林田力「東急不動産の実質敗訴で和解」関西弁版

 東急不動産消費者契約法違反訴訟(平成18年(ネ)第4558号)で昨年12月、東京高裁において訴訟上の和解が成立したちうわけや。東急不動産の実質敗訴である。
 本裁判は、東急不動産が不利益事実(隣地作業所の建て替え、騒音の発生)を告知せんと新築マンション「アルス」(東京都江東区)を販売したとして、消費者契約法第4条第2項に基づき、売買契約を取り消したアルス購入者が売買代金の返還を求めて提訴したものである(平成17年(ワ)第3018号)。一審の東京地裁は昨年8月、不利益事実不告知を認定し、東急不動産に売買代金全額および遅延損害金の支払いを命じたちうわけや。
 これに対し、東急不動産は翌月、東京高裁へ控訴。控訴趣意書を提出したが、その内容は一審判決が明確に否定した主張の焼き直しに過ぎなかったちうわけや。ちなみに控訴趣意書は刑事事件の用語で、民事事件では控訴理由書ちうわ。東急不動産があえて控訴趣意書ちう文書名にした理由は不明である。
 一方、原告側はアルスの構造設計者であるアトラス設計(東京都)の渡辺朋幸代表が一級建築士資格を持たない無資格者であるとの新事実を入手し、付帯控訴も準備したちうわけや。和解の成立はこうした中でのできごとで、東京高裁ではいっぺんも口頭弁論が開かれることはなかったちうわけや。東急不動産は自社の正当性を主張するねんために控訴したはずであるが、その主張をいっぺんも開陳するねんことなく、和解に応じたのやったちうわけや。
 和解内容は、東急不動産が敗訴した一審判決に沿うものである。一審判決は原告のアルス明け渡しと引き換えに、東急不動産に売買代金全額2870万円および遅延損害金の支払いを命じたが、本件和解では東急不動産が和解金3000万円を原告に支払い、原告が今年6月末日までにアルスを明け渡すことが骨子となってんねん。
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000005214
http://www.janjan.jp/government/0705/0705276229/1.php
http://sasukefujii.at.webry.info/200708/article_3.html
http://zeirishishikaku.blog111.fc2.com/blog-entry-535.html
http://plaza.rakuten.co.jp/hero7/diary/200708110000
http://1hyogo2gennryou.blog92.fc2.com/blog-entry-239.html
http://zassou322006.blog74.fc2.com/blog-entry-201.html
http://hfm78837.at.webry.info/200708/article_2.html
http://dankichi007-3.iza.ne.jp/blog/entry/263925
http://koushinnetukanko.blog114.fc2.com/blog-entry-261.html
http://yokohamasaishin.blog111.fc2.com/blog-entry-562.html
http://blog.livedoor.jp/yagasakijp/archives/50979525.html
http://telev.seesaa.net/article/50998782.html
http://kazakosi.blog46.fc2.com/blog-entry-550.html
http://wakatajp.at.webry.info/200708/article_11.html

東急不動産欠陥マンション被害者が「三交不動産はまだまし」

東急不動産欠陥マンション被害者は三交不動産の欠陥マンションに関連して「三交不動産はまだまし」と東急不動産の不誠実さを非難する。三交不動産が桑名で分譲した欠陥マンション問題(サンマンションアトレ益生駅西)は大きく報道されたが、東急不動産の欠陥マンション問題も深刻である。
東急不動産(販売代理:東急リバブル)の欠陥マンション「東急ドエルアルス」購入者は「東急不動産は、今でも「乾燥収縮だから問題なし」と瑕疵担保責任を認めていない」と憤る。当該物件は木内建設株式会社が施工した。東急不動産は別のマンション(アルス東陽町)でも一級建築士資格を持たない無資格者のアトラス設計・渡辺朋幸を構造設計者としている等、問題を抱えている。

東急不動産欠陥マンション被害者が「三交不動産はまだまし」

東急不動産欠陥マンション被害者は三交不動産の欠陥マンションに関連して「三交不動産はまだまし」と東急不動産の不誠実さを非難する。三交不動産が桑名で分譲した欠陥マンション問題(サンマンションアトレ益生駅西)は大きく報道されたが、東急不動産の欠陥マンション問題も深刻である。
東急不動産(販売代理:東急リバブル)の欠陥マンション「東急ドエルアルス」購入者は「東急不動産は、今でも「乾燥収縮だから問題なし」と瑕疵担保責任を認めていない」と憤る。当該物件は木内建設株式会社が施工した。東急不動産は別のマンション(アルス東陽町)でも一級建築士資格を持たない無資格者のアトラス設計・渡辺朋幸を構造設計者としている等、問題を抱えている。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10042892754.html
http://tokyufubai.seesaa.net/article/50512368.html
http://www.geocities.jp/tokyu_als2007/
東急不動産とイスラエルに反響
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/whistle.htm
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10041961842.html
再利上げ、約3割の企業で影響大=4割は景気の腰折れを懸念−帝国データ
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10042412337.html
藤田東吾のマニュフェスト
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10042773081.html
しょこたんが大ファンの楳図を擁護
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10042663013.html
http://newtvdramainfo.blog113.fc2.com/blog-entry-281.html
http://koushinnetukanko.blog114.fc2.com/blog-entry-236.html
http://blog.livedoor.jp/kaitai_support/archives/50363360.html
http://blog.livedoor.jp/sou_tan/archives/50735598.html
http://azemiti.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_3862.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kenkenppa/diary/200708090000
http://taxtaisakuinfo.blog112.fc2.com/blog-entry-522.html
http://blog.livedoor.jp/youkeishi/archives/51038811.html
http://youkeishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_63c2.html
http://marriage1241.blog103.fc2.com/blog-entry-1270.html
http://darknesstwilight.blog82.fc2.com/blog-entry-93.html
http://keibagaxtuporiinfo.blog111.fc2.com/blog-entry-585.html
http://hixtukoshiinfo.blog112.fc2.com/blog-entry-457.html

スーパービバホーム豊洲店クルー過労死か

スーパービバホーム豊洲店クルーの死亡原因を過労死とする見方が有力である。2007年6月に死亡した豊洲店クルーはサービス残業による過重労働で過労死したとする。豊洲店長によるパワーハラスメント(パワハラ)も過労死の要因とする。過労自殺とする見解もある。
豊洲店クルーの死亡に対するトステムビバ株式会社の姿勢は不可解である。当初、トステムビバは急性心不全と虚偽の発表をした。しかし真実を隠蔽することはできず、ビバホームは7月26日に死亡原因を「不幸な事故」に変更した。自殺を強く推測させるものである。
問題はトステムビバが取締役名義で従業員向けに発表した自殺の原因である。「不幸な事故の原因の主たるものは、私生活におけるトラブルだと思われます。ご家族とは別に、親しい方と生活を共にするかどうかで悩んでおられた。経済的にも多額の個人借財があった」とする(取締役上席執行役員ホームセンター事業部長「スーパービバホーム豊洲店クルーの皆様へ」2007年7月26日)。
トステムビバの発表内容は自殺したクルー(既婚者)の名誉を大きく損なうものである。故人の私生活の一部をトステムビバが公開することは許されるのか。トステムビバに対する反発は当然のことながら強い。保身のための無責任な主張と憤っている。
http://goldn.livedoor.biz/archives/50689859.html
http://kappa.visualclip.net/article/4956303.html
http://newtvdramainfo.blog113.fc2.com/blog-entry-281.html
http://koushinnetukanko.blog114.fc2.com/blog-entry-236.html

東急リバブル、アルス東陽町を酷評

東急リバブルは自ら販売したアルス東陽町(江東区東陽)を販売の数年後には酷評する。アルス東陽町は東急不動産が2003年に分譲したマンションで、東急リバブルが販売を代理した。
しかし東急リバブルの中野博之(湘南袖ヶ浜レジデンスマンションギャラリー)は2006年にアルス東陽町居住者に住み替えを勧めるダイレクトメールを送付した。ダイレクトメールには「東京都町丁目別地震液状化による建物倒壊危険度ランキング」が同封されていた。「東陽一丁目は5076町丁目中 ワースト318番目です。お住み替えをお勧めします」と記述していた。
東急リバブルはアルス東陽町販売時には建物倒壊の危険性について一言も説明しないが、売った後では酷評し、新しいマンションを売りつけようとする。いかに東急リバブルが自社が販売する物件に無責任であるか、消費者から金を搾り取ることしか考えていないか良く分かる。東急リバブルとは絶対に取引してはいけない。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/50622344.html
http://newtvdramainfo.blog113.fc2.com/blog-entry-281.html
http://koushinnetukanko.blog114.fc2.com/blog-entry-236.html
http://blog.livedoor.jp/kaitai_support/archives/50363360.html
http://blog.livedoor.jp/sou_tan/archives/50735598.html
http://azemiti.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_3862.html
http://plaza.rakuten.co.jp/kenkenppa/diary/200708090000
http://taxtaisakuinfo.blog112.fc2.com/blog-entry-522.html
http://blog.livedoor.jp/youkeishi/archives/51038811.html
http://youkeishi.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_63c2.html
http://marriage1241.blog103.fc2.com/blog-entry-1270.html
http://darknesstwilight.blog82.fc2.com/blog-entry-93.html
http://keibagaxtuporiinfo.blog111.fc2.com/blog-entry-585.html
http://hixtukoshiinfo.blog112.fc2.com/blog-entry-457.html

月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ