田力「二子玉川東地区再開発差止訴訟結審」

林田力「二子玉川東地区再開発差止訴訟結審」オーマイニュース2008年2月15日
 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業の差し止めを求める訴訟(山田俊雄裁判長)が、2008年1月28日の東京地裁における口頭弁論で結審した。
 二子玉川東地区再開発事業は、東京都世田谷区玉川の約11ヘクタールの土地に超高層ビルを建設し、道路を拡幅する事業である。これに対し、計画地周辺住民が再開発事業の施行者である二子玉川東地区市街地再開発組合(川邉義高理事長)を相手に、都市再開発法違反などを理由に再開発事業の差し止めを求めて提訴していた。

映画「L change the WorLd」を初日に観た

林田力「映画「L change the WorLd」を初日に観た」オーマイニュース2008年2月14日
 『DEATH NOTE』のスピンオフ映画『L change the WorLd』が、2008年2月9日から公開された。公開初日に観たので、感想を書きたい。
 『DEATH NOTE デスノート the Last name』において、新世界の神を目指すキラこと夜神月を追い詰めた、天才的な探偵Lを主役にし、Lの最後の23日間を描いた作品である。この作品を、一言でまとめるならばLを観たい人のための映画である。

井上真央は、母親の薦めで4歳の時に劇団東俳に入ったのがきっかけで芸能界へ入り、5歳の時に子役デビュー。以来、数々のドラマ・CMに出演。出演CMは以下の通り。
フジッコ 「ナタデココ」(1994年) 、日本ユニシス(1995年) 、セガ (1996年)、東芝(1996年)
三井不動産販売 「リハウス」(1997年) リハウスガール池脇千鶴の妹役
学習研究社(1997年) 、花王 「ブローネ薫りヘアカラー」(2000年)
家庭教師のトライ(2006年) *本人が実際に、派遣された家庭教師に就いて勉強したとの事
みずほ銀行・みずほマイレージクラブ(2006年)、カゴメ 「野菜生活100」(2007年)
明治製菓 「Panky」(2007年 - ) 、「手作りチョコ」(2007年 - )

林田力「環境問題と東西の思想の違う点」

林田力「環境問題と東西の思想の違う点」オーマイニュース2008年2月13日
 環境問題に対する東洋・西洋の思想の影響について検討したい。環境問題は現代の世界にとって非常に大きな問題である。
 近代科学技術の発達の結果、環境破壊が生み出されたことは事実である。このため、環境破壊の根本的原因として、近代科学技術を生み出した西洋文明の思想的基盤が問題視されることがある。
 そこでは、自然を征服し支配する西洋思想と、自然を受け入れ共生する東洋思想を対比し、前者が環境破壊をもたらしたと主張される。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20080127
http://blog.livedoor.jp/lalamie013/archives/50834292.html

ブランズシティ守谷の意味不明

ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)の広告は意味不明である。モデルルームは2007年9月からオープンしているが、新たに2008年になってからの広告でモデルルームのオープンを謳う。既にオープンしているものを何故改めてオープンするのか、広告からは正直理解できない。
地域住民との関係改善は全く進展していない。町内会として、高層マンション建設に反対しており、何も解決していない。納得できるような解決がされていれば、反対運動ののぼり等はない筈である。購入者にとっては、地域との関係改善について進む見込みがあるのか、大変気になる。世間一般からの注目のされ方も、大分変わってきている。不名誉なことで守谷の知名度が上がるのは困る。
ブランズシティ守谷に反対の議員も2008年2月の選挙で多数当選している。反対の意味で市のお墨付き物件である。地域を無視する東急電鉄・東急不動産は正直、企業としての質が低いとしか言いようがない気がする。
http://debutpth.tea-nifty.com/turning_point_of_my_life/2008/02/post_c67b.html
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ