子どもたちの未来と自然エネルギーを考える八王子市民講座
----------------------------------------------
《第1回》
 放射能から子どもたちを守るために
   ――原発事故以降の私たちの生活・健康を考える

 放射線の恐ろしさを学び、子どもたちを放射線から守っていくためにどうしたらよいか、崎山比早子さん(元放射線医学総合研究所主任研究官、医学博士、現高木学校)からお話をいただきます。個人としてばかりではなく、八王子市として何ができるかも考えたいと思いますので、ふるってご参加ください。
______
* ご案内 * \___________________

◆日時
2011年5月5日(木・祝)14時〜

◆講師
お話:崎山比早子 先生
(元放射線医学総合研究所主任研究官、医学博士、現高木学校)
コメント:山田真 先生
(小児科医・八王子中央診療所)

◆会場
八王子労政会館・ホール
 JR中央線「八王子駅」北口下車 徒歩10分
 京王線「京王八王子駅」下車 徒歩5分

◆資料代:500円
◆託児保育:あり(要予約)

◎主催・お問い合わせ
子どもたちの未来と自然エネルギーを考える八王子市民講座
WEBサイト:http://hachikou802.web.fc2.com/

┏━━━▽ 崎山先生への質問を募集します! ▽━━━┓
 
・TVは「ただちに健康に影響はない」「安全」って言うけどホント?
・妊婦や子どものことが心配です。
・内部被ばくによる発ガンリスクはどの程度ですか?

…などなど、放射能に関する皆さんの素朴な疑問・心配ゴトを、FAX又はメールでお寄せください。当日の質疑応答のなかで崎山先生にお答えいただく予定です。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

=====================================================
◇ 八王子市民講座ってなあに?
=====================================================
 東京電力の福島第一原子力発電所から、いつ果てるともしれない放射性物質の放出が続いています。水や野菜、魚からも放射性物質が検出され、子どもにミルクを作ってよいのか、食べてよいのか、不安になります。政府は、健康に影響はないと言いますが、他の情報源からは影響があるという話も聞こえてきて、何が本当か判らなくなります。

 時々余震と思われる地震がありますが、福島にまた大きな地震が襲ったら恐ろしいことになりそうです。福島以外の原発が地震や津波に耐えられるかも気がかりです。何よりも福島原発で働いている人びとの健康が心配です。電気を使うためには、このまま原発に頼らざるを得ないのでしょうか。

 今回の事故で私たちはさまざまな不安や疑問を抱きました。そこで、ともすれば専門用語が多くてわかり難い内容を平易に説明していただき、みんなで一緒にどうしたらよいか考えていくための連続市民講座を企画しました。
http://www51.tok2.com/home/hayariki/tokyu/