6c677583.png
FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)は悪質にもガーラ木場新築工事で仮囲いを外して作業した。2016年1月23日及び25日に確認した。仮囲いは粗末なものであるが、わざわざめくって作業を進める。住民の被害は甚大である。FJネクストと施工の株式会社ウラタ(千葉県)の悪質な嫌がらせである。純粋な悪意によるものである。ガーラ木場新築工事現場では「カン、カン、カン」という金属を叩く音が住宅地に響く。

ガーラ木場新築工事現場は密集した住宅街である。作業騒音が物凄く響き渡る。平日はもちろん土曜日も朝から晩までガリガリ、ゴリゴリと作業を続ける。作業音は主に強烈なインパクトドライバーの音である。「ガガガガガ!!」という音である。他にはゴン!ガタン!っていう何かを運んでいる音である。狭い道路に作業車が止まっている。

FJネクストもウラタも余りにえげつない業者である。やり方が汚すぎる。えげつないにも程がある。ドス黒いまでの悪意の塊。狂気にも似た妄執。住民に迷惑かけているという申し訳なさは皆無である。工事作業員の顔面に貼り付くものは無感情にも似た能面である。ガーラ木場新築工事は、あってはならない地獄の釜である。ガーラ木場新築工事の在り方は、ただ壊れるよりも破滅的である。ガーラ木場新築工事現場は何処か鬱屈とした印象を受ける。晴天でも薄暗く感じるのは何かの錯覚か。
http://hayariki.x10.mx/urata2.html
2015年10月19日から24日、杭工事
11月2日から11月4日、重機搬出
11月5日から11月7日、立体駐車場杭工事
11月11日から12日、地中障害物撤去
11月13日から19日、立体駐車場杭工事
11月20日から25日、立体駐車場堀削
11月26日、金物取付
11月27日28日、立駐基礎配筋
11月30日、立駐配筋コンクリート
12月1日、立ち上がり型枠
12月2日、立駐立ち上がりコンクリート
12月3日、腹起し解体。腹起こしは地面を掘削するときに、土が崩れないように土留めに使う部材。
12月4日から11日、本体根切り工事。根切りは「構造物をつくるために地面を掘り下げて所要の空間をつくること」(ブリタニカ国際大百科事典)
12月8日から11日、杭頭処理工事。杭の一番上の部分のコンクリートを破壊する。
12月12日、捨てコンクリート打設
12月14日15日、足場組み立て
12月16日から28日、基礎配筋
12月29日、基礎耐圧コンクリート
12月30日、墨出し作業。この日の作業は当初の作業予定表に書かれておらず、後になって作業予定表に書かれた。ウラタの施工のいい加減さを示すものである。
1月4日から13日、基礎躯体工事
1月5日、地足場解体
1月14日から16日、1階スラブ配筋
1月18日、基礎立ち上がりコンクリート
1月19日、型枠解体
1月20日から21日、埋め戻し
1月22日から23日、先行埋設配管

FJネクストCAST-UD住環境破壊工事12/29 10時半
https://youtu.be/fvgJ8rkS0fI
FJネクストTOAライブ住環境破壊工事12/29 11時
https://youtu.be/B8TGLo_jX08