二子玉川ライズ反対運動の促進
保坂展人氏の世田谷長当選は二子玉川ライズ反対運動を促進する。保坂氏は脱原発を前面に押し出し、それが支持されて当選したと解説される。これは、まとめとして誤りではないが、それだけではない。原発だけが問題ならば、原発推進派の石原慎太郎の都知事当選との整合性がつかない。
保坂氏の長年の下北沢などの再開発への反対姿勢が評価された面もある。二子玉川ライズ二期事業の住民向け説明会や、周辺住民の勉強会が開催される予定になっており、再開発問題を再検討する時期に入っている。