『火星からの侵略』

ハドリー・キャントリル著、高橋祥友訳『火星からの侵略 パニックの心理学的研究』(金剛出版、2017年)はラジオドラマ『宇宙戦争』によるパニックを研究した書籍である。戦間期の米国で『宇宙戦争』がラジオ放送され、パニックを引き起こした話は有名である。多くのリスナーが現実に火星人が攻めてきたと受け止めてパニックになった。しかし、有名な割には細部まで知られていない。

本書は冒頭で、そのラジオドラマの脚本を掲載する。脚本を読んでみるとラジオドラマは巧みである。本物の臨時ニュースのような構成になっている。

この事件はラジオというマスメディアが発達したために起きたものである。情報社会を象徴する事件である。しかし、21世紀の高度情報化社会では起こりにくいものと感じる。それは他のチャンネルやメディアで確認することができるためである。

一つの放送局で臨時ニュースをしていても、他の放送局でしていなければパニックにはならないだろう。本書の研究でも他局の番組を確認した人がパニックに陥らなかった。情報の多様性、選択肢の多さが大切であると感じた。

現代はフェイクニュースが問題になっている。その対策は信頼できるメディアを絞り込むのではなく、多様なメディアに接することが大切だろう。

本書で認識したことに『宇宙戦争』がハロウィンに放送された点がある。制作側にはハロウィンのイタズラ感覚があった。現代日本でもハロウィンでばか騒ぎする人々と、それに眉をひそめる人々のギャップは存在する(63頁)。この放送が大きな問題になったところには、ハロウィンのイタズラ感覚への意識のギャップもあるのではないか。

本書はラジオの短所として時間の柔軟性に乏しいことを指摘する(99頁)。放送時間にラジオを聴いていなければならない。紙媒体のように好きな時間に読むことができない。この短所はTVにも該当する。

これだけでは古い紙媒体が新しい放送媒体を叩いているだけになりかねないが、より新しいインターネットは時間の柔軟性が高くなっている。YouTubeのようなオンデマンド配信ならば短所を克服できる。より受け手(消費者)本位のメディアが普及すればパニックは起きにくくなるだろう。少し話を脱線するが、この時間の柔軟性は仕事において電話よりもメールを求める心理と重なる。電話は相手の時間を拘束することになるためである。

東急リバブル東急不動産不買運動の願い

東急リバブル東急不動産不買運動がアルス横浜台町、アルス東陽町、東急ドエルアルス南砂サルーテ等で行われた東急リバブル東急不動産騙し売り事件を公にする目的は私事を公衆の面前に曝すためではない。卑劣な騙し売り事件に関する正確な記録を残すことに尽きる。それ故、一切誇張も省略もせずに理路整然と記述するように努めた。
東急リバブル東急不動産不買運動は文学上の成功を収めようというつもりもなければ、典雅な文章を書きたいとも思わない。ましてや出来事の配列に技巧を凝らし、東急リバブル東急不動産の騙し売りに濃い陰影を投げかけたいとも思わない。
東急リバブル東急不動産不買運動の最大の願いは東急リバブル東急不動産騙し売り事件について何がしか知っている人が小文を読み、一言一句に至るまで真実に何も付け加えず何も削っていないことを誠心より認めてくれることである。その願いが適うならば文学的試みの成果に十二分に満足して心を安らげることであろう。
言葉は物と同じで対象に明確な形を持たせてくれる。抽象的な有毒ガスのままではなく、思考を不快な立方体に結晶させ、手の中で転がして、不愉快な側面をじっくり検分できるようにしてくれる。

東急不動産だまし売り裁判

#東急不買 #東急不動産だまし売り裁判 #マンション
東急リバブル東急不動産からマンションを購入することは何かを失うことと同義であった。東急不動産だまし売りは、あまりにも意地悪である。何て残酷なのか、何て冷たいのか。東急不動産だまし売り裁判では業者がどれほど必死になって保身に走り、平気で嘘を重ねるか目の当たりにした。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産は卑しい。卑しいとはマンションだまし売りを表現する言葉である。

ソロモンの偽証2

宮部みゆき『ソロモンの偽証』文庫版2巻は次々と事件が起きる。本書がヤンキー三人組よりも深い闇があることを言いたいことは分かる。転落死した生徒もヤンキーに殺されるような存在ではないと評されている。それでもヤンキーは十分に悪質である。ヤンキーに怒りを覚える。ヤンキーが野放しになっている状況で、より深い闇を論じても虚しい。
恐ろしい記述として、ヤンキーが薬局で買った薬を依存性ドラッグとして使用する話がある(76頁)。21世紀の危険ドラッグを先取りしている。というよりも、バブル時代のヤンキーが21世紀になって危険ドラッグの売人になっているという現実がある。
校長の対応は校長視点では誠実なものに描かれる。しかし、遺族の視点では事実を隠す不誠実なものになる。これは不幸な行き違いなのだろうか。校長は最後には自分の中に事なかれ主義と保身があったことを認める。

騙し売り被害者

日本は哀れな状況にある。東急リバブル東急不動産のような悪徳不動産業者は正義より金を求めている。法の支配よりも汚い金儲けが優先している。東急リバブル東急不動産はジャッカルである。悪徳不動産業者が祖国をレイプし、豊葦原の瑞穂の国の富を奪って、自分のポケットを膨らませることを黙って見ている訳にはいかない。消費者を喜ばせることを忘れた東急リバブル東急不動産は振り込め詐欺と何ら変わらない。
これ以上、悪事を重ねる東急リバブル東急不動産に遅れをとる訳にはいかない。騙し売り被害者は頭もいいし、知識もある。貪欲に正しい知識を吸収しようとしている。東急リバブル東急不動産不買運動に接する度に未来への窓が開ける。一旦、新しい世界を目にしたら、騙し売り被害者は決して泣き寝入りしようとは思うまい。
東急リバブル東急不動産不買運動の言葉は騙し売り被害者の心を打ち、被害者の中にある満たされない思いに訴える。東急リバブル東急不動産不買運動は騙し売り被害者の夢に触れ、あえて夢を見る人間でいたいという思いに触れる。考えることが人間の証明であるならば、東急リバブル東急不動産不買運動の活動ほど人間として充実した時間はない。
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ