林田力 ブログ

書籍や漫画の書評、マンション問題や消費者問題、警察不祥事など。書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者。マンションだまし売り被害者。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告。みんなの未来(あした)を守る会代表。マンションだまし売りや迷惑勧誘電話、貧困ビジネス、危険ドラッグのない世界を目指します。

 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)は東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた消費者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題
http://hayariki.x10.mx/
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101

朝井リョウ『何者』

朝井リョウ『何者』は若者の就職活動を描いた小説である。直木賞受賞作。SNSが普通に使われるWeb 2.0時代の作品である。就職活動を通して自分が何者なのかを問い続ける物語である。しかし、就職活動は、それほど重大事だろうか。企業は労働者として欲しい人物を採用するだけの話であり、採用されなかったとしても、それは企業の都合に過ぎない。そこで自分が何者なのか問われることは不合理である。

これは就職氷河期世代(ロスジェネ世代)にとって深刻である。この世代は景気動向で新卒採用を減少するという本人達と無関係な事情で割を食った。不合理を特定世代に押し付ける社会で、自分が社会にとって何者かになろうという感覚になるか。現実に戦争が起きて現秩序が崩壊することを望む主張すらなされている(赤木智弘「『丸山眞男』をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。」論座2007年1月号)。

この就職氷河期世代の苦しみがあったにもかかわらず、下の世代が就職活動のシステムに自発的適用を目指していることは不思議である。昭和の日本的経営と合い通じるようなコミュニケーション至上主義が先祖帰りした感もある。就職活動のシステムの中で成長するよりも、システムからの脱却や破壊を志向すべきではないか。

文学よりも現実の方が進化しそうである。新卒採用が減少し、通年採用が一般化するだろう。働き方改革の進展でコミュニケーション至上主義が見直され、コミュ症にとって働きやすい職場がダイバーシティの観点から人気になるかもしれない。

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

西義之『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』(集英社)はオカルト漫画。週刊少年ジャンプ連載作品。ムヒョが所長で、ロージーが助手。欧米風の名前であるが、ニックネームに過ぎない。現代日本を舞台とした日本人の物語である。

ストーリーは依頼によって徐霊する一話完結型が基本である。但し、第1巻の時点でムヒョに因縁の相手がいることを匂わせており、大きな話もありそうである。

依頼により徐霊する点は、椎名高志『GS美神 極楽大作戦!!』と共通する。魔「法律事務所」とあるようにリーガル物の雰囲気を出している点が特徴である。魔法律という条文を読み上げて徐霊を執行する。第1巻では魔法律の条文を読み上げれば決着がつくため、バトル物にありがちな必殺技の出しあいのような展開はない。但し、魔法律の条文を読み上げると消耗するため、連戦に不安があり、そこが弱点になりそうである。

魔法律の世界では執行者が裁判官の上位になっている。ここは現実の司法と比べて興味深い設定である。現実の司法では執行者の暴走をチェックする機関の考慮が不可欠である。警察不祥事が続発する中で警察を取り締まる警察が必要と指摘される所以である。

脅迫メール:あなたのパスワードが侵害されました

不特定多数にばらまく脅迫メールです。

こんにちは!

私は数ヶ月前にあなたの電子メールとデバイスをクラックしたハッカーです。
あなたが訪問したサイトの1つにパスワードを入力君た。それを傍受しました。

もちろん、それを変更したり、すでに変更したりすることができます。
しかし、それは問題ではありません、私のマルウェアは毎回それを更新しました。

私に連絡したり、私を見つけようとしないでください。それは不可能です。 私はあなたのアカウントからメールをあなたに送ったので、

あなたの電子メールを介して、私はあなたのオペレーションシステムに悪質なコードをアップロードしました。
私は友人、同僚、親戚とのあなたの連絡先のすべてを保存し、インターネットリソースへの訪問の完全な履歴を保存しました。
また、あなたのデバイスにトロイの木馬をインストールしました。

あなたは私の唯一の犠牲者ではない、私は通常、デバイスをブロックし、身代金を求める。
しかし、私は頻繁に訪れる親密なコンテンツのサイトにショックを受けました。

私はあなたの幻想にショックを受けている! 私はこれのようなものを見たことがない!

だから、あなたがサイトで楽しむとき(あなたは私が何を意味するか知っています!)
あなたのカメラのプログラムを使用してスクリーンショットを作成しました。
その後、私はそれらを現在閲覧されているサイトのコンテンツに結合しました。

これらの写真を連絡先に送信すると素晴らしいことがあります。
しかし、あなたがそれを望んでいないと確信しています。

したがって、私は沈黙のためにあなたからの支払いを期待しています。
私は$730が良い価格だと思います!

Bitcoin経由で支払う。
私のBTCウォレット: xxxxxx

あなたがこれを行う方法を知らない場合 - Googleに「BTCウォレットに送金する方法」を入力します。 難しくない。
指定された金額を受け取ると、妥協しているすべての材料は自動的に破壊されます。私のウイルスはあなた自身のオペレーティングシステムからも削除されます。

私のトロイの木馬は自動アラートを持っています。私はこのメールを読んだ後でメッセージを受け取ります。

私はあなたに支払いのための2日間を与える(正確に48時間)。
これが起こらない場合 - すべてのあなたの連絡先はあなたの暗い秘密の生活からクレイジーショットを取得します!
あなたが妨害しないように、あなたのデバイスはブロックされます(また、48時間後)

ばかなことしないで!
警察や友人はあなたを確実に助けません...

p.s. 私はあなたに将来のアドバイスを与えることができます。 安全でないサイトにはパスワードを入力しないでください。

私はあなたの慎重さを願っています。
お別れ。

Hello!

I'm a hacker who cracked your email and device a few months ago.
You entered a password on one of the sites you visited, and I intercepted it.

Of course you can will change it, or already changed it.
But it doesn't matter, my malware updated it every time.

Do not try to contact me or find me, it is impossible, since I sent you an ema
il from your account.

Through your email, I uploaded malicious code to your Operation System.
I saved all of your contacts with friends, colleagues, relatives and a complet
e history of visits to the Internet resources.
Also I installed a Trojan on your device and long tome spying for you.

You are not my only victim, I usually lock computers and ask for a ransom.
But I was struck by the sites of intimate content that you often visit.

I am in shock of your fantasies! I've never seen anything like this!

So, when you had fun on piquant sites (you know what I mean!)
I made screenshot with using my program from your camera of yours device.
After that, I combined them to the content of the currently viewed site.

There will be laughter when I send these photos to your contacts!
BUT I'm sure you don't want it.

Therefore, I expect payment from you for my silence.
I think $870 is an acceptable price for it!

Pay with Bitcoin.
My BTC wallet: xxxx

If you do not know how to do this - enter into Google "how to transfer money t
o a bitcoin wallet". It is not difficult.
After receiving the specified amount, all your data will be immediately destro
yed automatically. My virus will also remove itself from your operating system
.

My Trojan have auto alert, after this email is read, I will be know it!

I give you 2 days (48 hours) to make a payment.
If this does not happen - all your contacts will get crazy shots from your dar
k secret life!
And so that you do not obstruct, your device will be blocked (also after 48 ho
urs)

Do not be silly!
Police or friends won't help you for sure ...

p.s. I can give you advice for the future. Do not enter your passwords on unsa
fe sites.

I hope for your prudence.
Farewell.

都市×若者×観光

地理2018年9月号は「都市×若者×観光」を特集する。直近では台風21号と北海道胆振東部地震という大ニュースがあるが、本号には反映されていない。編集後記で触れられているだけである。

日本社会には全員総出で目の前の火を消すことに注力することを強要するような近視眼的な傾向がある。ボールが飛んだ方向に選手全員がダッシュしないとやる気がないと否定される過去の下手なサッカーのように。本誌の月刊誌という時間軸は落ち着きを与えてくれる。

金延景「若者の新たな観光・レジャー空間としてのエスニックタウン」は大久保コリアタウンを取り上げる。韓国文化は一時のブームを超えて幅広い層に定着した感がある。近年は海外旅行離れが指摘されるが、異文化への関心が薄れている訳ではなく、コリアタウンのような身近な消費意欲は旺盛である。マイルドな辛さが人気のチーズタッカルビのように日本人の嗜好に合わせたというメリットもある(37頁)。スポットを回るだけの海外旅行以上に濃い体験になる可能性がある。

磯野巧「若者によるインバウンド需要への対応」は渋谷駅周辺の外国人観光客向け街頭ボランティアガイドを紹介する。外国人観光客にとってハチ公像やスクランブル交差点は撮影スポットであるが、多くの観光客は撮影したら別の場所に行き、渋谷の消費に結び付かない。そのために渋谷を案内するボランティアガイドの意義は大きいが、渋谷駅の案内が多い(53頁)。渋谷再開発によって渋谷駅は日本人でもうんざりするほど複雑になり、不便になった。その尻拭いをボランティアがしているならば、ボランティアの活発化を喜べない。ボランティアが役に立っていること自体が渋谷の都市計画の欠陥を示すことになる。

約束のネバーランド 2

白井カイウ原作、出水ぽすか画『約束のネバーランド』(集英社、ジャンプコミックス)は人間を食べる鬼が支配する世界で食用のために飼われている子ども達が脱獄を目指すファンタジー漫画である。

「グレイスフィールドハウス」と呼ばれる孤児院が舞台である。そこにはイザベラというママがいて、子ども達が幸せに過ごしていた。しかし、実態は「幸せな家庭に養子に出される」という嘘の説明で子ども達が凶悪な鬼に食物として出荷されていた。

週刊少年ジャンプ連載の漫画である。週刊少年ジャンプと言えば『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』のようなバトル物が王道という印象があるが、『DEATH NOTE』のような頭脳戦の作品もある。本書も高度な頭脳戦が展開される。これも週刊少年ジャンプの魅力である。

『約束のネバーランド 2』は脱出に向けた準備を進める。ただ脱出を目指すだけでなく、脱出後のことも考えている。シスター・クローネの画が不気味である。イザベラは歯牙にもかけない、噛ませ犬的なポジションであるが、十分に迫力ある脅威として描いている。さらに子ども達の中にママへの内通者がいるとの疑いも生じる。

作品によっては2巻で中だるみし、失速するものも少なくない。これに対して本作品は緊迫感が高まる。味方と敵がスパッと分かれないところが深い。一致団結して目の前の課題を解決するという特殊日本的集団主義に陥っていない。一番の味方になる筈の存在とも駆け引きしなければならないことは疲れるが、作品としては面白い。

主人公だけでは知識が不足している。情報の提供者がいなければ難しいが、無理矢理お助けマンを登場させると御都合主義に陥ってしまう。この巻の内通者のような立ち位置は面白い。

僕のヒーローアカデミア

堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』(集英社)は個性と呼ばれる特殊能力を持つことが一般化した未来でヒーローを目指す少年漫画である。個性を悪用する者を取り締まるヒーローは皆の憧れの存在。主人公の少年・緑谷出久もヒーローを夢見ていた。週刊少年ジャンプ連載作品。アニメ化された。略称はヒロアカ。

個性を持たないというディスアドバンテージを持った少年が熱意と努力で突き進む。昭和の王道的な少年漫画に近い。昭和以上に昭和的な熱血漫画と言えるかもしれない。効率的に任務を目的を達成することよりも人を助けることを評価する。その行動が他人を動かす。師匠ポジションのオールマイトも今風の漫画ならばイケメンになりそうであるが、そうではない。

21世紀の漫画は昭和の王道は古いと、そこから外れた作品が目立つ。たとえば、やる気のない主人公である。これに対して本作品は直球である。本作品が人気であることは少年の嗜好が先祖帰りしたのだろうか。

主人公は物語開始時点では中学3年生である。ヒーロー育成のエリート高・雄英高校ヒーロー科入学を目指す。これは形を変えた偏差値輪切り教育ではないか。頑張って上を目指すという昭和の立身出世主義を感じる。漫画の世界では偏差値輪切りのアンチテーゼを提示して欲しい気がする。それとも、ゆとり教育が普及して今の少年には逆に偏差値輪切り教育に価値を見出だすようになっているのだろうか。

この高校の食堂はコックのヒーローによって一流の食事が安価に提供される。価格と品質が比例するというような拝金主義の浅ましさはない。コックは、あれこれ料理を考えても結局、白米に落ち着くという。ここは共感した。その気持ちは理解できる。

とある飛空士への追憶

犬村小六『とある飛空士への追憶』(ガガガ文庫、2008年)は恋と空戦のライトノベルである。イラストは森沢晴行。漫画化やアニメ化された。神聖レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルが次期皇妃ファナを複座式水上偵察機サンタ・クルスに乗せて単機で敵中1万2千キロを翔破する。切ない物語である。

二つの大陸が中央海を挟んで存在する架空の世界が舞台である。各々の大陸には神聖レヴァーム皇国と帝政天ツ上という二つの国がある。神聖レヴァーム皇国はヨーロッパの絶対王政、帝政天ツ上は大日本帝国風の国である。技術レベルは20世紀前半に近いが、水素電池という独自技術がある。海水を分解してエネルギーにできるクリーンな技術である。飛空戦艦という大型航空艦艇もある。

二国は戦争状態が続いていた。神聖レヴァーム皇国では敵勢力圏内に残された次期皇妃ファナを救出するために、彼女を水上偵察機に乗せて護衛なしで敵中を突破し、本国に送り届けるという極秘作戦が計画された。

レヴァーム皇国は出自による差別が激しい国であり、シャルルは天ツ上人との混血であり、被差別階層である。貧民街で育ち、差別的な扱いを受けてきた。シャルルは卓越した操縦技術を有しているが、正規兵から蔑まれている。

この差別的な体制にはウンザリさせられる。シャルルがレヴァーム皇国のために戦うこと自体に矛盾を感じる。一方で虐げられてきたシャルルが空を飛んでいる時に解放感を覚える気持ちは理解できる。救いはファナが問題意識を持っており、シャルルはファナのためならば闘う理由があることである。

老人たちの裏社会

新郷由起『老人たちの裏社会』(宝島社、2015年)は半グレ・ヤンキー化する暴走老人・不良老人を取り上げた書籍である。人間は誰しも年を取るが、こうはなりたくないものである。その点で何故、暴走老人になってしまうかという観点から読み進めた。
私が感じた大きな原因は孤独である。但し、孤独が悪い訳ではない。むしろ、暴走老人のトラブルは人間関係の中から生じているものが多い。孤独への耐性が乏しいことが原因である。従って孤独を解消しようという解決策は正しくないだろう。関わった人が不幸になる。
これは昭和の集団主義で走ってきた日本社会の問題である。今はゲームでもレジャーでも「おひとりさま」で十分に楽しめるのに勿体無い話である。この点は個人主義が高まった私のようなロスジェネ世代は安心である。逆にロスジェネ世代よりも下の世代の方がコミュニケーション至上主義があり、昭和の集団主義を懐かしむ感覚もあり、危うさを覚える。
第二にバブル時代の成功体験から抜け出せず、その時の感覚のままの言動になってしまうという原因がある。これもロスジェネ世代には無縁である。むしろバブル経済の無駄遣いで資産を食い潰したから自分達が就職氷河期で苦しんだという恨みさえある。
第三にパワハラやセクハラ、モラハラに敏感になるなど受け手の意識の向上もある。この点では暴走老人は最近増えているというよりも、昔から存在していたが周りが我慢させられていただけとの見方も成り立つ。警察不祥事の報道が増えているが、情報公開が増えた結果との分析と共通する。
「ホームレス」の章は「半グレ化する暴走老人」とは様相が異なる。ここは同一テーマと考えない方がよい。人との関わりを避けたいとしてホームレスを選ぶ人は、暴走老人とは異なる。他人に干渉されずに生きる解決策としてホームレスという選択が正しいこととは思わない。たとえば邪魔されずにぐっすり眠ることは、ホームがあった方が実現しやすい。解決策が正しいとは思わないが、孤独を好む気持ちは理解可能である。
ここでは老人達を搾取する貧困ビジネスも取り上げている。暴走老人には同情できないが、私はマンションだまし売り被害者として貧困ビジネスの悪徳商法は許せない。


こちらもおすすめです。
清水潔『桶川ストーカー殺人事件 遺言』
https://www.honzuki.jp/book/34707/review/210186/
小笠原淳『見えない不祥事 北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』
https://www.honzuki.jp/book/268840/review/211912/
林克明『不当逮捕 築地警察交通取締りの罠』
https://www.honzuki.jp/book/258641/review/194430/
青木理『日本の公安警察』
https://www.honzuki.jp/book/28413/review/193858/
福澤徹三『白日の鴉』
https://www.honzuki.jp/book/235072/review/195378/

ドラえもん「魔法使いのび太」

藤子・F・不二雄『ドラえもん 37』(小学館、てんとう虫コミックス)は「魔法事典」などを収録する。

のび太は魔法少女のアニメ「魔女っ子ノブちゃん」に夢中になる。ジャイアンやスネ夫からは女の子の観る番組と馬鹿にされるが、自分が面白いものを面白いと感じる、のび太は立派である。セーラームーンやプリキュアの普及した現代から見れば、のび太は先進的である。

のび太は魔法を使いたがる。そのために図書室で調べるほど熱心である。のび太は勉強嫌いであるが、選択と集中によって興味のある分野では成果を出す可能性がある。ドラえもんを修理するためにロボット工学の第一人者になるという嘘最終回があるが、それだけの能力がありそうである。

ドラえもんは「魔法事典」を出す。そこには何も書かれていないが、自分で好きなように書き込むと、それが魔法になる。この魔法事典があれば、映画『のび太の魔界大冒険』で、もしもボックスを使って魔法が使える世界にする必要はなかった。もしもボックスで魔法が使える世界にしても、魔法は訓練や高価な道具がなければ使えなかった。しかも人間界を滅ぼそうとする魔界まで作られてしまった。魔法事典ならば、これらの問題は起きない。

ところが、のび太は魔法事典を使っても失敗する。魔法が使えればうまくいくとならないところは、魔界大冒険と共通するコンセプトである。

この魔法事典は2018年10月19日のアニメで「魔法使いのび太」と題して放送された。ハロウィンの時期であり、ハロウィンに因んだエピソードが追加されている。

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 巻之7

和月伸宏『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 巻之7』(ジャンプ・コミックス)は京都篇が幕を開ける。幕を開けると言っても未だ京都に着いていない。東京を出発するまでに丸々1巻が費やされる。しかし、単なる導入部と侮るなかれ。幕末明治を駆け抜けた歴史上の人物が登場し、歴史上の事件が描かれる。

剣心が戦わなければ物語は成り立たないが、京都篇は明治政府の尻拭いのための戦いである。周りのキャラクターの言う通り、剣心が戦う必要はない。目の前の問題を解決するという名目で特定人に負担を押し付ける。特殊日本的集団主義は現代日本に通じる問題である。本書に描かれた明治政府の腐敗、傲慢、身勝手も現代日本の官僚制に通じる。

本書は大久保利通を議会開設論者と描いている。これは興味深い。一般にはプロシア風の外見的立憲主義を進めた伊藤博文が大久保の継承者と見られる。しかし、伊藤は大久保の専制的な面の継承者で、伊藤と大隈重信の両方が継承者と言えるかもしれない。大久保が生きていたら、明治政府がもう少し民主的になったかもとの妄想も全く成り立たないものではないだろう。

新選組の斎藤一が登場する。必殺技の牙突は『ダイの大冒険』のアバンストラッシュと並び、少年が真似したくなる技であった。剣心は斎藤一と互角以上の戦いを展開する。剣心は「おろ」のイメージがあるが、最初から強いキャラクターである。昭和のガンバリズム、根性論とは異なる新しい時代の漫画である。

神奈川県警警視がパワハラか

神奈川県警中原署の男性警視(58)が職務上、繰り返し大声で怒鳴ったり、差別的な態度を取ったりして、部下の複数の警察官らがパワーハラスメントの被害訴えていることが2018年10月19日、関係者への取材で分かった。精神的に追い詰められた署員が10人近くいたとみられ、うち1人は休職しており、もう1人も通院しながら勤務しているという。

県警は、署幹部を対象にした聞き取り調査を行い、男性警視に不適切な言動はあったもののパワハラまでは認定できないとして、署長が口頭注意していた(「【独自】神奈川県警警視がパワハラか 威圧や差別、休職者も」神奈川新聞2018年10月20日)。「署幹部を対象にした聞き取り調査」という点に警察組織が本気で真相を明らかにする意思のなさが現れている。パワハラ被害者は署の幹部ではない。パワハラ被害者に聞かなければ真相は分からない。パワハラなどハラスメントは受け手の受け止め方が問題である。警察組織は民間組織よりも一歩も二歩も遅れている。

理不尽に踏みにじられることがどのようなものかパワハラ警官は分っていない。このような警察官が拳銃を持って歩いているとは尋常ではない。強い権限をもった部外者による第三者機関が調査し、情報公開しなければパワハラは根絶されないだろう。

神奈川県警では女性のスカート内を盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いで書類送検された秦野署の元巡査長の男性(28)が不起訴になった。横浜地検が2018年10月17日に不起訴処分とした。不起訴の理由は明らかにしていない。元巡査長は、6月に二宮町のJR二宮駅北口エスカレーターで女性のスカート内を撮影したとして、8月に書類送検されていた(「盗撮で書類送検の県警元巡査長を不起訴 横浜地検」神奈川新聞2018年10月17日)。身内に甘い体質を感じる。

埼玉県警巡査が死体検案名目で遺族から82万円詐取

埼玉県警草加署刑事課巡査(22)(埼玉県越谷市袋山)が、急死した男性の遺族から約82万円をだまし取るなどしたとして、2018年10月19日に詐欺と詐欺未遂の疑いで逮捕した。

発表では、巡査は9月27日、前日に急死した同県草加市内の男性(82)の長女(48)が死体検案書を持参すると同署に電話した際、「82万円かかります」とうそをつき、署内で現金約82万円を受け取った疑い。さらに10月18日、長女宅に電話し「200万円足りません」などと伝え、現金をだまし取ろうとした疑い(「急死遺族から警官82万詐取「ゲームに使った」」読売新聞2018年10月19日)。

埼玉県警の警察官による特殊詐欺である。警察は一般的なオレオレ詐欺への注意を呼びかけるよりも、警察官による不当な金銭請求への注意を呼びかけるべきだろう。現実に金融機関や電気・ガスの民間企業は、その種の注意喚起をしている。

急死により家族は悲嘆や憔悴している中で悪質な犯罪である。警察官の地位を使った詐欺であり、職権濫用でもある。警察は絶対と考えている高齢者は騙されやすいのではないか。これまでも何度も繰り返している犯罪ではないか。それで大胆になって常識外の高額を請求するようになったのではないか。

万引き事後強盗で現行犯逮捕された神奈川県警伊勢佐木署の警部は「他の店でも万引した」と供述している(「「他店でも万引」逮捕の警部供述 神奈川県警」神奈川新聞2018年10月19日)。逮捕された際に所持していた女性用のジャケットについて、近くの別の店で盗んだことを認めたという。当初は「購入した」と説明していた。また、ディスカウント店でクッションを万引していたことも新たに分かった。

『 #東急不動産だまし売り裁判 』著者。マンションだまし売り被害者。みんなの未来(あした)を守る会代表。#さいたま市桜区 をもっと楽しく。#悪徳商法 マンション投資の #迷惑勧誘電話 #貧困ビジネス 危険ドラッグのない社会を目指します。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ